【超厳選】美容マニアがオススメ♥実際使ってよかったCCクリーム
2018/06/22
21035 VIEWS

【超厳選】美容マニアがオススメ♥実際使ってよかったCCクリーム

Photo by:www.buyma.com

時短メイクのつよ~い味方、「CCクリーム」。韓国コスメやラグジュアリーコスメブランドからいち早くリリースされ、今では各ブランドの定番ラインアップのひとつに成長!でも種類がいっぱいありすぎてわからない~!!と、迷ってしまう方へ!!美容マニアたちが実際使っているCCクリームをご紹介♪

「CC」の意味はブランドによって様々!

コンプレックス コントロール/カラーコントロール/カラーコンディション/カラーチェンジなど、ブランドによって違うけど共通して言えるのはスキンケアもできる&肌色補正効果があるということ!
カバー力やツヤ肌、保湿成分高めなど、自分の肌に合ったCCクリームを見つけましょう♪

CCクリームといえば「CHANEL」

Talk women01

乾き知らずでオールシーズン使えます!テクスチャーは軽いしSPF50なので、夏場も安心です♪

ブランド力だけじゃないその実力に魅了される方も多いよう!
持っているだけでテンションの上がるパッケージも魅力◎
柔らかいクリームがすっと肌になじんで、自然にトーンアップさせてくれます。
それ一本でナチュラルなツヤ肌に..♡

光を味方に!ツヤ肌なら「クリニーク」

Talk women01

くすまず一日中明るい肌をキープしてくれます。友人に「なんか肌明るくなったね!」なんて言われたことも♡

クリニークのCCクリームは「カラーコレクト」の意味のCCです。光通過ビーズと呼ばれるラベンダー色の"ラワンデル ビーズ"が、光を様々な角度に反射するので均一の肌色が完成。
うるおいを重視した"モイスチャー サージ"シリーズのため、潤ったツヤ肌を持続させます。

使うたび肌がよくなる「ディオール」CCクリーム

Talk women01

みずみずしいテクスチャーで、とても使いやすいです。そういえば最近肌の調子がいいのはこのおかげ?使用してからどんどん素肌の透明度まで上がっていています♪

肌の上で白から肌色へと変化するユニークなフレッシュCCクリーム。カラー成分をカプセルに閉じ込めて配合することで、スキンケア成分が肌に届くまでカラー成分と混ざらず、鮮度高くフレッシュなまま解き放たれます。 紫外線から肌をしっかりと守りながら、自然なカバー力で、みずみずしくつややかな仕上がりを叶えます。

ノンケミカルでSPF50+「IT Cosmetics」

Talk women01

CCクリームといえば、カバー力よりもスキンケア効果重視というイメージを大きく覆してくれます!カバー力はファンデーションに劣らないので、急いでる朝も一本で十分!もう手離せません!!

A post shared by IT Cosmetics (@itcosmetics) on

日本未上陸アメリカコスメブランドIt Cosmetics(イットコスメティックス)。
このCCクリームはアンチエイジング機能を強化していて、特にお肌に潤いを与え、毛穴やしわなどすべてのトラブルをカバーする効果があります。また、SPF50なのにノンケミカル・パラベンフリーでお肌に優しいんです。

「イヴ・サンローラン」でパーフェクトスキンに!!

Talk women01

ファンデーションというか、コントロールカラー代わりに使用してます。とにかく顔色よく見せてくれて、色ムラやキメも整えてくれるのでかなり重宝します!

毛穴、シワ、シミ、色ムラ、くすみなどの肌悩みを瞬時に「色」で打ち消し、単なる肌色補整ではなく、するりと滑らかな極上のパーフェクトスキンに仕立てる、CCクリーム。スキンケアでありながら、メイクアップ効果をあわせもつ驚異の保湿力。

素肌がキレイなような仕上がりなら「SK-Ⅱ」

Talk women01

パール感のあるクリームが塗った瞬間肌を明るく潤いたっぷりにしてくれます!つけてるだけで日中もスキンケアしてるみたいな感覚♪

SK-ⅡのCCクリームはメイクではなくスキンケアに分類されるほどスキンケア効果が高いんです。軽くて伸びのいいつけ心地で、ピタッと密着。肌にうるおいを与えます。微細パールにより、内側から輝くようないきいきとした肌を実現します。

自分に合いそうなCCクリームは見つかりましたか??
この他にも各ブランドからたくさん出ているので、愛用ブランドから手を出してみるのもいいかもですね!
ちなみに、BBクリームは塗って隠す、CCクリームは光でごまかす、なんだそう。
どちらもスキンケア成分が配合されているものが多いので、気分に合わせて使い分けるのも◎

いかがでしたか?

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

naomi

EDITOR / naomi

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧