スキンケアしながら欠点カバーできる「CCクリーム」はもはや定番!どれが効果的?
skincare
2015/03/17

スキンケアしながら欠点カバーできる「CCクリーム」はもはや定番!どれが効果的?

発売当時は、コスメフリークの間で話題になった「CCクリーム」。韓国コスメやラグジュアリーコスメブランドからいち早くリリースされ、今では各ブランドの定番ラインアップのひとつに!どれが効果的?代表的な「CCクリーム」をレコメンド☆

お気に入り追加 0

「CC」の意味はブランドによって様々!

出典:jp.pinterest.com

コンプレックス コントロール/カラーコントロール/カラーコンディション/カラーチェンジなど、ブランドによって違うけど共通して言えるのはスキンケアもできる&肌色補正効果があるということ!
カバー力やツヤ肌、保湿成分高めなど、自分の肌に合ったCCクリームを見つけましょう♪

CCクリームといえば「CHANEL」

出典:i-voce.jp

ブランド力だけじゃないその実力に魅了される方も多いよう!
持っているだけでテンションの上がるパッケージも魅力◎
CHANELの「CC」だと思われてる方も多いですが、CHANELのCCクリームは"COMPLETE CORRECTION CREAM"という意味。

容量:30ml
価格:¥6300(税別)

スキンケア効果とメークアップを同時に叶えるクリーム。 シアーで柔らかく、ヴェルヴェットのようになめらかなテクスチャーは、リッチなのに軽やかな使用感。最高の心地よさと長時間持続するカバー力、そしてナチュラルな仕上がりを実現します。ホワイトピーチとウォーターメロンの繊細なフルーティーノートが優しく肌を包みこんだ後、ほのかなウッディとムスクを加えたフローラルノートへと変化します。

出典:i-voce.jp

BBクリームでよく使われる容器の形ですが、デザインと香りはシャネルらしさを崩していません。

出典:www.coscare.jp

始め、塗り方がわからなくて、ムラになります。でも、塗り方が わかったら、カバー力もあり、大変オススメの商品です。 乾き知らずです。コスパもいいです。 リピート決定です!

出典:i-voce.jp

カバー力抜群! CC クリーム #20 ベージュ♪
CHECK!

カバー力抜群! CC クリーム #20 ベージュ♪

CHANEL シャネル

¥9,900

販売サイトをチェック

光を味方に!ツヤ肌なら「クリニーク」

出典:i-voce.jp

光通過ビーズと呼ばれるラベンダー色の"ラワンデル ビーズ"が、光を様々な角度に反射するので均一の肌色が完成。
うるおいを重視した"モイスチャー サージ"シリーズでツヤ肌も実現します。
UV効果もあるので、時短ビューティーアイテムとしても評判!?
クリニーク モイスチャー サージ CCクリーム30
容量:40g
色・種類:全4色
価格:¥4800(税別)

BBクリームより、のびもよく、少しの量で顔全体に伸びます。 ナチュラルにカバーできて、くすみなど、見せたくないものもきれいになくなります。なのに、重くなりません。なので、BBクリームには戻れないかもなあ、と思っています。

出典:i-voce.jp

これ、大好きです。 発売されてから間もないときに何と無く購入し、それ以来毎日使っています。 CCクリニークなだけあって肌の色ムラを均一にし、トーンアップさせれくれます。 毛穴も、埋めるのではなく光できれいきカバーしてくれます。

出典:www.cosme.net

「ランコム」はリフトアップ効果アリ!?

出典:www.lancome.jp

薄く色の付いた"COLOR CORRECTOR"クリーム
ランコムの特徴は、引き締め効果があること!
肌の弾力を支える肌システムに注目したレネルジーシリーズはリフトアップ効果・引き締め・シワに効果的。
ランコム レネルジー M CC クリーム
容量:40ml
価格:¥8,000(税別)

人気のスキンケアシリーズだけあって、何となく肌が引き締まっています。のびがいいので、ざっと手でのばすだけでキレイに仕上がります。

出典:allabout.co.jp

透明感のあるカバー力を持つ軽やかなテクスチャー。 黄色みがかってくすんだ肌に、バラ色の輝きを取り戻し、晴れやかに整え、 肌にフレッシュさと明るさを演出してくれるクリームです。

出典:www.buyma.com

カテゴリは、ベースメイクではなく、あくまで、色のついた「スキンケア」。 なんだけど、CC(カラー コレクター)という名にふさわしく、肌色補正がスゴイ。 塗った瞬間は、「うわっ、白!」って、ひるむんですが、日中の美肌感がすごくイイ。

出典:i-voce.jp

究極のスッピン肌!?「ドクターシーラボ」

出典:www.ci-labo.com

欠点を隠すのではなく、スキンケア効果で肌を均一に整える"Care & Control"
色ムラ・キメ・感想・艶肌・毛穴・シワ・皮脂・UVと8つのアプローチで美肌を演出します。
下地としても使えるので、ファンデーションを明るくするよりも、より自然な明るい肌色に仕上がるとのこと。
容量:30g
価格:¥3,800(税別)

ひと塗りで肌がツヤツヤになりますね。下地としても使えますが、ハイライターとしても使えそう。くすみを一掃してくれるし、美肌効果も期待できます。また、時間が経つほどに肌になじんでくるのか、肌がしっとり。スキンケア効果にも優れています。

出典:allabout.co.jp

色は、うすいピンク色をしてますが 肌になじませるとベージュ色に変わります! 化粧をするのは面倒だけど、スッピンで外に出られない。。 そんな時に大活躍です★ 厚塗り感がなく、自然に仕上がります!

出典:www.cosme.net

惜しくも日本撤退でレアな「ブルジョワ」からも

出典:www.buyma.com

7月に惜しまれながら日本を撤退したパリ発の老舗メイクアップブランドBOURJOIS(ブルジョワ)
ブランドアイコンとして愛された丸型チーク「ブラッシュ パステル ジュ」やダブルエンドマスカラ「クー ドゥ テアトル」など、
時代を先取りする画期的なアイテムで注目されていました。
そんなブルジョワからもCCクリームが撤退前に日本でも発売されていました!
容量:30ml
価格:¥1,800(税別)

CCクリーム SPF15
CHECK!

CCクリーム SPF15

BOURJOIS ブルジョワ

¥3,250

販売サイトをチェック
3色のカモフラージュピグメントが色補正して肌の欠点をカモフラージュしてくれます。 さらに、保湿&エモリエント成分でもっちりうるおい肌に。 成分の30%以上が水分。 シリコン膜がこの水分をギュッと閉じ込め、うるおい24時間持続させます。

出典:i-voce.jp

ノンケミカルでSPF50+「IT Cosmetics」

出典:www.itcosmetics.com

日本未上陸アメリカコスメブランドIt Cosmetics(イットコスメティックス)
IT(Innovative Technology)の名の通り、革新的な技術を使い、アンチエイジングに効果あり、ハイパフォーマンスかつお肌に優しいコスメで人気

アンチエイジング機能を強化しており、特にお肌に潤いを与え、毛穴やしわなどすべてのトラブルをカバーする効果があります。 また、ケミカルサンスクリーン不使用(ノンケミカル)ながら、SPF50+という高い日焼け止め効果があります。パラベンフリー。 私も使用していますが、とても軽いつけ心地なのに、とてもカバー力があり、お気に入りです。

出典:www.buyma.com

Your Skin But Better☆CCクリーム☆SPF50+
CHECK!

Your Skin But Better☆CCクリーム☆SPF50+

It Cosmetics イットコスメティックス

¥6,500

販売サイトをチェック

CCクリームの先陣TONYMORYは次世代CCへ!

出典:www.tonymoly.co.jp

韓国コスメから真っ先にCCクリームをリリースしたTONY MORY(トニーモリー)
流行の流れが速い韓国ブランドだけに、CCクリームも進化しています!
その名も「BCデーション」☆

「空気のように軽い空気ベース」 CCクリームの保湿&スキンケア効果+BBクリームの柔らかい使用感+ファンデーションのカバー力がひとつになった"空気のように軽いオールインワンベース"。微細ナノパウダー配合で優れた密着感、そして薄付きでもしっかりくすみや肌荒れ等の欠点を隠すカバー力。さらに水分カプセル+弾力カプセル+栄養カプセルにより肌の乾燥を防ぎ長時間崩れにくいベース。

出典:www.tonymoly.co.jp

ルミナスピュアアウラ CCクリーム
CHECK!

ルミナスピュアアウラ CCクリーム

TONY MOLY トニーモリー

¥1,900

販売サイトをチェック

ちなみにスザンヌさんはSK-Ⅱ(エスケーツー)のCCクリームをご愛用中だとか

出典:ameblo.jp

最近使い始めたSK-2のCCクリーム♡ 肌の調子も良く、日焼け止めにもなるし、このCCクリームにお粉でオッケーだからかなり時短♡お気に入りです♡

出典:ameblo.jp

自分に合いそうなCCクリームは見つかりましたか??
この他にも各ブランドからたくさん出ているので、愛用ブランドから手を出してみるのもいいかもですね!
ちなみに、BBクリームは塗って隠す、CCクリームは光でごまかす、なんだそう。
どちらもスキンケア成分が配合されているものが多いので、気分に合わせて使い分けるのも◎

naomi

EDITOR / naomi

関連するまとめ