女性の大敵!深刻な冬の「乾燥」をブロックして、ぷるぷるお肌に!
skincare
2015/11/26

女性の大敵!深刻な冬の「乾燥」をブロックして、ぷるぷるお肌に!

女性の冬のお悩みといえば「乾燥」。乾燥はシワやたるみの原因にもなり、お肌やキレイの大敵です! 乾燥対策をしっかりして、今年の冬はぷるぷるお肌で乗り切りましょう!

お気に入り追加 0

そもそも...冬はなぜ乾燥するの?

冬になると毎年悩むのが「乾燥」のこと。乾燥するとカサカサしてしまってお肌にも良くないし、シワやたるみの原因にも。体も冷えてしまってカサカサなら、血の巡りも悪く、老廃物も溜まる一方。
風邪も引きやすくなるし、喉も痛くなりやすいし...良いことはありません!!

でも、そもそもなぜ、冬は乾燥してしまうのでしょう?

出典:jp.pinterest.com

日本では、冬になると「シベリア気団」という日本海側に大雪と、太平洋側に空っ風をもたらす気団がやってきます。空気は寒いと空気中の水分が減ってしまうため、乾燥します。

出典:冬の空気はなぜ乾燥してる?その原因とは! | KAMOME TIMES

このように、気候の関係で「冬は空気が乾燥する」というのは、日本の中でも、主に太平洋側での概念でした。

湿度が高いと、ウィルスは床や地面に落ちてしまうそうですが、大気が乾燥していると、ウィルスも乾燥して、軽くなり、空気中を舞う時間が長くなるからなのだそう。 また、私たちのからだも、乾燥で、のどの粘膜が渇いてしまうと、バリア機能を発揮できずに、感染しやすくなるという面も。

出典:風邪ひいたのは、乾燥のせい? お部屋の湿度を快適に保つには…(tenki.jpサプリ 2015年1月18日) - 日本気象協会 tenki.jp

部屋が乾燥する主な原因はエアコンにありました。想像して頂くと分かると思いますが、ドライヤーで熱風を当てると水分は飛んで、早く乾かすことが出来ますが、エアコンの温風も、その風によって空気中の水分を根こそぎ飛ばしてしまってるのでありました。

出典:冬の空気はなぜ乾燥してる?その原因とは! | KAMOME TIMES

部屋の空気を乾燥させる一番の原因はエアコン! まずはここから、改善の余地がありそうです。

乾燥対策①:エアコンの温度を上げすぎない

エアコンの温度を上げすぎると、どうしてもエアコンの稼働量も多くなり乾燥した風がどんどん部屋に充満することになります。
ですから、できるだけエアコンの温度は低く設定。どうしても寒い場合は、部屋を乾燥させないヒーターや床暖房を併用、または、厚着をするなど、対策を取りましょう。

出典:jp.pinterest.com

【高級ホテル御用達!】kashwere♪ブランケットDamask☆9色
CHECK!

【高級ホテル御用達!】kashwere♪ブランケットDamask☆9色

kashwere カシウエア

¥21,800

販売サイトをチェック
【Elodie Details エロディーディテールズ】北欧 ブランケット
CHECK!

【Elodie Details エロディーディテールズ】北欧 ブランケット

Elodie Details エロディー・ディテールズ

¥7,000

販売サイトをチェック
ムーミンパパ もこもこ ソックス
CHECK!

ムーミンパパ もこもこ ソックス

Martinex マルティネックス

¥3,240

販売サイトをチェック

乾燥対策②:徹底的な室内の「加湿」を心掛ける

どうしても乾燥してしまう室内で大切になってくるのは、なんといっても「加湿」。
加湿器を使うのが一番早いですが、下記のような方法も。
ちなみに、湿度は50〜60%に保っておくのが良いのだそう。

厚生省ホームページに、インフルエンザ対策について、部屋の湿度の目安として、加湿器などを使って、50~60%に保つよう記載されています。 ただし、湿度が高過ぎ、結露ができるような状況か続くとカビが発生する原因にもなるので、湿度計を使って、コントロールするのがよいようです。 結露ができるようになるのは、湿度は70%くらいになっているそうです。結露ができるようでは、快適な湿度ではないと判断の目安になるかも。

出典:風邪ひいたのは、乾燥のせい? お部屋の湿度を快適に保つには…(tenki.jpサプリ 2015年1月18日) - 日本気象協会 tenki.jp

「シマーポット」でおしゃれに加湿を

出典:jp.pinterest.com

「シマーポット」でおしゃれに加湿を

ハーブや針葉樹、スパイス、少し傷んでしまったフルーツなどをお鍋に入れて煮込む「シマーポット」。これは食べるものではなく、お部屋の中に香りが広がるポプリのような役割が。もちろん、お湯を沸かすので、加湿もばっちり。ストーブがあればその上に、無ければお部屋のどこにでも置いておけば効果があります。

Best Made Company Enamel Pot 2色
CHECK!

Best Made Company Enamel Pot 2色

¥7,510

販売サイトをチェック
 【送料☆関税込】お料理が楽しくなる♪ムーミン☆ソースパン☆
CHECK!

【送料☆関税込】お料理が楽しくなる♪ムーミン☆ソースパン☆

muurla ムールラ

¥6,900

販売サイトをチェック
洗濯物を室内干しにする

出典:jp.pinterest.com

洗濯物を室内干しにする

普段は外に干している洗濯物を、室内干しにすると、それだけでも加湿の効果が。
匂いなどが気になる場合は、タオルなど、一部のみでもOK。
お風呂上がりに使ったタオルを、寝室に干しておくだけでも違います。

H&M HOME 多色テキスチャージグザグハンドタオル♪
CHECK!

H&M HOME 多色テキスチャージグザグハンドタオル♪

H&M Home エイチアンドエム ホーム

¥2,900

販売サイトをチェック
送料無料!!ウォールストレージラック★ランドリー収納バスケット
CHECK!

送料無料!!ウォールストレージラック★ランドリー収納バスケット

¥23,000

販売サイトをチェック

乾燥対策③:お肌の乾燥は「オイル」「クリーム」で乗り切る

冬はお肌の保湿も常に心掛けたいところですが、特に注意したいのは「お風呂上がり」。お肌が潤いそうなイメージのお風呂ですが、実は、お肌の潤い成分も一緒に洗い流してしまうので、お風呂の入り方にも注意が必要なんです。

出典:weheartit.com

入浴後のお肌からは、想像以上に水分が逃げていってしまいます。それゆえ、できるだけ、5分以内に保湿ケアをすることが大切です。

出典:お風呂あがりは、5分以内に即保湿しよう | スキンケア大学

入浴中は、お湯に浸かっていると水分で皮膚が覆われるので、一見お肌は潤っているように感じられますが、実はお肌に潤いをあたえる保湿因子が流れ出てしまっているのです。そのため、入浴後は入浴前よりも乾燥しやすい状態のお肌になってしまいます。 また、お湯に浸かっている最中だけでなく、体を洗うときに、タオルやボディブラシなどで強く摩擦したり、強い刺激を与えたりすると、お肌の表面が傷ついてしまいます。

出典:お風呂あがりは、5分以内に即保湿しよう | スキンケア大学

このように、お風呂上がりには徹底的な肌への保湿ケアが重要!
身体に油分を補充してくれる「オイル」や「クリーム」がベストです。

日本未入荷! アルガンオイル100% VRAI 250ml
CHECK!

日本未入荷! アルガンオイル100% VRAI 250ml

Fragonard フラゴナール

¥11,900

アルガンオイルとは、モロッコで育つアルガンの木の実から採れたオイルで、保湿力とアンチエイジングの効果で有名です。ここ数年フランスの女性達の間で大ブームになりました。手や体や髪や爪など、乾燥が気になるどんな部分にも塗れるので、万能保湿薬として常備している人が多いです。

販売サイトをチェック
万能オイル【パリ購入】NUXE♡Huile Prodigieuse&香水
CHECK!

万能オイル【パリ購入】NUXE♡Huile Prodigieuse&香水

NUXE ニュクス

¥3,790

フランスは乾燥大国なので、ヘアー、フェイス、ボディの保湿が需要。無添加、無香料なので安心安全。

販売サイトをチェック
もっと保湿とハリが欲しいならこれ!ビーベノムナイトクリーム♪
CHECK!

もっと保湿とハリが欲しいならこれ!ビーベノムナイトクリーム♪

Wild Ferns ワイルドファーンズ

¥4,320

このナイトクリームは、肌の修正を促す強力なパワーを持つビーベノムと天然の保湿成分
を豊富に含んでいるから、朝起きた時に感じる、肌のしっとり感はバツグンです☆

販売サイトをチェック
【最安値セール】乾燥に効く★ザクロ(ポメグレネート)オイル
CHECK!

【最安値セール】乾燥に効く★ザクロ(ポメグレネート)オイル

John Masters Organics ジョンマスターオーガニック

¥4,900

販売サイトをチェック

ヘアの乾燥対策も!

Buyma最安値!!★正規品モロッカンオイルポンプ付
CHECK!

Buyma最安値!!★正規品モロッカンオイルポンプ付

Moroccan oil モロッカンオイル

¥5,290

・髪の持つれを解きほぐして、まとまり感をアップします。
・弾力を取り戻し、髪にツヤ感を与えます。
・ヘアブローによる乾燥とスタイリングにかかる時間を短縮します。
・すぐに髪に溶け込み、自然でなめらか、かつツヤのある髪に仕上がります。
・髪を紫外線から守ります。

販売サイトをチェック

冬のお悩みである「乾燥」は、努力次第で防げるものです。特にお肌の乾燥は女性の大敵。できるだけ潤うように、普段の生活から乾燥対策を心掛けましょう。

RH

EDITOR / RH

エディター歴4年。28歳。女性ファッション誌のアシスタントを経て独立。現在は、フリーランスのエディターとして、ファッション、ライフスタイルの分野で、雑誌、WEB問わず、幅広い媒体で活動中。

関連するまとめ