《靴下に変化球》オフィスコーデをおしゃれにするラグジュアリーブランド
2020/12/25
848 VIEWS

《靴下に変化球》オフィスコーデをおしゃれにするラグジュアリーブランド

Photo by:www.instagram.com

毎日のオフィスコーデがワインパターンになりがちな人は、靴下に注目です。ラグジュアリーブランドの靴下は、いつものコーデにアクセントをつけてくるだけでなく、肩肘張らずに取り入れやすいアイテム。オフィスで浮かず、控えめだけどおしゃれなラグジュアリーブランドの靴下を紹介します。

ラグジュアリーブランドの靴下で毎日のコーデが華やかに!

Talk men03

オフィスコーデにラグジュアリーブランドの靴下を取り入れるメリットを紹介します。

ひとつ目のメリットは、オフィスコーデがアップグレードされること。ラグジュアリーブランドの靴下は、独自のブランドロゴやデザインをあしらっているものが多数。平凡になりがちな足元を、一気に華やかにしてくれます。いつものスーツと組み合わせるだけで、センスの良い洗練された印象に変化しますよ。

ラグジュアリーブランドの靴下でエチケット対策!

靴下は気になる足の臭い対策にも役立ちます。冬場でも靴の中は汗をかきやすい場所。足がムレることで、嫌な臭いの原因になってしまいます。

ラグジュアリーブランドの靴下は、コットンの混用率が高いのも特徴。通気性が良く、汗をしっかり吸い取ってくれるので、嫌な臭いをブロックしてくれますよ。

Talk men03

メンズ靴下におすすめのブランド紹介!

BALENCIAGA(バレンシアガ)

『BALENCIAGA(バレンシアガ)』の靴下は、黒や白を基調にしているデザインが多いので、カッチリしたスーツスタイルに取り入れやすいブランドです。デザインもシンプルなものがたくさん。コットンの混用率が高いので、足がムレないのも嬉しいポイントです。

BALENCIAGAの靴下をもっと見る

THOM BROWNE(トムブラウン)

シンボルなストライプやボーダーが特徴の『THOM BROWNE(トムブラウン)』は、キレイめな靴下がたくさん。落ち着いた雰囲気のアーガイルやモチーフ柄など柄物のデザインも多く、オフィスコーデに積極的に取り入れたいブランドです。靴下の長さは、ミッドカフまでのタイプが多く、程よく足に着圧してくれます。

THOM BROWNEの靴下をもっと見る

FENDI(フェンディ)

オフィスコーデでは、無地のソックスが主流ですが、柄物に挑戦するのもあり!『FENDI(フェンディ)』の靴下は、全体にブランドの特徴であるモノグラムを採用しています。派手すぎないからオフィスコーデにもピッタリです。

クールなデザインと履き心地の良さで、レディースにも話題の靴下ですよ。カジュアルコーデにも取り入れやすいので、ヘビロテ確実な靴下になること間違いなし。

FENDIの靴下をもっと見る

GUCCI(グッチ)

ラグジュアリーブランドを代表するブランドと言えば『GUCCI(グッチ)』。ブランドシンボルのカラーやデザインを靴下にも存分に展開。履いているだけで、高揚感のある靴下です。

柄物の靴下でも、GUCCIのように落ち着いた色合いなら、スーツからカジュアルまで、どんなオフィスコーデにも良く似合います。カフ部分が柔らかなリブ編みになっており、心地よい履き心地にも期待できますよ。

GUCCIの靴下をもっと見る

平凡なオフィスコーデにさようなら!足元からおしゃれに

ラグジュアリーブランドの靴下は、オフィスコーデをおしゃれで快適なものにしてくれます。いつものコーデに一工夫したいなら、靴下を見直してみるのがおすすめですよ。

ブランドの靴下をもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

AyakoS

EDITOR / AyakoS

WEBライター兼英語教師の二足のワラジを持つ。

負け犬婚活からモテを勉強し、マッチングアプリで1年間に2万5千人の男性から「イイね」をもらう。多くのハイスペ男性とデート経験あり。現在はエリートな外国人彼氏から溺愛中。

女性目線とデキる男を観察してきた経験をもとに、女性にモテる男性ファッションやデート術などをお伝えします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧