コンパクトな「ローテーブル」はこんなにも便利!形別に活用方法をチェックしよう✔
2020/10/04
1593 VIEWS

コンパクトな「ローテーブル」はこんなにも便利!形別に活用方法をチェックしよう✔

Photo by:www.instagram.com

ローテーブルといえば、リビングでソファとセットで使うことが多いアイテム。ですが、実は使い方によっては空間の広さ問わず小回りが利く便利アイテムでもあります。そこで今回は、空間をより便利に使うためのコンパクトなローテーブル活用方法を天板の形別にご紹介していきます♪

ローテーブル、実は色々活用しがいがあるんです

使っている方も多いであろうローテーブル。
リビングで使うことが多いことから「リビングテーブル」、リビングの真ん中に置くことが多く「センターテーブル」とも呼ばれているアイテムです。そんなローテーブルですが、リビングのテーブルとして置くだけでなく、色々な使い方ができるアイテムなんです。

Talk women01

どんな使い方ができるか、チェックしてみましょう!

正円・正方形テーブルの場合

正円型や正方形型のテーブルは、お部屋の中心に置くのはもちろん、お部屋の角でも使いやすいタイプ。どんな使い方ができるのでしょうか?

パーソナルチェアと組み合わせてくつろぎスペース作りに使う

お部屋の中心に複数並べるのも良いですが、一つピックアップしてチェアと一緒に使うのにもおすすめのテーブル。写真のようなミニサイズのものなら、ちょっとしたおやつプレートやマグカップもすっきり置けます。正方形テーブルなら、お部屋の壁際に置けばさらに省スペースに。パーソナルスペースを作りたいと考えている方におすすめです。

Talk women01

おやつやカフェをチェアに座って楽しむ場合は、床からテーブル天板までの高さが55cm〜65cmほどのテーブルを選んでおくと良いでしょう。ある程度高さがあるものを選ぶことで、ものを取る際に体勢を大きく変える必要がなくなります。

おすすめアイテム

コーナー用・すき間スペース用ディスプレイボードとして使う

置き場所に悩んでいるオブジェや観葉植物はありませんか?置き場所に悩んだら、あえてテーブルをディスプレイボードとして使ってみるのはいかがでしょうか♪これなら、場所もさほど取らずディスプレイアイテム専用スペースを作ることができます。ローテーブルを使えば、迫力のあるディスプレイアイテムを置いても、お部屋に圧迫感を与えません。

おすすめアイテム

複数並べてネストテーブル風に

デザインが似たものや、同じデザインでも高さが違うテーブルを2つ並べて置いてみると、ネストテーブル(高さ違いの同デザインテーブルセット)のような仕上がりが楽しめます。円形天板のテーブルなら、天板が四角いものよりも圧迫感が少なく、ユニークなシルエットを楽しむことができますよ♪

Talk women01

ソファに座ってくつろぐ際にローテーブルを使う際は、床から天板までの高さが40cm〜50cmのテーブルを選ぶのがおすすめ。ソファとの高さバランスがもっともマッチしている高さで、他エリアからソファエリアを見た際にソファ周辺がより整って見えますよ。

ベッドサイドテーブルとして使う

ベッドの高さにマッチした高さのテーブルなら、ベッドサイドテーブルとして使うこともできます。収納付きのものがあれば、さらにベッド周りも片付きますね。

長方形テーブルの場合

机上に色々置けるだけでなく、ロングソファにも合わせやすいため、ローテーブルの中でも特に人気が高いのが長方形タイプ。他の場所で使うとなるとやや場所を消費しがちですが、天板がガラスなどで作られているクリアタイプやスリムのものを選ぶとリビング以外でも使いやすいですよ。

植物のディスプレイボードとして使う

先ほどご紹介した丸テーブルよりも横幅を取れる長方形テーブル。
こちらのように、幅広でスリムなものなら、プラントポットやフラワーベースなどを横に多く並べることができます。テーブルを日当たりの良い場所に置いておけば、どの植物にも均等に日光を浴びさせることができますね。

おすすめアイテム

ミラーをつけてドレッサーに

壁に向かってテーブルを配置し、その上にミラーも立てかけるとロータイプのドレッサーテーブルの出来上がり。リビングテーブルなら低めかつ圧迫感も少ないため、ドレッサーを置きたいけど場所が狭くなるのはちょっと…とお悩みの方におすすめの使い方です。

Talk women01

床座の場合、テーブルは床から天板までの高さが30cm〜40cmのものを選んでおくと使いやすいです。

おすすめアイテム

Talk women01

テーブル下にフィットするバスケットでコスメや小物類を整理するのもおすすめ!

ネストテーブルの場合

ネストテーブルは、2つ〜3つの異なる大きさ・高さのテーブルがセットになったテーブル。ずらして使うと幅調整ができるだけでなく、それぞれ別の場所でミニテーブルとして使うこともできます。

入れ子式で省スペース♪おしゃれな「ネストテーブル」をおうちに迎えよう

ディスプレイボードとして使う

こちらは四角いネストテーブルを活用した空間。
他のテーブルでもディスプレイスペースとして活用させることは可能ですが、こちらのようにコンパクトなテーブルたちをあえてランダムに並べることで、ショップ風のディスプレイスペースを楽しむことができます♪それぞれ高さが違うので、目立たせたいアイテムをどこに置くか考えるのも楽しいですよ。

おすすめアイテム

ソファのサイドテーブルとして使う

並べることもできるネストテーブルは、もちろん一番大きなテーブルに全てスライドさせて収納することも可能。こちらのように、全て収納してソファサイドに置いておけば、サイドテーブルとして活用することもできますよ。

形別に用途を考えて、もっと空間を便利に

天板の形別に、リビングテーブルのおすすめの活用方法をご紹介してきました。
リビングのソファとのセットアイテムとしてテーブルを使うだけでなく、くつろぎタイムのお供やドレッサー、ディスプレイボードなどあらゆる用途で活用させることが可能に。少し視点を変えてみて、ご自宅のリビングテーブルを新たな場所で活躍させてみませんか?

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧