【おしゃれ最前線】名品を進化させた「ネオ名品」が長く愛せて今っぽい【4選】
2020/08/03
3316 VIEWS

【おしゃれ最前線】名品を進化させた「ネオ名品」が長く愛せて今っぽい【4選】

Photo by:www.buyma.com

長く愛せる上質なものこそ、おしゃれの本質を教えてくれる。今回は、これまでの定番デザインを踏襲しつつ、今らしくアップデートした旬のアイテムを「ネオ名品」と題し、厳選してご紹介します。

「長く愛せること」と、「トレンド感があること」は、矛盾してる?いえいえ、2020年は、これまでの名品に今っぽさの風を吹き込んでアップデートした、粒ぞろいのアイテムが登場。今年らしいおしゃれを楽しみつつ、未来の自分へ投資してみるのはいかがでしょうか。

アイコニックな名品がモダンに進化!

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレフェラガモ)

VIVA(ヴィヴァ)

「フェラガモの靴」といえば、長年愛される名品の代名詞。中でもアイコニックなのが、リボンモチーフが愛らしいヴァラシューズですが、そこに今のムードを投影させ生まれたのが、こちらのヴィヴァ。

すっきりとシャープなフォルム、構築的なブロックヒール、ボディと素材を統一させたリボンなど、細部に今らしさがキラリと光ります。コンサバ感を抑えつつも、女性らしさが香る足元に。

出典:www.buyma.com

涙の形をしたブロックヒール。芸術的なこの形は、おしゃれなだけでなく安定感もあり。

女度が高まるヒールタイプ

軽やかなバックスリング

クラシカルなのに鮮度は抜群。

BOTTEGA VENETA(ボッテガヴェネタ)

ミニ BV ジョディ

新デザイナー、ダニエル・リーの感性が光る新ボッテガヴェネタ。モダンでユニークなデザインを打ち出し、多くのファッショニスタの心を鷲掴みに。『ザ・ポーチ』の爆発的人気を皮切りに、トレンドの先端をゆくブランドへ変化しました。

伝統を継承しつつも現代的なバッグが続々と生み出されており、BV ジョディもその1つ。立体シルエットとなめらかなシームレス構造で、大人らしく上品な佇まい。 愛嬌のあるフォルムは、カジュアルシーンにもマッチしつつ、ドレスアップしたときには媚びない色気を放ちます。

出典:www.buyma.com

ノットをあしらったハンドルと、メタルのトップファスナーがさりげない華やかさと遊び心を演出。

芸術的な輝きで素肌を照らして

HERMES(エルメス)

Reponse(レポンス)

エルメスのヒットアイテムといえば、シェーヌダンクルを始めとしたシルバージュエリー。ひんやりと涼感のある上品な趣で、男女問わずクラスアップさせてくれる名品です。

シューズデザインの巨匠、ピエール・アルディが手がける新作『レポンス』は、シェーヌダンクルの流れを汲みつつもモード感が格段にアップ。しっかりとした地厚のシルバーに大ぶりのモチーフが存在感を後押しし、まるでアート作品さながらの仕上がりに。

出典:www.buyma.com

多くのファンが心待ちにしていた、シェーヌダンクルのシンプルな揺れるタイプのピアス。知的な存在感は唯一無二。

ふんわり優しい空気を纏う心地よさ

Jil Sander(ジルサンダー)

プリーツスリーブ ドレス

ルーシー・メイヤー&ルーク・メイヤー夫妻が手掛けるジル サンダーは、現在のモード界で最も品のあるミニマルスタイルを提案するブランド。身体の線につかず離れずのルーズなシルエットを得意としつつ、クリーンでエッジィに仕上げられています。

プリーツ袖ドレスはブランドの定番。20年の新作は、パフスリーブに施されたプリーツに、マイヤー夫妻の実験的テクニックが取り入れられています。ハリのある生地づかいと、シャープな襟のカッティングによって、オーバーサイズなのにどこまでも洗練オーラが漂います。

出典:www.buyma.com

大ぶりなアクセサリーもよく映えます。シンプルなフラットシューズやサンダルを合わせて、サイドヘムスリットに視線を集めて。

おしゃれ最前線は名品から。

今をおしゃれに装うことで、未来の自分が楽しみになる。そんなポジティブな気持ちを教えてくれる、進化した名品たち。ぜひあなたの手で体感して、装うことの楽しさと喜びを、再び味わいましょう。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧