リラクシーでおしゃれ♪「ボーホーリュクス」なお部屋の作り方
2020/06/10
1582 VIEWS

リラクシーでおしゃれ♪「ボーホーリュクス」なお部屋の作り方

Photo by:www.instagram.com

ボヘミアンでくつろげるインテリア「ボーホーインテリア」。近年人気のインテリアジャンルの一つですが、最近ではそこにリュクス要素をプラスした「ボーホーリュクス」スタイルも人気が高まっています。どんなインテリアなのか、実例とともにつくり方をご紹介していきます♪

ボーホーリュクスとは?

そもそも、ボーホー(boho)はボヘミアン(bohemian)とソーホー(soho)を組み合わせた造語。ボヘミアンは、ヨーロッパはチェコ周辺に住んでいる民族のことで、社会の慣習や規範にとらわれない生活をしている人たちを指しています。ソーホーは、ニューヨークのソーホー地区のことで、ハイブランドが集まる高級モールやブティック、オフィス街が並ぶエリアを指します。

ボーホースタイルは、ボヘミアンな民俗調アイテムや自由なスピリット、素朴さ、アートカルチャーと都会的でモダンな要素が組み合わさった、比較的新しいファッション・インテリアジャンルといえます。

ボーホーリュクススタイルは、先ほどのボーホーカルチャーによりモダンさとラグジュアリーさをプラスしたスタイル。贅沢なグランピングスタイルや砂漠や海辺のラグジュアリーホテルのようなイメージです。ボヘミアンすぎず、モダンインテリアアイテムもマッチさせやすいと人気が高まっています。

ボーホーリュクスインテリアの作り方

Talk women01

次に、ボーホーリュクスインテリアの作り方を見ていきましょう。

ナチュラル素材のアイテムを揃える

ナチュラルな中にモダンな印象のあるボーホーリュクススタイル。まずは、コットンや理念、ウッド、竹、ラタンなど、天然素材のアイテムを集めていきましょう。こちらは、バンブーバスケットやリネンのブランケットやクッション、草編みのランプシェードなどを散りばめた空間。ナチュラルでボーホーな印象が強いながら、色味をある程度抑えているため、知的で落ち着いた空間に仕上がっています。

マクラメ編みタペストリーやナチュラルなかごなども、ぜひボーホーリュクス部屋に取り入れていきたいところ。モダンさを追求するなら、無地のものや床・壁のカラーに寄せたものを選ぶのがおすすめです。

色味は抑えてややモダンに

もともとボーホーインテリアは、カラフルなものも多い空間。一方でモダンさが加わったボーホーリュクスは、色味が大人っぽくナチュラルカラーやモノトーンが多めなのが特徴です。

こちらのように、ホワイト×ナチュラルカラーでまとめておけば、お部屋の明るさはそのままに、シンプルで大人っぽいボーホーリュクスインテリアが出来上がります♪

こちらはモダンなソファをアクセントにしたLDK空間。
ソファだけだとモダンですが、小物にナチュラルなものを使うことで、リュクス感のある仕上がりに。

観葉植物をプラス

ボーホーインテリアに欠かせないアイテムといえばグリーン。
観葉植物を散りばめておくとナチュラルアイテムもさらに引き立ちますね。ボーホーリュクスインテリアの場合、こちらのようにやや無機質なプラントポットを使ってモダンさをアップさせるのもおすすめ。

癒しの空間づくりにぴったりなベッドルーム。
ベッドルームにも観葉植物を散りばめ、ベッドのヘッドボードもナチュラルモード漂うものにすると、一日の疲れも癒すことができそうですね♪色味が限定されており、休む際に視界に余計な情報が入ってこないのもグッドポイント。

エキゾチックな柄のラグを一枚

ボーホーリュクスインテリアの良いスパイスになってくれるのがラグ!
エキゾチックな柄のラグを使えば、お部屋の雰囲気が一気にボーホームードに♪床はお家の中でも特に面積が広い場所なので、床にラグを広げるだけで印象を大きく変えることができますよ。

Talk women01

こちらのように、ややグラム要素のあるものをミックスするのもおすすめ。

こちらは、モロッカンな印象のボーホーインテリア。
毛足長めのモロッカン柄ラグにファーラグを重ねるアイデアが素敵ですね。床にボリュームを持たせることで、さらにリュクスな印象が強まります。

コチラの記事もチェック!

ナチュラルの対比「メタリック」「ガラス」アイテムを投入

ボーホーリュクスインテリアには、ちょっとしたモダン要素が必要です。
何を投入するか迷ったら、メタリックな小物やガラス系アイテムを散りばめてみるのがおすすめ。空間イメージのリフレッシュにも役立ちますよ。

こちらはメタリックなアイアンサイドテーブルやチェア、ミラーを活用した空間。ポットやサイドテーブルには北欧インテリア要素も感じられますが、全て癖のないシンプルなアイテムなので、うまく空間に融合されています。

お気に入りのアートを散りばめて

ボーホーインテリアといえば、アートを散りばめるインテリアとしても人気。ボーホーリュクスインテリアでも、ぜひお気に入りのアートを散りばめてみてください。こちらのインテリアでは、空間のメインカラーにマッチしたモノクロアートが空間のアクセントになっています。

物の数を減らせば、シンプルでホテルライクなリュクス空間に♪

よりモダン寄りのインテリアを作ってみたい!という方は、空間の物の数を厳選したインテリアを作ってみるのはいかがでしょうか♪こちらのように、空間に散らばるカラーは統一し、物の数を減らしてみるだけであっという間にリゾートホテル風インテリアに。ナチュラル要素とモダン要素のバランスを整えつつインテリアを考えてみてください。

ホワイトとナチュラルウッドカラーを基調とした空間。
アクセントカラーは観葉植物のみ、と徹底することで空間自体が洗練された印象に。

ボーホーリュクスインテリアで大人の洗練空間を作ってみよう

大人のくつろぎ空間を演出できるボーホーリュクスインテリアの作り方をご紹介してきました。色味を少なめに、自然素材・ナチュラルカラーを中心とした空間は、癒しの空間づくりにもぴったりです。

北欧インテリアやモダンインテリアなどの人気インテリアジャンルもミックスさせやすいため、比較的挑戦しやすいインテリアジャンルでもあります。お部屋のインテリアにマンネリ感を感じた場合など、ぜひトライしてみてくださいね♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧