30歳の悩みは万国共通!?大ヒット中国ドラマ『三十而已(Nothing But Thirty)』が気になるワケ
2020/08/21
1596 VIEWS

30歳の悩みは万国共通!?大ヒット中国ドラマ『三十而已(Nothing But Thirty)』が気になるワケ

Photo by:www.instagram.com

専業主婦、結婚せずにキャリアを磨く女性、既婚でまだ子供のいない女性。三者三様の30歳を描いた中国ドラマ『三十而已(Nothing But Thirty)』。7月から放送開始したばかりですが、すでに大ヒット!”30歳”という数字に悩まされる女子は万国共通?!

『三十而已(Nothing But Thirty)』

あらすじ

主人公はそれぞれ違った境遇にある3人の30歳の女性。3人は「専業主婦」、「未婚でキャリアを磨く女性」、「既婚でまだ子供のいない女性」。”30歳”という節目になる年に、女性が抱える悩みや葛藤をそれぞれの立場から描いている、今大ヒットしているドラマなんです!

Talk women02

実際アラサーとなると、それまで同じ環境だった学生からの友人も、結婚や仕事、子育てなど違った境遇に。かつてのように話が合わなくなったり難しい岐路に立たされることも・・・。

主要登場人物

【専業主婦:顾佳(董瑶)】
顧佳は元々はキャリアウーマンだった彼女は夫と共に起業したが、仕事をやめて専業主婦になった女性。子供をエリートに育て上げることを誓い、名門幼稚園に子供を合格させるためにあらゆる手を尽くしている。Weibo(中国版Twitter)では、良妻賢母の理想の女性として絶大な支持を得ているが・・・。

【未婚でキャリアを磨く女性:王曼妮(江疏影)】
上海にやって来て8年、高級ブランドショップの店員としてキャリアを築いている。両親には早く結婚するよう急かされているが、今のところ予定はない。仕事では気丈に振舞っているが、恋愛面ではピュアで理想を持っていて・・・。

【既婚でまだ子供のいない女性:钟晓芹(毛晓丹)】
上海生まれ、上海育ちの彼女は仕事でキャリアを築きたいといった向上心はなく、仕事も結婚後の家庭も至って普通。しかし想定外の妊娠によって彼女の結婚生活は一変。妊娠を知った夫が真っ先にした提案はなんと・・・。

この3人が知り合い、大親友となってストーリーが展開していきます!

話題となった豪華絢爛なファッション

Talk women01

登場人物は身につけるハイブランドのファッションが話題を呼び、中国ではエルメスブームが湧き起こるなど、その影響力は絶大。

▼特に話題を呼んだシーンがこちら。顾佳がある奥様会に参加すると、彼女以外全員がエルメスを持っていたのです。ずらっと並んだエルメスが話題に。ちなみに彼女が持って行ったのは2017年のシャネルのバッグ。(顾佳は一番左)

▼顧佳のお気に入りブランドとして度々登場するディオール。ドラマの中ではバッグだけでなく、洋服も登場。見ているだけでも楽しい♪

▼ブランド店勤務らしいスタイリッシュな王曼妮は腕時計にもこだわりが。ドラマの中では度々モンブランの腕時計が登場。なかなかレディースでモンブランをつけている人はいないので、意外とかぶらなくて狙い目かも!

▼ハイブランドだけじゃない!時にはプチプラも。顧佳が追っているバッグはチャールズアンドキース。他にもフルラが登場したり、手に届きやすいブランドも度々登場。

”30になったら・・・”名言が納得!

Talk women03

ドラマの中で度々出てくるセリフが名言すぎる!と話題に。アラサー女性たちのバイブルとなっています。

「ハタチの頃ならデザイン重視だけど、30になったらクオリティにこだわるべき」

これは王曼妮が高級な靴を買おうとした時に、知人の店員からS級のコピー品を紹介しようかと言われ、「買うなら本物よ」と断ると「この靴1足でいろんなデザインの靴を3、4足買えるのに」と言われた時のセリフ。

「30になって気づいたけど、恋愛するのが何より美容にいいのよね」
これは女子学生たちがまだ22にも関わらず、年をとるのを憂いて化粧品にお金をかけているという会話が聞こえてきた時に王曼妮の行ったセリフ。

他にも、思わず「確かに!」とうなずける名言が多数登場。あらゆる境遇にいるアラサーにお勧めしたい今注目の中国ドラマです。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Shoko

EDITOR / Shoko

インターネット広告代理店を退職後上海に移住。海外旅行が生き甲斐のアラサー。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧