寂しい上半身にスパイスを。「チーフ」や「スカーフ」で魅せる小技
2020/06/02
788 VIEWS

寂しい上半身にスパイスを。「チーフ」や「スカーフ」で魅せる小技

Photo by:www.instagram.com

首元や胸元にさりげなく差すだけでスパイスになるチーフやスカーフ。上半身が寂しい時や、レヤードのアクセントが欲しい時に使えるアイテムです。今回は上手なチーフやスカーフの取り入れ方をご紹介します。

「チーフ」や「スカーフ」の起源

チーフは1900年代の初頭にその文化が定着したといわれています。それまで胸ポケットには手袋を差していたようですが、この頃からチーフ文化が浸透したようです。
スカーフの起源は、北欧民族が防寒のために使用していた布だといわれています。スカーフというフレーズが使われ始めたのは16世紀のイギリスと考えられており、当時の貴族女性の間では装飾品や日焼け防止のために使用されていました。

現代男性の取り入れ方

最近は男性の使用率も目立つチーフやスカーフ。フォーマルにもカジュアルにも合わせることができます。
フォーマル使いの場合は、やはりジャケットに合わせる方法が定番です。ネクタイほどのカッチリ感は出ませんが、いい感じにフォーマルな雰囲気をプラスできるため、トラッドファッションなどに取り入れるとバシッとハマります。

カジュアル使いの場合は、赤や青などのはっきりしたカラーを取り入れて、アウトドアMIXテイストにしたり、ミリタリーファッションに合わせる方法などがオススメです。

個性的な使用方法

結び方や巻き方を変えるだけで、個性を主張できる点もチーフやスカーフのメリットです。
また、装飾品として体に身に着ける以外にも、小物としてバッグやポーチに結ぶなど、工夫次第で様々な使用方法があります。
日々のファッションのスパイスに1枚持っておくと、コーディネートの幅が広がるかもしれません。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧