クラシックな魅力を前面に。「ハンティングジャケット」で創る秋コーデ
2020/10/03
1367 VIEWS

クラシックな魅力を前面に。「ハンティングジャケット」で創る秋コーデ

Photo by:www.instagram.com

レトロかつクラシカルな魅力を持つ「ハンティングジャケット」は、秋から初冬のアウターとして便利な一着です。今回は、羽織るだけで独特の雰囲気を演出できるハンティングジャケットコーデをご紹介します。

ハンティングジャケットの特徴

狩猟中に使用することを目的として考案されたハンティングジャケット。狩猟の種類によって「ライディングジャケット」や「シューティングジャケット」など多くのタイプが存在し、用途に合わせて特徴的な加工が施されています。代表的な加工は以下の通りです。

【ガンパッチ】
銃を肩に乗せるために補強された当て布。

【エルボーパッチ】
肘を補強するために施された当て布。

【ゲームポケット】
狩猟で仕留めた獲物を収納するためのポケット。脇や背面に作られることが多い。

他にも時代やブランドによって様々な加工やデザインが存在します。

ハンティングジャケットのコーディネート

現代では、狩猟用のハンティングジャケットをファッションアイテムとしてタウンユース用にアップデートしたモデルが多数存在します。生地やデザインによって、トラッドテイストやワークテイストに着こなすことができます。

ワークテイストに着こなす

労働者の作業着をファッションアイテムとして昇華するワークスタイル。ハンティングジャケットは狩猟用の作業着であるため、本来のスタイリングといえます。同じワークアイテムであるデニムやカーゴパンツとの相性は抜群です。

ただし、ワークスタイルにハンティングジャケットを使用する際は、全身がワークアイテムにならないよう注意が必要です。全身ワークスタイルは野暮ったく見えるもの。ポイントでフォーマルなアイテムを取り入れてバランスを取りましょう。

トラッドテイストに着こなす

大人っぽさを強調したい場合は、トラッド風に着こなすコーディネートがオススメです。インナーにニットや襟付きのシャツを合わせることで、落ち着いた印象を与えることができます。テーラードタイプのハンティングジャケットを選べば、よりトラッド色を押し出すことができるでしょう。

また、全体の雰囲気を統一するためにタイドアップや足元の革靴など、小物の合わせ方を意識することも大事なポイントです。

代表的なブランド「Barbour(バブアー)」

ハンティングジャケットを初めて着る上でオススメのブランドです。

Barbour

イギリスで生まれたブランド「Barbour」。雨風を防ぐために表面をオイルで加工し、撥水性を高めたオイルドジャケットが有名です。ハンティングジャケットを扱うブランドとして世界的に支持されている老舗であり、国内にも直営店が存在します。

ワイルドクラシックな一着を

いかがでしたか? アウターは秋口から初冬にかけて選択肢が多く悩みがちです。そんな時はハンティングジャケットを候補に入れてみてはいかがでしょうか? 日々のコーディネートに新たな選択肢が加わりますよ。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧