今年も来たぞ、乾燥の季節!乾かないしっとり肌を作る潤い肌大作戦♡
2021/01/07
1401 VIEWS

今年も来たぞ、乾燥の季節!乾かないしっとり肌を作る潤い肌大作戦♡

Photo by:www.instagram.com

最近はマスクだし、肌は乾燥から守られている感じがするから乾燥対策もバッチリ♪と油断していませんか?それは錯覚ですよ!マスクの中は呼吸することで潤っているようですが、だからと言って肌が乾燥しないというわけではありません。偽保湿に騙されず、内側からしっかり潤う肌の作り方ご紹介します♡

保湿だけでは不十分!潤った美肌の鍵は水分にあり

しっとり潤った、内側から滲み出るようなツヤのある発光肌に必要なものはなんだと思いますか?そのツヤは乳液やクリーム、オイルだけで出せるものではありません。発光肌の正体はしっかりと肌の内部に取り込まれた水分なんです。

Talk women03

乾燥肌の人はどうしてもクリームや乳液などの「油分」を重要視しがちですが、あくまでクリームや乳液は水分を逃さないための蓋です。それだけを肌に乗せても、表面上はツヤツヤになりますが内側は乾いたままなんです!

内側から潤った発光肌のためには①しっかり汚れを落とすこと、②一度に化粧水を入れ込まず、分けてしっかり浸透させること、③必要十分な量の保湿で肌に蓋をすること、④体の中も水分で満たして代謝を良くしておくこと、の4つが大切です。

保湿はクレンジング、洗顔から始まっているって知ってた?

スキンケアの基本はクレンジング(メイクを落とすこと)、その後の洗顔からスタートしています。ここで過度に油分を落としすぎていたり、摩擦を起こしていると肌にダメージを与えてしまったり、ゴワつきの原因となるので注意が必要です。

Talk women03

肌に優しく、柔らかい素材のモノも多いですが、肌が弱い人や敏感に傾きやすい人はクレンジングの際はシートタイプよりも乾燥肌ならミルクやバーム、オイリー肌の人はジェルやオイルタイプがおすすめです。

また、色素沈着をさせないため、シワを作らないためにも目元や口元などのポイントメイクは必ずポイントメイクアップリムーバーで先に落としておくのがおすすめです。

Talk women03

美肌作りは塵つもです。毎日目元を擦るようにクレンジングしていてはいつの間にか摩擦による色素沈着で目元が黒ずんで見えるなんてことも。また、マスクでも落ちにくいようにティントリップなどを使用した日は特に優しくリムーバーで口元もオフしてあげましょう。

また乾燥が気になり始める秋冬はどうしても寒くて温かいお湯で顔を洗いたくなりますが、それも乾燥の原因になります。お湯はどうしても肌の汚れ、皮脂を落としやすくなるので、その分肌表面もバリアを失いがちになるのです...。

Talk women03

かといって冷水洗顔で毛穴を引き締めようとするのもNG!あまりに冷たい水で洗っても十分に皮脂が落ちないうえに毛穴が引き締まって毛穴の奥の汚れを洗浄できなくなります。

賛否ありますが、朝だから水洗顔だけでいいとせず、枕や空気中の埃やゴミが肌に付着して落ちにくくなっているので、基本は朝もしっかり泡立てた洗顔料で優しく顔を洗い、その倍の時間をかけて人肌程度のぬるま湯(36~38℃)でしっかり泡を落とし、優しくタオルで水分を抑えるように取り除きましょう。

Talk women03

最近は泡立てないジェルタイプの洗顔料もあります。筆者も使用したことがありますが、必要十分な量を使用すれば摩擦も起きず、手間もかからないので忙しい朝にぴったりです。が、どちらかというとオイリー〜普通肌の方におすすめのアイテムではないかなという使用感でした。

BUYMAで洗顔料・クレンジングをもっと見る

化粧しの前のワンクッションで肌が化粧水をさらにゴクゴク!

洗顔後、すぐに乾燥は始まっています。なるべく早く化粧水をつけたいですが、その前の一手間でさらに化粧水の浸透力をアップさせ、保湿力もアップさせるなら導入美容液がおすすめです。

Talk women03

なかなか化粧水が入っていかない、セルフピーリングなどで角質ケアもしているのに...という人にはぜひ導入美容液を取り入れてみてください♡また、お風呂上がりなどにすぐにスキンケアできないママたちにはオイルタイプで保湿もしてくれるものがおすすめ!

筆者は肌がかなり敏感なので、ナチュラルなものを選ぶようにしています。例えばアルガンオイルは保湿力も高い上、ビタミンEやオレイン酸などのアンチエイジングに効果的な美容成分が含まれています。

また、肌が安定的で揺らぎにくいという人はコスメブランドから出ている導入美容液もとても効果的です。保湿はもちろん毛穴や美白など効果は様々。求める効果や季節に合わせて使い分けるのもおすすめです!

化粧水は3回に分けてしっかり馴染ませ浸透させる

化粧水には肌の内側を潤わせるという役割だけではありません。スポンジははじめに水を含ませないと洗剤を上手く含ませられませんよね。それと同じで、肌にも化粧水で水分を与えないと次に乗せる美容液を十分に取り入れることができません。

Talk women03

化粧水は沢山つければいいというわけではありません。肌に取り込める水分量は無限ではないので、肌の「お腹いっぱいですサイン」を知って、必要十分な潤いを肌に入れてあげましょう。

肌が手の平にペタッと肌が吸い付き、ひんやりとしていたら肌の満腹サインです。肌がしっかり水分を取り込むためには、一度にたくさんの化粧水をバシャバシャつけてもなかなか上手くいきません。

まず1度目は摩擦が起こらないくらいしっかりとコットンに化粧水をつけて、顔全体に馴染ませましょう。2度目は手の平に500円玉くらいの化粧水を出して、それをハンドプッシュしながら優しく肌に押し込みます。最後の3回目も2度目と同じようにハンドプッシュで肌にしっかり馴染ませます。

Talk women03

コットンは摩擦になるからと避けられがちですが、しっかりと化粧水を染み込ませれば大丈夫!むしろムラなく、効率良く肌に化粧水を行き渡らせることが出来ます。

BUYMAで化粧水をもっと見る

美容液はその時の肌の状態に合わせてぴったりのものを

美容液はクチコミだけで選ばないでください!もちろんクチコミも大事ですが、美容液にもそれぞれ効果があるので、特に乾燥する頬や口周りには保湿効果の高いもの、Tゾーンには毛穴引き締めなど今の自分に必要なものをその時々で使い分けるのもおすすめです。

Talk women03

有名な商品や口コミが高いものは自分にもきっといいはず!と通年使っている人もいるのではないでしょうか。その時々で肌の調子は変わっていきます。乾燥の気になる季節は、きちんと肌の状態と相談してぴったりの美容液を投入してみませんか?

怖がる必要なし!オイルは美肌の強い味方♡

今だからこそオイル美容が普及し、取り入れる人が多くなりましたが、未だオイル=毛穴が詰まる、皮脂過多になりそうというイメージを持っていて、なかなか手を出せずにいる人が多いようです。

Talk women03

一度使い始めると欠かせなくなるフェイスオイル!特にアラサー以降の大人の肌には必要不可欠と言っても過言ではありません。肌の表面を滑らかにし、肌に蓋をして必要な水分をしっかりキープする、さらにハリとツヤももたらしてくれるなどいいこと尽くめです♡

水分を逃さないための最後のステップ、クリームを忘れないで

化粧水で水分、美容液で濃縮された美容成分を浸透させ、オイルで栄養をさらにプラスし保湿をしたら、全体の締め括りとしてクリームでしっかり保湿をして水分も栄養も逃がさず、必要十分な油分で肌を乾燥から守ってあげましょう!

Talk women03

スキンケアの最後の保湿アイテムには乳液、クリームがあります。乳液とクリームはアイテムとして違う役目と思われがちですが、油分の多少に違いはありますがどちらもスキンケアの最後に使う保湿アイテムです。

乾燥が気になる時や夜はクリーム、さっぱり仕上げたいメイク前の朝は乳液など使い分けるのも良いでしょう。混合肌の人はTゾーン(額、鼻)に乳液、Uゾーン(頬やフェイスライン、口元)にはクリームと使い分けもおすすめです♪

BUYMAで美容液・クリームをもっと見る

簡単&低コストな乾燥対策になるインナーケアはこの3つ♡

スキンケアしたいよ!しっかり自分に手をかけたい!おしゃれなインナーケアサプリメント、欲しいよ!でも高いんだよ...と時間やコストを理由に諦めていませんか?上記では乾燥対策のスキンケアについてご紹介してきましたが、ここからは低コストで今すぐに出来るインナーケア方法をご紹介します♪

Talk women03

乾燥肌対策にはスキンケアが大事なのはもちろんですが、それと同様にインナーケアもとっても大事です。それに高いサプリメントは特別必要ではありません。日頃ちょっとしたことに工夫するだけでかなり変わってくるので、要チェックです!

お水飲んでますか?必要十分な水分で体の内側から潤わせる

美肌のためには水分摂取が欠かせないというのは基本ですよね。「水分」というのはお水やお茶(ミルクやお砂糖が入っていないもの)を指します。ですので、コーヒーやジュースなどはここでいう水分には含まれません!

Talk women03

仕事や勉強中、眠気覚まし、集中力を高めるためにコーヒーを飲んでいるという人は多いのでは?それでしっかり水分をとっていると錯覚しがちですが、それは水分摂取にカウントしないでください。あくまでお水やお茶をこまめに摂取することを意識してくださいね。

身長や体重、年齢などで摂取すべき水分量は異なりますが、成人女性には1日大体2リットル〜2.5リットルが望ましいと言われます。さらにキンキンに冷えたものより常温の方が体を冷やしにくいのでおすすめです。

Talk women03

筆者はよく飲み忘れてしまうので、プロテインを溶かすシェイカーに水を入れて仕事中はデスクに置いています。

良質な油をとって体の中から潤いのある肌を

ダイエットのことを考えて油を避ける人もいますが、実は美容にはとても大切なアイテムなんです。もちろんファストフードの油や時間の経ったお惣菜の油はおすすめ出来ませんが、いわゆるオメガ3、オメガ9と言われる種類の油は摂るようにしましょう。

Talk women03

オメガ3は青魚に含まれる油やアマニ油、えごま油などが挙げられます。オメガ9は酸化しにくいオリーブオイルが代表的です。

美容に良いからと大量にとっていいというわけではありません。取りすぎには注意し、種類を選んで食生活に取り入れることで、肌をグッといい方向に持ち上げてくれます。

女子の味方、アボカドを取り入れて栄養と良質な油を取り入れよう

苦手な人もいるでしょうが、アボカドが好きな女性は多いのではないでしょうか?濃厚な味、舌触りですが、いろんな食材に合ううえ、手軽にスーパーで買えるのも嬉しいですよね。なんとなくおしゃれな印象のフルーツ、アボカドは「森のバター」と呼ばれるほどの油分を含んでいますが、それだけではなくオメガ3に分類されるα-リノレン酸が含まれています。

Talk women03

アボカドのカロリーは100g当たり187kcalと少々高めでも、低糖質なのでダイエット中でも取れる脂質としてはとてもおすすめです!また、ビタミンEや葉酸など女性の健康と美容に欠かせない栄養素も豊富なので、積極的に食べたいですね♡

アボカドはそのままサラダとして食べるのもいいのですが、サラダやディップとしてパンに乗せたり、デリプレートにするのもおすすめです♪

Talk women03

アボカドは空気に触れると変色するのも早いです。変色を防ぐ、遅らせるためにはレモン汁をカットした表面に塗るという方法が有名ですが、そのほかにもオリーブオイルでも同じ効果があります。もしくはお酢でも同じ効果がありますが、お酢の匂いがアボカドにつきやすいので、調理内容を考える必要があります。

BUYMAで食器・ストッカーをもっと見る

コツコツケアで手強い乾燥から肌をしっかり守りましょう!

乾燥はただ肌がカサカサする、突っ張るだけではありません。その先には乾燥による毛穴の開きや肌の皮脂の過剰分泌によるニキビ、シワなど様々な肌トラブルが待ち構えています。それらを引き起こさないためにも正しいスキンケア、そしてインナーケアを行い、乾燥に負けない潤い肌を作っていきましょう♡

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

やまだえま

EDITOR / やまだえま

遅咲きの美容マニアで趣味はエクササイズ、コスメショップ・フロア巡り。『その人らしい色気は力なり』をモットーに綺麗でセクシーになる楽しみを伝えたい自称美容ライター♡、プライベートでは暴れん坊男子2人のシングルマザーとして奮闘中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧