圧倒的な爽やかさ。「大人マリンコーデ」の作り方。
2020/06/09
1203 VIEWS

圧倒的な爽やかさ。「大人マリンコーデ」の作り方。

Photo by:www.instagram.com

爽やかさを主張できる「マリンコーデ」は男女ともに人気のスタイルです。暑い季節に爽やかなコーディネートは涼しげで好印象。今回は大人がしたいマリンコーデをご紹介します。

「マリンコーデ」とは

海兵隊を意味する「MARINE」に由来するマリンコーデ 。元々はイギリス海軍の制服が発祥なんだとか。名前の通り、海を彷彿とさせる爽やかな雰囲気が魅力です。ブルー系やホワイト系のアイテムを中心としたコーディネートは夏場や暖かい季節に人気のテイストです。

「マリンコーデ」の定番アイテムは?

マリンコーデには雰囲気を演出するための象徴的なアイテムがいくつか存在します。

ボーダーカットソー

印象的な横縞模様を配したデザインの洋服です。※(正確には「ボーダー=横縞」ではないんですが、ここでは便宜上、横縞と定義します)
マリンコーデの代名詞といってもいいアイテムです。インパクトが強いデザインのため、マリンコーデの印象を押し出したいときにオススメです。

ブルー系のシャツ

清涼感を演出するのにブルー系カラーは欠かせません。真夏であれば、薄いカラーをチョイスするとより涼しげに見えるかも。素材は麻の一種である「リネン」がオススメ。肌触りも良く通気性に優れているため、夏にはもってこいの素材です。

ホワイトパンツ

暑い季節には清涼感抜群のホワイトパンツ。マリンコーデのベースであるブルー系との相性も良く、「青×白」のコントラストはマリンコーデの大定番です。
ただし、ホワイトはインナーが透けやすいため、下着のカラーには気をつけましょう。

デッキシューズ

船の甲板(デッキ)で使用するためのシューズであるデッキシューズ。水捌けが良いように工夫されたアウトソールに、撥水性の高いレザーで防水性もバッチリです。夏にはショーツと組み合わせて履くと、一瞬でマリンコーデが出来上がります。

エスパドリーユ

ソールに麻を使い、アッパーはキャンバス地を使用した紐のない靴のことです。着脱が楽で通気性も良いため、夏場にはもってこいのシューズです。非常に軽量で日常使いであれば足の負担も軽減できます。

大人のマリンコーデ

マリンコーデの雰囲気を強調するには、やはり王道の「青×白」カラーをベースにしましょう。ボーダーのコテコテ感に抵抗がある方は、画像のようにブルー系のシャツと合わせることで、十分にマリン感を演出できます。

襟付きのシャツであれば、下半身をショーツにサンダルとカジュアルアイテムで統一してもOK。大人のマリンコーデとして上品でオススメです。足元を軽く見せるため、靴下は履かない(または見せない)ことも大事なポイントですよ。

みなさんも、暑い季節に向けてマリンコーデを楽しんでみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧