一つ置くだけでアートな空間に♪「オブジェ」のある暮らし
2020/09/07
1293 VIEWS

一つ置くだけでアートな空間に♪「オブジェ」のある暮らし

Photo by:www.instagram.com

なんだかインテリアがさみしいんだよね…と感じた時にぜひ取り入れて欲しいのが「オブジェ」!模様替えやお部屋のインテリアテイストを変えなくても、お部屋の印象を大きく変えることができちゃいますよ。世界のインテリアから、オブジェのある暮らしを少しチェックしてみませんか?

オブジェを生活に取り入れてみませんか?

なんだかインテリアが味気ないな…と感じた時にぜひ使いたいのがオブジェ。
インテリア性のあるアイテムで、飾るだけでお部屋の雰囲気を大きく変えることができるアイテムです。

インテリアのアクセント付け、鑑賞目的でデザインされたもの=オブジェとされていますが、近年ではペーパーウェイトやキャンドルホルダー、間接照明などもオブジェとして楽しめるようなおしゃれなものも多く登場しています。必需品ではありませんが、置くことで余裕のあるおしゃれなインテリアを演出することもできますよ。

Talk women01

今回は、オブジェの取り入れ方や素敵な実例をご紹介していきます♪

オブジェの基本の飾り方

Talk women01

オブジェと聞くとなんだかハードルが高いイメージを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、飾る際の法則を覚えておけばどなたでもオブジェを自然にディスプレイすることができますよ。どんなルールがあるのでしょうか?

三角置き

複数オブジェを並べる際に使う方法。
中心に背の高いもの、両脇に背が低めのものを並べます。各アイテムの頂点を線で結ぶと三角形になるようなイメージです。二等辺三角形でも正三角形でもOKですよ。

中央の一番背が高いアイテムを一番目立たせたい場合は、両脇に特に背の小さいものを飾るのがおすすめ。コントラストを強めたくない場合は、あまり高低差を出さないようにするとベターです。

シンメトリー置き

両脇に同じようなデザインのものをおく、左右対称なディスプレイ方法。もっともオーソドックスかつ簡単なディスプレイ方法でもあります。シンメトリーに並べるだけで「ただ並べてみました感」が払拭され、おしゃれに見えますよ。

同系色のものを複数並べる場合は濃淡・素材感を変える

好きな色味のものを複数飾りたい!という時は、それぞれ素材やトーンが異なるもので集めてみるのがおすすめ。それぞれのオブジェがより生き生きして見えますよ♪

ぎっちり並べすぎない

スペースいっぱいにオブジェを並べまくるのはNG。
ただ並べた感が出ておしゃれに見えないだけでなく、それぞれのオブジェが引き立たない、数によっては散らかって見えるなどデメリット満載です。広めのスペースを確保し、1つ目立つものを置いてみる、シンメトリーに飾ってみるといった方法がおすすめ。

オブジェのある素敵な空間をのぞいてみよう

Talk women01

先ほどご紹介した飾り方をふまえて、ここからはオブジェのある海外の素敵なお部屋・空間をみていきましょう♪

大黒様のようなオブジェを置いたナチュラル空間。
大黒様もランプシェードも、プラントポットも同じようなカラーですが、それぞれ素材や色味が異なっているため、空間に奥行きと立体感が演出されていますね。

大きなオブジェをテーブルに大胆にディスプレイした空間。
インパクトのある大きさですが、空間カラーに馴染んでいるので自然に馴染んで見えます。

こちらも、色味をほぼ統一したオブジェたち。
専用棚に並べてディスプレイするとコレクション感が出てしまいがちですが、間隔をあけてオブジェ以外のものもディスプレイすれば自然な印象が演出できますね。

こちらは色味だけでなくオブジェ同士のテーマも「動物」「自然」で統一された空間。統一されたテーマがあれば、オブジェ同士にもストーリーが感じられそうですね♪

おすすめオブジェ

こちらは、オブジェ同士の素材を統一してディスプレイしている空間。
ナチュラルな木目が美しいオブジェがうまくキャビネットボードに溶け込んでいます。家具の色味に合わせたオブジェの選び方も良いですね。

おすすめアイテム

フラワーベースを中心としたディスプレイ。
あえて無機質な見た目のシェルフに重厚感あるメタルのオブジェをおくことで、よりコントラストが強くなっています。それぞれ大きめのオブジェですが、色味と質感がまとまっているのもポイント。空間にさりげないアクセントを添えています。

おすすめアイテム

こちらは壁面にオブジェをディスプレイした空間。
ウォールデコとしてオブジェを楽しめるので、狭めの空間にお住いの方でもスペースを気にせず空間装飾を楽しむことができます。藤のウォールデコは、ボーホーインテリアやナチュラル系インテリア好きさんの間でも人気。ウッドをはじめとした家具の質感とも相性が良いのも魅力です。

Talk women01

ウッド、藤のウォールプレートだけでなく、シェルやメタル、ファブリックのウォールプレートもありますよ。

おすすめアイテム

こちらは余白を存分に生かしたミニオブジェのある空間。
壁面に影のように佇む、飛べない鳥・キウイのシルエットがとても美しいですね。あえて余白を多く作ることで、より洗練された壁面ディスプレイが完成しています。

おすすめアイテム

オブジェで生活空間をアートな空間に♪

お部屋をさらに洗練された空間に仕上げてくれる「オブジェ」の取り入れ方や飾り方を実例とともにご紹介してきました。お部屋にオブジェを取り入れることで雰囲気も変わり、空間イメージも格段にアップしますよ。

お部屋に味気なさを感じている方や、模様替えは面倒だけどお部屋イメージを変えたい、という方はぜひオブジェを取り入れてみてはいかがでしょうか♪

Buymaでおしゃれなオブジェを探す♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧