まるで旅行中♪ 出かけなくても楽しめる「ホテルライク」なインテリア&ライフスタイルの楽しみ方
2020/08/17
1525 VIEWS

まるで旅行中♪ 出かけなくても楽しめる「ホテルライク」なインテリア&ライフスタイルの楽しみ方

Photo by:www.instagram.com

「この時期は家にいた方が良さそうだけど、自粛に疲れてきた」という旅行好きな方におすすめなのが「ホテルライク」なインテリアやライフスタイル。旅行気分を楽しめるホテルライクなインテリアなら、少しは気分もリフレッシュされるはず。どうホテルライクな空間を演出すれば良いのでしょうか?

憧れの「ホテルライク」なインテリア

すっきりとしたホテルのインテリアは「余計なものがなくて落ち着く」「旅行気分が味わえる」と近年人気のインテリア。

旅行に行きたいけれど、できれば外出せずに旅行気分を味わえたら良いなと考えている方にもぴったりのインテリアです。今回は、インテリアのリフレッシュにもなる「ホテルライクなインテリア」の作り方や楽しみ方をご紹介します♪

ホテルライクなインテリア作り編

寝室は基本「ワントーン」でまとめて

ホテルインテリアを作る上でもっとも大事なルールが「色を統一する」こと。あまりに色で溢れていると、目に入る情報が多すぎてくつろぎにくいことも。一般的なホテルや旅館でも、このルールが多く適用されています。お好きなインテリアテイストはもちろん、空間で使いたいカラーを数色決めて、2色〜3色でまとめておくと良いでしょう。

こちらはほぼモノトーンでまとめたベッドルーム。
色が氾濫していないので、ゆっくり眠りにつけそうです♪

照明は間接照明メインで

ホテルライクなインテリア作りでは、色のほか「光」をある程度コントロールしておくのも重要なポイントです。おすすめは「間接照明」中心にお部屋の明るさを調整する方法。

ホテルでは、ベッドサイドや天井、玄関などあらゆるエリアで照明の明るさ調整ができるようになっていますよね。空間ごとに明るさを調整できるよう、間接照明を複数置いておくと便利です。特にベッドルームでは、明るさ調整ができるライトがあると重宝しますよ。

おすすめアイテム

キャノピー(天蓋)をつければリゾート風ベッドルームに♪

より非日常感を演出するならキャノピー(天蓋)をベッド上の天井に取り付けてみるのはいかが?おしゃれなのはもちろん、空間のリゾートムードが高まりますよ♪南国のホテルに滞在しているかのようなムードも演出できますね。

おすすめアイテム

リビングルームもなるべくシンプルに

ベッドルームに続いて、リビングをみていきましょう。
リビングも、ベッドルームのようになるべく色が氾濫しないように気をつけてみると◎。また、なるべく生活感が出ないよう、最小限の家具だけ置いておくのがおすすめ。色の統一とアイテム数を絞るだけで、すっきりとしたホテルライクなお部屋が演出できますよ。

Talk women01

子供のおもちゃやテレビリモコンなど、ごちゃつきの原因になりそうな小物類はキャビネットやバスケットを活用してカモフラージュしておくとgood!

おすすめアイテム

リビングorベッドルームにチェアをおけばよりホテルライクに

ホテルのお部屋といえば、パーソナルチェア(1人がけチェア)!
1人がけのチェアを置いておくと、休息エリアを作りやすくなります。ベッドルームならベッド脇に、リビングルームならセンターテーブルの近くやお部屋の隅に置いておくと良いでしょう。

Talk women01

ラタンチェアならリゾート系インテリアに、ファブリック張りのものならモダンインテリアなどに対応させやすいです。

おすすめアイテム

テラスやバルコニーにチェアを置いてリゾート気分♪

ラタンチェアやアウトドアチェアなど、軽量で水分に強いチェアがあれば、ぜひバルコニーやテラスなどで使ってみませんか?日光浴やランチ、夜の涼みタイムなどにぴったりですよ。クーラーが効いた室内も良いですが、たまには外の日陰でくつろいでみませんか?

コチラの記事もチェック!

おすすめアイテム

バスルームはあえて「見せる収納」を楽しむ

一日の終わりのリラックススペースとしておなじみのバスルーム。
バスルーム周りでは、あえてタオルやコットン、ソープなどを「見せる収納」として楽しむのがおすすめです。壁面にタオルなどを並べ、洗濯物はリゾートライクなバスケットに入れるなど、雰囲気を変えてみるとよりホテルライクな空間を演出できますよ。

コチラの記事もチェック!

おすすめアイテム

ホテルライクなライフスタイルの楽しみ方

Talk women01

次に、ホテルライクなライフスタイルのおすすめの楽しみ方をご紹介していきます♪

たまにはテラスでお食事&カフェタイムを

バルコニーやテラスで風を感じながらいただくお食事やお菓子は最高です♪
テーブルを用意して、いつもの食事を楽しむのはもちろん、デリバリーであまりなじみのない海外のお料理を届けてもらって旅行気分を楽しむのもおすすめ。

コチラの記事もチェック!

おすすめアイテム

バスタイムはスパブランドアイテムで海外スパ気分を楽しんで

リゾート気分を楽しむなら「香り」から入るのもおすすめ。
もっとも取り入れやすく気分が上がりやすいものといえば「海外スパブランドのビューティーアイテム」♪バスタイムに取り入れることで、スペシャル感と海外リゾート風の香りも楽しめちゃいます。

こちらの記事もチェック!

おすすめアイテム

バスタイムからのくつろぎタイムは「バスローブ」で楽しんじゃう

入浴後は、バスローブで過ごすのもリゾートライク&ホテルライクでおすすめ。ラグジュアリー感あるバスローブなら、非日常感もひとしおです。お気に入りのケアアイテムでスキンケア&ボディケアをして、自分をいたわるのも贅沢な時間の過ごし方ですね。

おすすめアイテム

バスローブはお休みの日ののんびりモードも高めてくれるアイテム。
ふわふわのバスローブに身を包んでベッドでそのまま朝食をいただくような、ルームサービス感満載の朝も最高ですね。

おすすめアイテム

ホテルライクなライフスタイルで日常に非日常を取り入れて

遠出しなくても旅行気分&ホテル滞在気分が楽しめるお部屋づくりやライフスタイルのアイデアをご紹介してきました。非日常を感じるインテリア作りに加え、ラグジュアリー感のあるライフスタイルを少し取り入れることで、自宅で過ごす時間もより楽しくなるはず。自宅で過ごすのに飽きてきたら、ぜひ取り入れてみてくださいね♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧