男の足元の定番「RED WING(レッドウィング)」の無骨な魅力
2020/12/14
1271 VIEWS

男の足元の定番「RED WING(レッドウィング)」の無骨な魅力

Photo by:www.instagram.com

アメカジブームを牽引してきたアイテムは? と問われれば「RED WING」と答える方も多いでしょう。今や定番となったワークブーツは世界的に指示される名作となりました。今回はそんなブーツ界の雄・RED WINGの魅力をご紹介します。

RED WINGって?

1905年。RED WINGはアメリカのミネソタ州で生まれました。ブランド名には創業した街の名前がそのまま使用されています。農業が盛んなミネソタの地理的需要を生かしたワークブーツは大ヒット。ブランド成功の礎を築いたRED WINGは、地元での成功を契機にシェアを世界に広げていきました。

RED WINGの代表モデル

様々なモデルが展開されているRED WING。ここでは定番のモデルをご紹介します。

アイリッシュセッター

ブランドの顔と呼ばれるモデルです。ハンティング用の8インチブーツであり、原型は1950年に完成しています。赤みがかったブラウンレザーのアッパーと、ホワイトソールの色合いが猟犬のアイリッシュセッターを思わせるという理由で命名されたモデルです。人気モデルの「877」の誕生以降、後継モデルも多数展開されています。

アイアンレンジャー

モデル名はミネソタ州のある鉄鉱山地域の名前から付けられています。作業用の安全靴に用いられる、爪先の二重構造(キャップドトゥ)が特徴的なモデルです。アイリッシュセッターに比べてゆったりとした設計となっており、履きやすさに定評のあるシリーズです。

ポストマン オックスフォード

制服を着て働く人に向け、1954年に誕生したポストマン。全米の郵便局に正式採用されたことがきっかけとなり、ポストマンの名称が浸透しました。長時間の歩行を想定して製造されたクッション性の高いソールと、癖のないスマートなフォルムが特徴的な一足です。

RED WINGのコーディネート

タイプによって様々なテイストにハマるRED WING。代表的なコーディネート例をご紹介します。

アメカジ・ワークコーデ

王道のコーディネートです。本来のRED WINGの着こなし方と呼べるでしょう。ネルシャツや、デニムといったアメカジアイテムや、デッキジャケットやカーゴパンツなどのワークテイストなアイテムとRED WINGの相性は抜群です。無骨な男のファッションを体現したい方にオススメの合わせです。

トラッドコーデ

上品な魅力を内包するブラックのポストマンシューズなどは、トラッドファッションに向いています。ワークテイストをベースに、タイドアップやオイルドジャケットを取り入れることで、大人の落ち着いたワークブーツコーデが完成します。

不朽の名作を足元に

今や世界を代表するワークブーツブランドとなったRED WING。その男らしい表情と頑丈な耐久性は現在のモデルにも引き継がれています。使用されている牛革は履き込むごとに味が深まり、皮特有の経年変化を楽しむ事ができます。アメリカのハードワーカーたちに愛され続ける一足を、是非体感してみてはいかがでしょうか。

RED WING(レッドウィング)のシューズをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

メンズのシューズまとめ記事をもっと見る


お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧