実はどのインテリアにも合うんです♪垢抜けカラー「コッパーカラー」を取り入れてみよう
2020/10/15
755 VIEWS

実はどのインテリアにも合うんです♪垢抜けカラー「コッパーカラー」を取り入れてみよう

Photo by:www.instagram.com

インテリアにメタリックアイテムをプラスすることで、お部屋に立体感やアクセントを加えることができます。そのメタルカラーの中でも特に空間に抜け感を作ってくれるのが「コッパーカラー」(銅)♪お部屋の雰囲気を少し変えてみたい方におすすめの素材です。どう合わせると良いのでしょうか?

クールにもキュートにもまとまる素材:コッパーはいかが?

お部屋のアイテムとして取り入れる素材といえばゴールドやシルバーが多いかと思います。でも、クールに決まりすぎたりモード感が出てしまう、光沢が妙に気になる…といった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、ローズゴールド系カラーのコッパー!
コッパーは「銅」を表す言葉で、コッパーカラーのアイテムをお部屋に取り入れることで、なんともいえない温かみをお部屋にプラスすることができますよ。

コッパー(銅)ってどんな素材?

コッパー(銅)は、もともと私たちの周りのさまざまなシーンで使われている金属素材。
素材自体が柔らかく加工しやすいため、さまざまなアイテムに形を変えています。銅本来の色は赤色ですが、他の合金をミックスさせることで真鍮色やローズゴールド、ピンクゴールドなどトーンや色味を変えることができる素材です。

一般的なゴールドやシルバーよりも色味が深めで、比較どのインテリアにも合わせやすいのがコッパーカラーアイテムの最大の特徴。モダンからナチュラルまで、あらゆる空間にそっとなじんでくれますよ。

コッパーカラー、どう取り入れるべき?

Talk women01

コッパーカラーは、スタイリッシュかつ温かみのある色味。インテリアにどう取り入れると良いのでしょうか?ここから、おすすめの取り入れ方をインテリア実例とともにご紹介していきます♪

照明に取り入れる

まずおすすめしたいのが、照明としてコッパーカラーを取り入れること。
ちょっと渋すぎるかな?と感じたら、写真のようなローズゴールド系カラーを取り入れておくと、照明周りをフェミニンな印象に演出できます。

男前風のインテリアにコッパーの照明を合わせた空間。
無骨になりがちな男前風インテリア(ブルックリンインテリア)ですが、コッパーの照明を取り入れることでより温かみのある空間に。

グレーなど寒色系の壁にもぴったり合うコッパー。
寒々しく感じがちな色味のお部屋に一つ投入するだけで、フェミニンでクラシカルな空間が仕上がります。

コッパー脚の家具を取り入れてみる

木製×金属など、異素材コンビの家具も人気ですよね。
コッパーカラーやローズゴールド、ピンクゴールドなどの脚を取り入れた大型家具も多くありますよ。メタル脚の家具は、大型家具特有の圧迫感が軽減され、華奢感がプラスされるのが魅力。こちらのようにコッパーカラーの脚のものならフェミニンさもプラスされます。

コッパーカラーのメタルでできたチェアも人気。
こちらのような北欧系モノトーンインテリアに投入してみると、大きなアクセントとしても機能しますね。

木目が際立つラスティックなインテリアにコッパーチェアを取り入れたクールな空間。木目のカラーとマッチしており、テーブルの重さに対して軽さも感じられる好バランスな空間にまとまっています。

こちらはコッパーカラーのシェルフやチェアなど、複数のアイテムをコッパーカラーでまとめた空間。同じトーン・質感のものでまとめれば、メタル素材特有のピカピカ感も気になりにくくなります。

おすすめアイテム

卓上小物に取り入れる

メタルアイテムを初めて取り入れる方に特におすすめなのが、小物にコッパーカラーを取り入れる方法。トレイやバスケット、キャンドルなど、小物を中心にお部屋に散りばめてみると取り入れやすいですよ。

メタリックなミラー×コッパーのゴージャスなトレイは、一つあるだけでサイドテーブルやデスク周りの空間イメージを華やげてくれるアイテム。彩りが足りないなと感じたら、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか♪

おすすめアイテム

殺風景になりがちなデスク周りを、華やかなコッパーカラーでまとめてみるのも良い方法ですね。フェミニンなカラーなので、こちらのようにメイクデスク周りの小物をコッパーカラーやローズゴールドでまとめると、メイクアイテムもよりゴージャスに演出できそうです♪

おすすめアイテム

ウォールデコとして取り入れる

よりコッパーアイテムの存在感を強めるなら、コッパーカラーのウォールデコアイテムを選んでみるのもおすすめ。光に反射して、温かなきらめきも楽しめますよ。壁だけ目立ちそうな場合は、こちらのようにキャンドルなどの小物にもコッパーカラーを取り入れておくと浮きません。

おすすめアイテム

壁面にさりげなく、コッパーフレームのミラーや薄いコッパーカラーのウォールデコをあしらったベッドルーム。全体の色味がコッパー系で統一されているため、ゴージャスさと明るさ、上品さが感じられる空間に仕上がっています。

おすすめアイテム

コッパーカラーで空間に抜け感と温もりを

独特の温もりと色味が醸し出すフェミニンさがたまらない「コッパーカラー」アイテムの魅力やインテリアに取り入れるポイントをご紹介してきました。コッパーは反射した時のきらめきも控えめで美しく、お部屋に一つ取り入れるだけで美しさと上品さをプラスすることも可能です。お部屋の印象を変えたい方は、ぜひコッパーカラーのアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか♪

あなたにオススメの記事はコチラ!

インテリアに関するまとめ記事をもっと見る


お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧