【STYLE HAUS編集部のコレ気になる】名品カムバック!BALENCIAGA(バレンシアガ)『ネオクラシック 』の華麗なる進化
2020/09/10
1643 VIEWS

【STYLE HAUS編集部のコレ気になる】名品カムバック!BALENCIAGA(バレンシアガ)『ネオクラシック 』の華麗なる進化

Photo by:www.instagram.com

おしゃれ・コスメ大好きでミーハーなSTYLE HAUSの編集スタッフが、日々のリサーチで見つけた気になるアイテムや、一目惚れしたブランドをご紹介。今回は華麗に進化したBalenciaga(バレンシアガ)のアイコンバッグ・『Neo Classic(ネオ クラシック)』ご紹介します。

華麗に進化したアイコンバッグ!

Talk women01

このバッグ一度は見たことありませんか!?

2000年初頭に、エディターや数多くのファッショニスタを虜にした『クラッシックバッグ』!私も持っているなんて方も多いバッグではないでしょうか。

その人気の高さから、Balenciaga(バレンシアガ) のアイコンバッグとなった『クラッシックバッグ』ですが、20周年を記念しアップデートされた『Neo Classic(ネオ クラシック)』が、販売となり話題となっています♡

エディターズバッグといえば、働く女性を中心にマストハブなアイテムとして今では当たり前な存在。書類や荷物の多いファッション誌の編集者達が重宝するバッグという触れ込みは、当時は斬新で、この『クラッシックバッグ』が脚光を浴びたことでエディターズバッグが多く知られるようになりました。

パッと見のシンプルさからは意外に、象徴的なディティールを多く富み、大きめのフロントポケットや数箇所にバランスよく配置された上品なスタッズ、ジップにつけられたレザーのドローコードなどなど、これだけの要素を多く含みならが、上品かつエッジィに仕上がっているところは、Balenciaga(バレンシアガ)が成せる技で、デザインの偉大さを感じます!

アイコンバッグと称されることだけあり、ゆえに定番となった逸品です。

そんな逸品をベースにディテールなどを刷新し、登場したのが『Neo Classic(ネオ クラシック)』!

新たなサイズ感と再考されたプロポーション、よりコンテンポラリーなデザインでお目見えした『Neo Classic(ネオ クラシック)』。ボンディングされたナッパラム素材のライニングを使用し、シルエットは以前よりシャープになっています。

Talk women01

不朽の名品のアップデートは、まさに鬼に金棒! 新作バッグで、あなたのコーデもアップデートしてみましょう♪

Lサイズ

サイズ

幅54cm x 高さ34cm xマチ24cm

仕様

手編みのレザー トップハンドル x 2
内側 フラットポケット x 1

Talk women01

まさにエディターズバッグの名に相応しい、大容量!A4サイズの書類は勿論、パソコンなども収納できるサイズは働く女性の為のバッグです♡

Sサイズ

サイズ

幅33cm x 高さ21cm xマチ15.5cm

仕様

手編みのレザートップハンドル×2
調節および取り外し可能なレザーストラップ(104cm)
内側 フラットポケット×1

Talk women01

長財布や、カードケース、コスメ用のポーチなど、必要最低限のものが収まるサイズで、程良い容量を収めてくれます!

ミニサイズ

サイズ

幅22cm x 高さ14cm xマチ11cm

仕様

フラップ付き内ポケット1つ
調節および取り外し可能なレザーストラップ(104cm)

Talk women01

バッグはミニ派の方におすすめ! 小さくても存在感抜群で、シャープなスタイリングにぴったりとハマります♡

いかがでしたか?

発売以降、Balenciaga(バレンシアガ) のアイコンバッグとして多くの人を魅了してきた『クラッシックバッグ』。ルックスだけでなく機能性も抜群だったゆえに、定番バッグとなりました。そんなバッグがアップデートし生まれた、『Neo Classic(ネオ クラシック)』は、またもやBalenciaga(バレンシアガ) の歴史に名を刻む逸品となることでしょう。

注目の要チェックアイテム。是非この機会にチェックしてみて下さいね♡

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

y-Tizam

EDITOR / y-Tizam

バイヤー兼ライター
海外セレブ・海外ファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧