Lily James(リリー・ジェームズ)主演! Netflix新作「レベッカ」を観る前に知っておくべきこと。
2020/11/02
593 VIEWS

Lily James(リリー・ジェームズ)主演! Netflix新作「レベッカ」を観る前に知っておくべきこと。

Photo by:www.instagram.com

「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」や「シンデレラ」で大ブレイクしたイギリス人女優リリー・ジェムーズが主演のネットフリックス最新作『レベッカ』(Rebecca)。今回は観る前にぜひ知っていただきたいことをまとめてみました♡

2020年10月21日にNetflixで配信開始となった新作映画「レベッカ」。Lily James(リリー・ジェームズ)主演に「君の名前で僕を呼んで」で大ブレイクした俳優Armie Hammer(アーミー・ハマー)も出演。観る前にぜひ知っていただきたいことを紹介していきます。

物語の原作

映画『レベッカ』(Rebecca)は、1938年に発表されたイギリス人作家【ダフニ・デュ・モーリエ】作の小説が原作となっています。NETFLIX限定で公開されているリリー・ジェームズ主演の映画は実はリメイクで、1940年にアルフレッド・ヒッチコック監督、ジョーン・フォンテイン主演で一度映画化されています。

「レベッカ」はどんな物語?

「レベッカ」の物語は新婚夫婦を中心に進んでいきます。主人公の「わたし」はヴァン・ホッパー夫人の付き人として、フランスのリビエラを訪れ、そこでイギリスの大金持ちであるマキシムと出会い、2人は恋に落ちます。出会って間もないふたりだが、すぐに結婚を決意し、「わたし」はマキシムの後妻として、イギリス・マンダレーにある彼の大邸宅に暮らすことになる。以前から前妻「レベッカ」の使用人で邸宅を仕切るデンヴァース夫人にはなかなか受け入れてもらえず、「わたし」は精神的に追いつめられていく。

この本はロマンスのジャンルとしてされているが、心理的な恐怖を感じさせるはっとさせられるような場面が多いです。アルフレッド・ヒッチコック監督の最初のアメリカの作品としても広く知られています。

Netflixの最新版はヒッチコック監督の作品とどう異なる?

1940年代のハリウッドの「基準」はとても厳しいものでした。映画にするためには、どんなキャラクターも表現方法の範囲が狭く、原作になるべく近く表現できるようにするかはとても難しいものでした。そのため1940年に公開されたヒッチコック監督の映画「レベッカ」では、レベッカへの執着が性的なものであったダンバーズ夫人のキャラクターの表現は抑えられていましたが、ヒッチコック監督は死んだ女性のランジェリーをフィーチャーしたシーンのみをみせることで、本来演出したかったキャラクターの表現に成功しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?映画「レベッカ」は思っていたよりも歴史が深い物語です。ただの素敵な恋愛映画ではありません。物語自体も不気味で、様々な観点で驚きを感じますが、これが1938年に書かれたことを頭の片隅において、Netflixにて配信中の「レベッカ」をぜひご覧になってみてください。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

EMI

EDITOR / EMI

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧