お家を自分好みのインテリアにチェンジ!! ◆北欧系インテリア編◆
2020/04/25
4162 VIEWS

お家を自分好みのインテリアにチェンジ!! ◆北欧系インテリア編◆

Photo by:www.instagram.com

シンプルで、すっきりとした北欧インテリアを取り入れたいと思っているSHジョシも多いハズ! 今回は7つの方法で北欧系インテリアを楽しめるメソッドをお伝えします。

北欧の人達が大事にするインテリアのポイントって?

Talk women02

北欧のインテリアをまねてみたいけど、どういうところに視点をおけばいいのかしら・・

北欧のインテリアを好む人は多いと思います。白といったニュートラルな色に、黒で輪郭を形どったアイテムやアースカラーの小物、そして木の家具といったものに加えて、余計なものが見当たらないミニマリズムのスタイル。実際北欧の人達は、どういったところに視点を置いて自分の好きなインテリアを作り上げていっているのでしょうか。

デザインにおける美の視点

「かわいい!だけでは、小物はセレクトしないわね」と、筆者の友人であるデンマーク、コペンハーゲン在住のデザイナーは言います。セレクトポイントは、材質とか、作り手の気持ちがわかるもの、そして装飾されたものよりも、曲線や丸み、形どるライン自体にデザインの高さが感じられるものを選び、部屋に置いているそうです。

Talk women01

なるほどね・・だからオブジェや、小物を飾っていても、ごちゃごちゃしないで、シンプルに見えるのね。

Talk men01

デザインを見る目が、成熟しているように感じるね。

光へのこだわり

北欧は秋から冬にかけて日照時間が短くなります。そんな北欧生活にとって、日の光やライティングはとても大事な存在。採光を多くとれるよう窓辺には物を置かないようにしたり、ライティングは間接照明を使って、床を照らせるものであったり、壁にかかっている絵を照らしたりなど光をうまく使い分けます。そして北欧の人々にとっての大事なアイテムーキャンドルをつかって、炎の光を取り入れるなど、日常にある光を大事にしています。

機能性

インテリアを語るうえで、北欧の多くの人がよく口にするのがー”機能性”。「デザインは大事、でも機能性がなくっちゃね!」
北欧のデザインは、機能性の良さは勿論、その上でデザイン性も優れたインテリア製品が多く存在します。

日常に、自然を感じさせるものを欠かさない

自然を感じられるものー木のぬくもりが感じられる家具やお花ーといったものを、生活に取り入れるといったことは、北欧のインテリアにおいて大事なポイントになっています。

では早速取り掛かってみましょう

1.部屋全体の配色をニュートラルな色で抑える

お部屋のテーマカラーを、白、ベージュ、スモーキーピンク、スモーキーグレーにしてみましょう。マンネリ化を防ぐには、白い色味の中でグラデーションを図るのがおススメです。家具はオーク材質の家具や、ホワイトをベースとしたものを選ぶことで、それらしい雰囲気に近づきます。

Talk women03

ダイニングチェアは、チェアの脚部分がすっきり見えるデザインを選ぶと北欧らしい雰囲気が出ますよ。

また、ただ白い色で統一するだけではなく、黒やゴールドをポイントに使うように心がけてみましょう。例えば、ライトの傘の色が黒であったり、サイド・テーブルにアイアン(鉄)を使ったものを合わせてみたり、ポスターフレームの色をゴールドで統一したりなど。このような色は輪郭色として存在するので、白など薄い色をベースにしたお部屋がぼやけず、すっきりと見せてくれます。

Talk women03

テーブルや、ソファ前にひくラグの色は、若干色味があるものをおススメします。家具をひき立たせてくれます。

2.光の温かみが感じられるようにライトを配置

ライトは間接照明を、複数個お部屋に置いてみましょう。間接照明は暗くないか、と思われるかもしれませんが、”複数個”使うことで充分な採光がとれます。

ライトの種類としては、ダイニングエリアにはペンダントランプとテーブルランプを合わせます。
そしてリビングエリアは、高さが調節できるようなスタンドタイプのランプをソファ―周りに。また壁にある絵やポスターを照らすことができるように、ウォールライトやスポットライトを設置、そしてソファテーブル近辺には、フロアライトを設置するなど、様々なライトで光のあたるスポットを作ってみましょう。

Talk women03

勿論キャンドルを使えれば、より北欧風。でも火事にならないよう注意!

3.できる限り、目に見えるものは収納を

北欧のインテリアは、生活感を感じさせたり、普段使うものが転がってません。
そうはいっても生活上、どうしても片付かないものってありますよね。私たちの生活では「すぐ使う」からという理由で、テーブルの上や棚の上に置きっぱなしにしてしまいがちです。

身近なもので収納を試みる

そんな時は極力収納!です。収納と言っても家具を使うことはありません。
以下の4つで試してみてはいかがでしょうか。

1.トレーをテーブルに置く
2.シンプルな箱を利用し、その中に収納
3.同じ色でそろえたバスケット類を使う
4.同じ色(できれば白)でそろえたトートバッグを利用

壁を利用してみる

また壁に収納アイテムを設置するのも北欧風です。シンプルなデザインなので、壁に設置しても圧迫感がありません。

Talk women03

壁に設置すると、部屋のスペースを取らずに収納ができるわね。

4.部屋に飾る小物はシンプル。ただし材質とフォルムは重視

小物やオブジェを飾る時は、ちょっとつまらないかな、と思うくらいシンプルなものであったり、無機質のデザインがおススメです。でも素材やフォルムにはこだわってみてください。よい木材を使ったものであったり、曲線に職人技が光っているモノであったりなど。

Talk women03

そういった小物は派手ではないけれど、質感があるから、存在感を感じさせるのよ。

すでにたくさんの小物がある場合は、オープンボックスなどを使ってディスプレイしてみてください。すっきりと見せることができ、一気に雰囲気が変わります。

5.壁を充分に利用してみる

北欧の方々は、ポスターを壁にディスプレイするのが上手です。ポスターは、白を基調にしたものだったり、モノクロの写真であったり、もしくは春をイメージするかのような色合いのイラストだったりなど様々です。ただし色合いは統一してみてください。
ポスターは1枚ではなく、いくつか組み合わせることで、部屋に立体感が出ます。複数枚組み合わせてみましょう。

Talk women03

ポスターフレームの色にはこだわってくださいね。ゴールド、黒など。
1.の「部屋全体の配色をニュートラルな色で抑える」にあるように、ポスターフレームの色は、北欧風のニュートラルなお部屋のカラーイメージに、輪郭を持たせる色になるからです。

6.シンプルだけど、曲線がきれいな椅子を1つ取り入れてみる

ソファ―以外の場所で、本を読んだり、コーヒーをゆっくり飲んだりできる自分用のチェアを取り入れてみましょう。極力シンプルで、曲線を強調したデザインのチェアーラウンジチェア的なものがおススメです。ソファー+デザインチェアとしたコーディネートは、北欧のインテリアではよく見受けられます。

Talk women03

チェアの周りー例えば壁にお気に入りのポスターをいくつか飾ったり、高さを自由に調節できるライトなどを置くと、より北欧風雰囲気を出すことができます。

7.グリーンを取り入れる

最後は、お部屋にグリーンを取り入れてみましょう。スタンドライトと並べてみたり、サイドテーブルに置いてみたり。グリーンは、白などニュートラルを基調とした部屋に生命感を与えてくれます。

いかがでしたか?

いかがでしたか? 早速、北欧風のインテリアを作り始めてみる気になりましたでしょうか?
北欧のインテリアで、もう1つ忘れてはいけないポイントは、北欧ー特にデンマーク人が大事にしている”ヒュッゲ(HYGGE)。ヒュッゲとは、家族や友人と”心地よい時間”を”心地よい空間で過ごす”ことを指すようですが、そのヒュッゲを感じられる場所を、家の中に作ることも北欧のインテリア空間としては大事なポイントなんですよ♪ 是非、この空間も忘れずに取り入れてみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Coolme

EDITOR / Coolme

ファッションはアクセサリーをテーマにコーディネートを考える、シンガポール在住ライター。
北欧やインドネシア家具を扱う仕事や出張経験から、北欧と東南アジアの美に多大な影響を受けてます。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧