ビデオ会議に映えるメイク術♡テレワークこそ気が抜けない!
2020/04/19
1223 VIEWS

ビデオ会議に映えるメイク術♡テレワークこそ気が抜けない!

Photo by:www.instagram.com

自宅で過ごす時間が多くなると、テレワークや友人たちとの交流にビデオチャットを活用する機会が増えてきますよね。そこで今回は、パソコンやスマートフォンなどの画面越しでも映えるメイク術をご紹介します。

画面越しならメイクは手抜き…?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、テレワークなどの機会が増えた人は多いはず。そんな中、いま世界中で活用されているのがビデオチャットツール。直接ミーティングをすることや外食が難しい中、画面越しでも相手の表情を見ることができるのが魅力ですよね。

シンガーソングライターのデュア・リパがオンラインでホームライブを開催するなど、海外セレブたちもビデオチャットツールを様々な使い方で楽しんでいるよう。

そこで今回は、いつものメイクを少し変えるだけでOKな、ビデオ会議で映えるメイク術をチェック!画面越しでも好印象を狙っちゃいましょう◎

コンシーラーでお疲れ顔を回避!

画面上だと、光の加減や角度によっていつもより顔全体が暗く見えてしまうことがありますよね。そんな時は、特に影になりやすい目元や口元を、コンシーラーで明るく見せてあげましょう。

Talk women01

時間に余裕がある時は、影になりやすい部分にハイライトを使用して、よりツヤ感と立体感のあるメイクに挑戦してみて!

おすすめアイテム

ハッキリとした目元でメリハリON

画面越しだと、カメラとの距離が遠かったり、画質が荒くなってしまったりということも。顔の印象を左右する目元は、ハッキリとした印象に仕上げるとビデオ映えを狙えそう。

アイメイクのポイント

・目元が暗い印象にならないよう、アイシャドウはベージュやライトブラウンなど、明るい色をチョイス。眉下のくぼみにかけて色を足していくと、ホリが強調され立体感のある目元に。

・まつ毛が下がっていると目元が暗い印象に見えてしまうので、ビューラーでしっかりと上げてからマスカラを塗るのがオススメ。

Talk women01

より目元にメリハリが欲しい時は、アイラインを目頭からしっかりと引いて、目のフレームを強調してみましょう。最後に濃いめのアイシャドウでボカすのが、自然に仕上げるコツ◎

おすすめアイテム

チーク&ブロンザーは“濃いめ”がちょうどいい!

太陽光や照明が当たりすぎてしまうと、光で顔が飛んでしまいボヤけて見えてしまいます。女優のマーゴット・ロビーなど数多くのスターのヘアメイクを手掛ける、メイクアップアーティストのニッキー・ウルフも「チークやブロンザーは普段のメイクよりも少し量を多くすることが必要」と語っています。

ピンクやオレンジなど、血色をプラスしてくれるチークで、健康的な印象をGETしてみて!

おすすめアイテム

カメラの明るさは照明で調節

天気や時間帯によっては、部屋の明るさを上手く調節できない時もありますよね。そこで、画面上をより明るく見せたい時は、パソコンやスマートフォンのカメラの近くにライトを設置してみましょう。

お洒落な照明アイテムは、インテリアの一部に取り入れたくなること間違いなし♡

おすすめアイテム

画面越しでも“映え”をキープ♡

おうち時間が多い時期こそ、メイクの研究に時間をかけてみても良いかもしれません。ビデオ会議などビデオチャットの際は、ぜひいつものメイクに一手間加えて“映え”を意識してみてくださいね。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

smk

EDITOR / smk

ファッション情報を中心にお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧