【ワンルームでも諦めない!】小さなお部屋を広く見える4つのテクニック
2020/04/29
7237 VIEWS

【ワンルームでも諦めない!】小さなお部屋を広く見える4つのテクニック

Photo by:www.instagram.com

1人暮らしのお部屋は狭くて、理想のお部屋を実現出来ない。と悩んでる方はいませんか?今回は世界中のワンルームカタログを参考に私達もすぐできる!お部屋を広くオシャレに見せる4つのテクニックをご紹介します。

Talk women01

春から憧れの1人暮らし!だけど、ワンルームで狭いし部屋をお洒落するのは難しそう、、、と諦めている人はいませんか?

Talk women03

ワンルームでもちょこっとした工夫でお部屋を広く見せる事は可能なんですよ♡今回は「ワンルームでも諦めない!」お部屋を広く・オシャレに見せるとっておきのテクニックをご紹介します。

ポイント① 背の低い家具を選ぶ

まずは基本の「き」である家具選びから。小さめのワンルームのお部屋に背の高い家具を置いてしまうと空間が圧迫されどうしても狭く感じてしまうので、家具は基本的に背の低いものを選ぶのがベターです。

◎ ベッド選びがキー

お部屋の中で1番大きな家具といえば・・・そう、ベッドです。お部屋の面積を大幅に占めるベッドはお部屋のイメージを印象付ける大切な家具です。では、お部屋が広く見えるベッドをチェックしていきましょう♡

ローベッド

空間を広く見せ、圧迫感を取り払うのであればやはりローベッドが1番。特に脚がないフロアベッドは最も低いタイプのベッドで、開放感溢れる空間が実現可能です◎またフロアベッドは使用される部材が少ないため低価格でゲットできるのも魅力の1つ。初めての一人暮らしは何かとお金がかかるので、コストを抑えたい方にもオススメです。

脚付きのマットレスベッド

床の近くに寝具を置くのに抵抗がある方は脚付きのマットレスベッドがオススメです。フレームが付いているものだとデザインによってはデットスペースができてしまうのでお部屋の広さを最大限に活かしきれません。フレームがなくても壁にベッドをくっつけて大きめの枕とクッションを置いてしまえば全く気にならないので、個性的な間取りのお部屋やお部屋の広さを最大限に活かしたい方は是非マットレスベッドを選んでみて下さい。

ポイント② 色のトーンを統一する

どうしてもお部屋にたくさんの色があると部屋が狭く見えがち。なのでブラックやダークブラウンなどの暗い色は極力避け、膨張色であるホワイトやアイボリーなど明るめのカラーをチョイスすると良いでしょう◎もう既にダークカラーの家具を購入してしまったという方は面積の大きいベッドリネンをベージュやアイボリー、ホワイトなどの柔らかい色を基調とする色に統一するだけでお部屋が広く見えますよ。

ポイント③ 大きな鏡を置く

賃貸の場合、物理的にお部屋を広くすることは出来ませんが視覚的にお部屋を広く見せる事は可能です。大きな鏡を置く事で実物よりも奥行きが生まれ、また鏡は他の家具に比べ薄くて幅を取らないのですごくオススメです。是非、ワンルームのお部屋には大きな姿見を取り入れてみて下さいね。

ポイント④ 無駄なものを置かない

やはり小さなお部屋にモノがごちゃごちゃ置いてあると、どんなテクニックを取り入れても台無しです。ではこれはあって当たり前!と思うものでも実は無くすとお部屋が広く見えるというアイテムをご紹介します。

ラグは、あえてなくていい

お部屋の必需品とも思えるラグですが、実は敷くことで床の面積が狭く見えてさらにお部屋が狭く見せてしまうかも。ラグの代わりにクッションを置いたり、どうしてもラグを敷きたいという人はラウンドのラグが比較的床面積を広く見せてくれるのでオススメです。

テレビはいる?

最近はネットでテレビ番組や映画が観れるコンテンツが増え、テレビを持たないという選択も増えてきています。ニュースなどタイムリーな情報をゲットしたいという方にはオススメ出来ないですがネットニュースなどで十分という人は思い切ってテレビを断捨離してもいいかもしれません。今はスマホをプロジェクターに繋げる事も出来るので、テレビがない代わりにお家で映画館気分を味わってもいいかもしれません♡

いかがでしたか?

お家って自分がオフモードになれるとても重要な空間ですよね。せっかくの1人暮らしなら、やっぱり自分が帰りたいと思う場所にしなくちゃ♡アイデアとテクニック次第でワンルームも可能性が無限大◎!是非、この#お家時間 を活用して広くてオシャレなワンルームにアップデートしてみませんか?

あなたにオススメの記事はこちら!

韓国家具&韓国インテリアが情報がいっぱいの特集もチェック!

出典:www.buyma.com

韓国インテリア特集をもっと見る

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

MEDI

EDITOR / MEDI

某化粧品会社で美容部員として勤務したのちセブ島へ短期留学。現在は美容関係のお仕事。海外ファッション、海外インテリアが大好き。気になるモノを発信していきます。Twitter⇨@1002Rm

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧