忙しくても大丈夫!「散らかりにくい自宅」をコーディネートするための心がけ
2020/08/02
1672 VIEWS

忙しくても大丈夫!「散らかりにくい自宅」をコーディネートするための心がけ

Photo by:www.instagram.com

忙しいし整理整頓は苦手…と、散らかったご自宅をほったらかしにしていませんか?忙しくても整理整頓が苦手でも大丈夫!今回ご紹介する方法を実践すれば、お部屋が散らかりにくくなりますよ。

整理整頓が苦手。どうしたらきれいなお部屋をキープできる?

いつ見てもお部屋が散らかっている、ものが多いけれど整理整頓が苦手…という方はいらっしゃいませんか?片付けてもすぐにお部屋が片付け前の状態に元どおり…と負のスパイラルに陥っている場合は、お部屋の片付けや整理整頓を見直すべきタイミングに来ているのかもしれません。

Talk women01

今回は、忙しい&整理整頓が苦手だけどきれいなお部屋をキープしたいという方向けに、おすすめのコツをご紹介していきます♪

1. 超基本!「出したらしまう」を徹底

出したものを片付けるのはお片づけの基本中の基本。
これを徹底するだけでも、テーブルや床にものが散らかる事態を避けることができますよ。すぐに片付けるのが難しいなら、ベッドに入る前や夜のシャワー前に全てしまうなど、タイミングを決めて毎日継続していくのがおすすめです。

2. 捨てるかキープするかすぐに判断

ものが多すぎて片付けが間に合わない!という方はまず「要るか要らないか」の判断が必要。

トレンドは過ぎたけれどまだ着られるもの、サイズが合わなくなったけれどいつか着れる…といったものを残していませんか?まだ着られる服なのかもしれませんが、洋服の場合はトレンドの移り変わりも早く、着られたとしても古臭さが残る場合があります。

即決は苦手、という場合は「きれいに片付いた部屋に住む」という目標にフォーカスしてみてください。自ずと何が必要で何が要らないかが判断できるようになってくるはずです。

Talk women01

どうしても選べない!という場合は「ワンイン・ワンアウト( = 一つ買ったら一つ手放す)」のルールを実践してみましょう。これなら、ものが増えるスピードに歯止めをかけることができますよ。

コチラの記事も合わせてチェック!

3. 手放すものを決めたら専用場所に移動させる

手放すものを決めたら、そのままそこに置いておくのはやめて他の場所に移動させておきましょう。これで他のものを収納できるスペースが確保できるようになりますね。不用品のスペースはどこでもOKですが、なるべく動線を邪魔しない場所に置いておくのがおすすめ。バスケットやダンボールなど、容量多めのものならより多くのものを入れられます。

Talk women01

これ、筆者もよく行っています。大きな箱が不用品でいっぱいになっていくのを見るのはとても気持ち良いです♪ただし「捨てる」を目標にするのではなく「きれいなお部屋に住む」のを目標にしておくのをお忘れなく!捨てるばかりだと、大事なものを捨ててしまいかねません。

Talk women03

家から不用品を持ち出す日を決めておけば、いつまでもお部屋に置いておく必要も無くなります。

4. よく使うものの定位置を決める

身の回りのもので特に使用頻度が高いものをリストアップしてみましょう。
ここで、これらのアイテムに定位置があるもの、ないものに分けてみてください。定位置がないものはどこに定位置ができそうか考えてみましょう。

Talk women01

特に、この「定位置決め」と「出したらしまう」を徹底すれば、お部屋が大きく変わりますよ!

定位置があることで、
・ものをしまう定番場所ができる
・ものを紛失しにくくなる
・部屋が片付きやすくなる

というメリットが得られるようになりますよ。

5. 新たにものを買う時は「しまう場所があるか」を意識

新たにものを買う際は、デザインやサイズ、使い勝手などのほか「しまう場所があるか」も購入の判断材料にしてみてください。重複したものがすでにあったり、しまう場所が見つからなそうな場合は購入を見送るのがベターです。どうしても諦められない場合は、先ほどご紹介した「ワンイン・ワンアウト」を実践してみましょう。

Talk women01

用途が一つしかないものも、収納スペースが足りない場合に購入を見送った方が良いものの一つです。

小さなことを徹底して継続するだけで住環境がすっきり!

片付けが苦手な方、片付けてもすぐにお部屋が元の状態に戻ってしまう方、忙しくて整理整頓の時間が作れない方向けに、散らかりにくいお部屋を保つための心がけをご紹介してきました。「出したらしまう」「定位置を決める」などの基礎を徹底することで、お部屋のきれいが続き、整理整頓や片付けの頻度を減らすことができます。

得意不得意は人それぞれですが、くつろぎと休息の場所である自宅がきれいであることに越したことはありません。あまり気負わずご自分にプレッシャーをかけすぎず、まずは「ある程度整頓された快適な空間」をぜひ目指してみてくださいね。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧