保温性に直結!ダウンジャケットは中身の品質で選ぼう
2020/11/26
3434 VIEWS

保温性に直結!ダウンジャケットは中身の品質で選ぼう

Photo by:www.instagram.com

真冬の代表的アウター「ダウンジャケット」は、値段やクオリティも様々です。ダウンジャケットの品質はほぼ中身のダウンによって決まります。今回は、そんなダウンの品質についてご紹介します。

ダウンの中身って?

ダウンの中身には水鳥の羽毛が使用されています。「ガチョウ」と「アヒル」から取られたグースダウンとダックダウンが最も一般的です。水鳥の羽毛には「ダウン」と「フェザー」の2種類があり、ダウンは保温性が高い綿毛、フェザーは羽根の形状をしている羽毛です。

一般に市販されているダウンジャケットには、ダウンとフェザーの両方が使用されます。ダウンには保温性、フェザーには弾力性があり、それぞれの長所を活かすために一定の比率で混入されているわけです。比率はダウン70~80%、フェザー20%~30%程度であることが多いでしょう。

ダウンの暖かさ「フィルパワー」

ダウンの保温力は「フィルパワー」という単位で表されています。正確には反発・復元力を表すフィルパワーは、圧力に対して反発する際に空気を含むことで保温性を産みます。フィルパワーが強いダウンであれば高品質で保温性に優れたダウンといえます。

ダウンのフィルパワーは600~800前後が一般的です。800以上のフィルパワーを持つダウンは雪山の登山にも使える高品質であり、タウンユースにはオーバースペックかもしれません。日本では、一部の厳冬地以外なら600~700程度のフィルパワーで十分でしょう。

ダウンの魅力

ダウンの魅力は様々ですが、代表的なものを挙げてみました。

圧倒的な保温性

もちろん、最大の魅力は保温性です。一般に流通しているアウター類の中で、ダウン以上の保温性を備えた素材はありません。

可動性の良さ

動きやすさもダウンの魅力です。薄手のダウンやインナーダウンであれば着用中のストレスはないでしょう。

軽量であること

真冬のアウターはボリューミーなものが多く、重量があると体に負担がかかります。素材自体が軽量であるダウンは、日々の着用に向いているアウターです。

真冬のアウターの筆頭格

真冬のアウター選びは悩ましいですが、ダウンジャケットは一着持っておきたいアウターです。最近のダウンは着こなしによってカジュアルにもフォーマルにも見せることができます。雪が降る夜や、霜が降りる朝にダウンは重宝します。今年の冬は、お気に入りのダウンで越冬してみてはいかがでしょうか?

ダウンをもっと見る

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧