なんでも折衷?!「エクレティックインテリア」ってどんなインテリア?作り方や魅力を探ってみよう
2020/07/07
1465 VIEWS

なんでも折衷?!「エクレティックインテリア」ってどんなインテリア?作り方や魅力を探ってみよう

Photo by:www.buyma.com

「セオリー通りの整然としたお部屋ではなく、個性をプラスしたお部屋で生活してみたい」という方にぴったりな「エクレティックインテリア」。古いものや新しいもの、アジアのものやヨーロッパのものなど、違う要素をもつアイテムを混ぜるインテリアです。どんなインテリアなのか、魅力に迫ります。

他にはない、自分だけのユニークな空間を作ってみたい!

「人気のインテリアも良いけど、なんだか飽きそう」「海外ファッション雑誌に出てくるような個性的なインテリアを作ってみたい」「どのテイストのお部屋にするか悩む…」と、もどかしさを感じていませんか?

そこで、インテリアのテイスト選びにお悩みの方、個性的なお部屋を作りたいけれどどうしよう…という方におすすめしたいのが「エクレティックインテリア」。お好きなものをミックスしたスタイルです。どんなインテリアで、どんなポイントに気をつければ良いのかみていきましょう!

エクレティックインテリアとは

エクレティックインテリアは、簡単に言うと「折衷インテリア」「ミックススタイル」のインテリア。古いものや新しいもの、アフリカのものとアジアのもの、レトロにモダンなど、一見相反するものを一つの空間にミックスするスタイルです。

一つのテイストでお部屋をおしゃれにコーディネートするのも素敵ですが、あえてエクレティックインテリアのように複数の異なるテイストを織り込むことで個性的な演出を楽しむことができるよに。

個性的な空間がお好きな方やインテリアテイストに悩んでいる方以外だと、古着にハイブランドアイテムを組み合わせるのが得意な方、色合わせが得意な方、整然とした空間だとなんだか落ちつかない…という方にもおすすめのインテリアです。

おしゃれなエクレティックインテリア作りのポイント

Talk women01

フリースタイルなインテリアに見えるエクレティックインテリアですが、実は意識すべきポイントがいくつかあります。空間を上手にまとめるためのポイントをみていきましょう。

どこかで統一感を出すのが第一!

まず意識したいのが「統一感」。
統一されていないように見えるエクレティックインテリアですが、実は統一感やルールありきのインテリアでもあります。規則性や統一感がなければ、まとまりのないただのカオス空間になってしまうためです。でも、どう統一感を出していけば良いのでしょうか?

「色味」で統一感を出す

もっとも簡単に意識できるのが「色味の統一感」。
こちらのインテリアでは、フレンチシックスタイルにモダンなシェルフ、民族的なオブジェをミックス。色味は一緒でも、形のフェミニンさと質感・テイストのマスキュリンさが感じられるのがポイントです。様々な異なったテイストでも、色味を統一しておけば個性的な空間が演出できますね。

こちらはブラウンで統一したダイニング空間。
ぎょろっとしたレトロモダンなミラーウォールオブジェに、アラブの空気を感じる水差し、カントリーライクなテーブルが目を引きます。メタリック感とマット感のバランスも絶妙ですね。

こちらは、ブルーの壁紙に同じようなトーンのブルーソファを置いたリビング。
ブルーをさらに引き立てるべく、他の家具をブラックに統一してクールさを引き出しているのがポイントです。モダンな印象の大型家具とは対極にあるペルシャ風絨毯も大きなアクセントに。

「形」で統一感を出す

空間のアイテムを統一するのに意識したいポイントとして「形」も挙げられます。
こちらは四角いチェストに四角いアートフレームを合わせた空間。一見カラーなどがバラバラに見えますが、実は四角が規則的に並ぶ整然とした空間とも言えます。壁がほぼ全てファンキーなデザインのアートで彩られているのも注目したいポイントです。

「デザイン」「テイスト」で統一感をだす

色や形は違っていても、テイストやデザインをある程度統一させておくのもおすすめです。こちらはカリブの海を思わせる色彩とアート、民族系クッションに自然を感じさせるグリーンなどでトータルコーディネートおしたリビング。海など自然イメージを連想させるデザインチョイスも素敵ですね。

アフリカを感じさせるアニマルプリントに、ボーホーシックなアートフレームが並ぶクリエイティブな空間。ウッドやレザーで色味や質感をまとめているだけでなく、アフリカを思わせる柄とボーホームードで、全体アイテムを自然を感じるデザインで統一しているのがポイントです。

リラクシーでおしゃれ♪「ボーホーリュクス」なお部屋の作り方

配色にこだわる

統一感も大事ですが、色々折衷するエクレティックインテリアでは色の組み合わせも重要なポイント。色使いで、お部屋の印象も大きく変わってきますよ。

同系色でまとめる

例えば、同系色でまとめる方法。
クッションやアートを暖色系でまとめています。
テイストや質感は違っていても統一感が感じられるだけでなく、大人カラーのグレーのソファともさりげないコントラストが実現していますね。

ベージュ、ホワイト、グレージュでまとめたシックなインテリア。
シックさを失わせないミラーテーブルや、落ち着いた幾何学柄ラグがさりげないアクセントになっており、ホテルライクな空間に仕上がっています。

実はメリット満載! 「ミラー家具」一点投入でインテリアをより美しく

補色でコントラストを出す

真逆のカラーリングでまとめ、お部屋に大きなコントラストを与えることができる捕色コーディネート。ターコイズのキャビネットにピンクのチェアがとても眩しいですね。チェアの脚元はブラックで引き締めているのもポイント。

レッド系のエスニック系ラグにブルーの抽象画が大きなアクセントになっているエントランス空間。リゾートブティックを感じさせるアイテムの混ぜ方も素敵です。

目立つ「アクセントカラー」を入れる

Talk women01

お部屋に他のアイテムを圧倒するようなアイテムがあるとそれだけ目立ってしまいがち。お部屋にアクセントを取り入れるなら、テイストが似通ったものでアクセントの強いカラーのアイテムを取り入れてみましょう。アクセントカラーをまとったアイテムを一点だけ投入すると驚くほどお部屋が明るくなります。

こちらは書斎のような空間に知的さと遊び心を感じさせるレモンイエローのパーソナルチェアを取り入れた空間。重めの空間をユニークに彩ってくれるアイテムですね。キャビネットカラーに寄せたカラーのクッションを合わせ、統一感もプラスされています。

目立たせたいものは「左右対称」アイテムで挟む

壁のアートや彩りが際立っているものを特に目立たせたい!というときがあるかと思います。そんなときは、こちらのように見せたいものを左右対称アイテムで囲んでみましょう。こちらの場合は、大きなアートを大きな観葉植物で囲んでいます。あえて囲むことで、一層アートが目立って見えますね。

Talk women01

左右対称のものを飾ることで、一見無秩序に見えるエクレティックインテリアでも規則性をプラスすることもできます。

こちらはストリート感あるグラフィックチェアでレトロなキャビネットを囲んだ様子。背景とのカラーバランスも際立っているだけでなく、ウォールアートもオブジェもひときわ目立っていますね。

世界の素敵なエクレティックインテリア空間集

最後に、世界のお家から素敵なエクレティックインテリア空間をご紹介していきます。色使いや質感など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

北欧レトロテイストの家具に北欧モダンテイストの小物をプラスした空間。同じ北欧ジャンル縛りなら、比較的ミックスさせやすいですね。奥に見えるアウトドア感あるチェアも素敵。

エクレティックインテリアの原型とも言われている「ボーホーシック」を基調とした空間。ゴールドフレームのゴージャスなテーブルをメインに、モロッカンインテリアを感じるアイテムを組み合わせると、シック感にエスニックの空気がプラスされた仕上がりに。色味がオレンジメインで温かみがプラスされているのもポイントです。

グリーンのチェアに、ヴィンテージライクなレモンイエローのソファが眩しいくつろぎの空間。二つともベルベット生地で統一されているため、浮いて見えません。バックのブラックアートフレームが全体をピリッと引き締めています。

モノトーンのシンプルモダンインテリアに、アウトドア感あるチェア、エスニックなキャンドルランタンを合わせた空間。全体をほぼモノトーンで締めているので、大人っぽくシックなインテリアに仕上がっています。

メタリックで人工的な印象のポップなセンターテーブルに、アンティークな印象の猫足チェアを配置したエクレティックインテリア。色味はブラウンとくすみ系カラーで統一しているエレガントな空間ですが、人工的なテーブルをおくことでポップで洗練されたモダンな印象もプラスされています。

お好きなスタイルを規則的にミックスして個性的な空間に♪

お好きなスタイルをやカラーをミックスして作り上げる個性派インテリア「エクレティックスタイル」(エクレティックインテリア)のポイントや素敵なインテリアを実例とともにご紹介してきました。

フリースタイル&無秩序に見えて、実は色や質感計算&規則の上に成り立っているエクレティックインテリア。普段からおしゃれや服のコーディネートがお好きな方ならきっと楽しくコーディネートできるインテリアとなるはずです。唯一無二の、あなただけのスタイルををぜひ楽しんでみてくださいね♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧