本格的な夏の前に!「長袖トップス×ショーツ」コーデを満喫しよう
2020/06/23
930 VIEWS

本格的な夏の前に!「長袖トップス×ショーツ」コーデを満喫しよう

Photo by:www.instagram.com

長袖トップス×ショーツの組み合わせに興味がある方は意外と多いはず!実践できる時期が少ないのが残念ですが、真夏がくる前のこのタイミングでぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?今回は長袖トップス×ショーツコーデをご紹介します。

長袖×ショーツのメリット

ショーツは動きやすく通気性も良いため、夏場にもってこいのアイテムですが、カジュアル色が強いため幼く見えがちです。そんな時に手っ取り早いのは上半身に長袖を持ってくること。
袖が長いアイテムはフォーマル感を演出することができ、ショーツによってカジュアルになったコーディネートの印象を中和することができます。

大人コーデ「3つ」のポイント

トップスは襟付きシャツをチョイス

涼しい時期であれば、ジャケットと合わせるコーデがオススメですが、暑い時期には襟付きのシャツがいいでしょう。襟のないクルーネックやヘンリーネックのカットソーはカジュアル感が強く、大人のコーディネートとしては少しだらしない印象になりがちです。
長袖シャツであっても「リネン」や「ローン」など、夏用の通気性の良い素材を選べば快適に過ごすことができますよ。

ショーツの丈は膝上で

ショーツの丈は膝上がマストです。膝が隠れてしまうとだらしなく見え、カジュアル間が強調されてしまいます。シルエットもジャストサイズかタイトサイズをチョイスしましょう。ボリューム感を抑えてスッキリ見せることが大切です。

靴下を見せない

靴下はシューズから見えないように注意しましょう。意図的に魅せる場合を除き、シューズから覗く靴下は印象が悪くなりがちです。デッキシューズなど素足で履けるシューズもありますが、抵抗がある方はシューズからはみ出さないタイプの靴下をチョイスしましょう。

夏場のコーデも上品に

薄着の季節はどうしてもカジュアルに傾倒しがちなコーディネート。ショーツを取り入れる際は、ただ闇雲に履くのはNG。なぜなら、同じようなコーディネートでもちょっとした要素を意識するだけで、まったく違った印象を作り上げることが可能だからです。
長袖トップス×ショーツの組み合わせを楽しめる期間は限られています。本格的な夏が到来する前にぜひお試しあれ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧