風通し良好!緩めのオーバーサイズコーデで暑さ対策
2020/08/16
2057 VIEWS

風通し良好!緩めのオーバーサイズコーデで暑さ対策

Photo by:www.instagram.com

暑い時期にタイトな洋服でコーディネートを組むのは厳しいものです。ゆとりのあるサイズ感のアイテムであれば、風が通り暑さ対策もバッチリ!今回は夏のオーバーサイズコーデをご紹介します。

オーバーサイズコーデとは

ここ数年のトレンドである「オーバーサイズコーデ」。あえて自分のジャストサイズより大きなビッグシルエットのアイテムを身に着けるコーディネート術です。
トップスであれば、ドロップショルダーや身幅の太いアウターアイテムが該当します。ボトムスは、カーゴパンツに代表されるような太めシルエットのアイテムが選ばれやすいでしょう。

オーバーサイズコーデのポイント

過剰な“ユルさ”はNG

上下共にオーバーサイズアイテムで合わせる場合は、サイズ感に注意しましょう。大袈裟なサイズUPは、全体的にだらしなく見えてしまうため注意が必要です。

シルエットを意識する

上半身、もしくは下半身、どちらか一方のみにオーバーサイズアイテムを持ってくると、全体のバランスが整えやすくなります。トップスにボリュームを持たせる「Yラインコーデ」や、ボトムスにボリュームを持たせる「Aラインコーデ」など、サイズ感で遊べるコーディネートを意識してみましょう。

夏のオーバーサイズコーデのメリット

オーバーサイズコーデは、暑い季節にこそ取り入れるべきコーデ術です。

暑さ対策に有用

洋服と体の間にゆとりがあるオーバーサイズアイテムは、一定の通気性を保つことができます。隙間から風が入ることによって、タイトなファッションに比べ涼しく過ごすことができるでしょう。

体型をカバーできる

暑い時期は、どうしても肌の露出が増加します。体のシルエットがハッキリするタイトなコーディネートは、体型がわかりやすくなり抵抗がある方もいるでしょう。
オーバーサイズのアイテムであれば、体のラインをある程度カバーすることができます。

リラックス効果

サイズに余裕があることによって、動きやすく快適に生活することができます。また、窮屈なコーディネートと違い、他人に威圧感を持たせずリラックスした印象を与えることが可能です。

Tシャツをもっと見る

オーバーサイズアイテムを取り入れよう!

上述してきたように、夏のオーバーサイズコーデはメリットが盛り沢山です。ジャストサイズやタイトサイズのアイテムと組み合わせることによって、コーディネートの幅はさらに膨らむでしょう。

年々長くなる酷暑の夏。暑い時期を乗り切るためにも、積極的にオーバーサイズコーディネートを取り入れてみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧