マスクで美人度3割UP!顔上半分を「メリハリ彫り深」に見せるメイク
2020/11/03
3325 VIEWS

マスクで美人度3割UP!顔上半分を「メリハリ彫り深」に見せるメイク

Photo by:www.instagram.com

マスク時代は顔上半分が勝負!顔色が悪く見えたり平面顔に見えがちなマスク時は、いつものメイクをちょっと見直してみて。今回は、マスクをしていても印象的な目元やはっきりとした骨格が作れるメイクをご紹介します。

マスクでもキレイに見せたい♡

マスク生活となり、お化粧のしがいが無い…と手を抜きがちになっていませんか?
マスクをしているからこそ、顔上半分こそ印象を左右する勝負ポイント!
マスクをしても“映える”メイクにシフトしませんか?

マスクをしていると表情が見えづらい上、華やかさの主力であるリップも見えずのっぺり見えしてしまいがち。マスク映えメイクでは「彫りの深い3Dフェイス」を目指しましょう!

シャドウ&ハイライト

眉下の三角ゾーンにシャドウ

アイメイクはしっかりしているのに、不自然になるから…とノーズシャドウを入れない人、本当にもったいない!

眉から鼻の付け根にかけた「くぼんだ三角ゾーン」に、眉下から自然に繋げるイメージでシャドウをON。ブラシでしっかりと眉頭からブレンディングしていきましょう。

Talk women01

アイホール用のシャドウや、アイブロウパウダーの薄い色をノーズシャドウとして使うのがおすすめ。色の繋がりを持たせることで、色浮きを抑えて自然な印象に。

ハイライトはちょこん乗せ

鼻筋に縦長に入れるのは古臭く不自然なので、ここではNG。目と目の間のいわゆる「鼻根」にちょこっとハイライトをオンすれば、自然でフレッシュな印象に仕上がります

スキンケアしたての自分の顔を観察してみてください。鼻根のすぐ横、目頭のあたりもウルッと光っていませんか?その部分、実は影にするより光を入れたほうが骨格が自然に強調されて見えるんです!

Talk women01

目頭のすぐ横~鼻の側面あたりをCを描くようにハイライトを乗せて!

アイシャドウ

上まぶたは「骨」を意識!

がっつりグラデーションアイは今っぽさ半減なのでガマンして。使用するのはくすみ系のシャドウが1色のみでOK。色を乗せるというより、目の彫りを削っていくイメージで影を作ります。
塗る範囲は目のくぼみ全体に、自分が思っているよりも大胆にぼかしていくのが正解。

Talk women01

どこまで入れればいいか分からない人は、まぶたを手で押して触ってみて!アイホールの「骨」の部分が入れるべき範囲です。

下まぶたこそ主役と心得て

下まぶたはギャルっぽくなるから手を加えない、という方もいるかもしれません。実は下まぶたは大人女性こそ大事なパーツ。目を拡張して見せるだけでなく、気になるクマやくすみから目をそらし、澄んだ白目を演出してくれる若見せ効果があるんです。

上まぶたに使用したくすみ系カラーを薬指にのせ、優しくスライドさせるように涙袋全体に乗せて。ラメはがっつり乗せず、下まつげを繋げるイメージでキワのギリギリに引いていくと、瞳の輝きが際立ちます。

チーク

どうせマスクで隠れる…とチークレスで過ごしていませんか?チークは血色感をつくるだけでなく、きゅっと上がった若々しい頬を演出したり、骨格をはっきりさせる効果もあるため、顔色が悪く見えがちなマスクメイクに欠かせない工程です。

いつもならハイライトを乗せる部分、いわゆる「こめかみから頬骨にかけてのCゾーン」に勾玉型に入れて、マスクからチラ見せさせてみて。アイメイクとチークがつながっているようなイメージで、境目をしっかりとブレンディングすると頬のリフトアップ効果も高まります!

Talk women01

上からハイライトを重ねるのもいいけど、元からハイライト効果のあるパール入りチークを選ぶと時短な上にマスク崩れも防げて一石二鳥!

アイブロウ

肌やリップが見えない分、きちんと感や清潔感、ひいては美人度をいちばん左右するのが眉。薄かったり、眉尻が消えていると一気にだらしない印象になるので、最も手を抜けないパーツです。

眉尻は太くしない

今は太眉が主流ですが、眉尻ははっきりと細くまとまっていた方が横顔が美しく見えます。太くぼやかさず、ペンシルできゅっと鋭く、細く描く意識をしてみましょう。

眉下の間延びを撃退!

眉の下がぼやけていると、目と眉の距離が間延びして平面顔に見えがち。ペンシルや、パウダーを山形ブラシで取りはっきりと眉下ラインを書き、スクリューブラシでぼかしていきます。

Talk women01

ちなみに眉マスカラは、立体感を印象づけるために使いましょう!無色のアイブロウジェルや、眉マスカラをティッシュオフをしたものを、毛先を立たせるように付けていきます。

マスクでもこんなにメイクは楽しい!

マスクだからこそ映える、彫り深メイクをご紹介しました。いつものメイクに+αのテクニックを加えるだけで、ぐっと印象的な顔立ちが叶います。ぜひ明日のメイクに取り入れてみてくださいね♡

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AYA

EDITOR / AYA

女性らしさと個性を大切にする貴女へ、ワンランク上の装いをお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧