仕事もプライベートも充実させるお部屋に♡ 身近な物で作れるお部屋の区切り方4選
2021/01/07
2440 VIEWS

仕事もプライベートも充実させるお部屋に♡ 身近な物で作れるお部屋の区切り方4選

Photo by:www.instagram.com

在宅で過ごす時間が増え、仕事スペースとプライベートスペースなどを分けるのが難しくなってきた…という方が多い模様。どうすれば、新たに壁を作ることなくお部屋を効率的に区切れるのでしょうか?おしゃれでお部屋の雰囲気を損なわないお部屋の仕切り方をみてみましょう♪

お部屋を区切りたいけれど、どうすれば良い?

1Kのお部屋や、オープンプラン(LDKが一つのスペースにあるなど)の住宅にお住いの方で「お部屋がごちゃごちゃして見える…」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?ライフスタイルが変わってきて、仕事スペースを作りたいけれどどうしよう…と考えている方も多いようです。

そこで今回は、お部屋をスマートに仕切る方法をご紹介。
LDK空間の生活感の払拭や、仕事スペースとプライベートスペースを分けたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

1. カーテンで仕切る

もっとも低予算で仕切れるツールといえばカーテン。
壁のように使えて、かつ圧迫感が少ないため、狭めの空間の仕切りとして使うのにも適しているのが特徴です。

壁の色味に近いカーテンを選べば、壁のように空間に溶け込ませることもできます。カーテンレールをつければ、より高い安定性も期待できますね。

おすすめアイテム

カーテンをもっと見る

2. ラックで仕切る

ものが多い方におすすめなのが、ラックを使った仕切り方法。
仕切りたい空間を分けるように設置すれば、収納スペースを増やせるのはもちろん、空間を仕切ることも可能に。こちらはオープンラックに仕事用デスクと植物ディスプレイスペースを一箇所に設けた仕切りラック。デスクも収納スペースもプラスできる、省スペースなアイデアですね♪

Talk women01

オープンラックを使う場合、あまり生活用品を置くと生活感がむき出しになってしまうことも。生活用品をおきたい場合は、バスケットやボックスを活用してオープンラックに置くのがおすすめです。

Talk men01

ボックスやバスケットを置くことで、オープンラックに目隠し機能をプラスすることも可能になりますね。

おすすめアイテム

こちらはデスクの前にオープンラックを置き、リビングスペースとデスクワークスペースを区切ったお部屋。ラックに書類ケースとグリーンを置くことで、オフィスライクすぎない仕切りに仕上がりました。

おすすめアイテム

あまり高さがあるものだと、お部屋に圧迫感が出そうだな…と感じた方もいらっしゃるかと思います。小さめのお部屋にお住まいで仕切りをプラスしたい方には、コンパクトなサイズ感のオープンラックがおすすめ。収納も確保しつつ、ほどよく空間を仕切ることができます。

Talk women01

ソファやデスクの後ろに横に複数並べて小さな壁として使うのもおすすめ。

おすすめアイテム

こちらはドア近くにラックと植木鉢を設置してミニ玄関風に演出した空間。傘立てくらいの高さのものを並べているため、圧迫感も感じさせません。

おすすめアイテム

棚・ラックをもっと見る

3. ついたて(自立式スクリーン)で仕切る

模様替えが多い方や、使わないときはしまえるものをお探しの方、省スペースでお部屋を区切りたい方におすすめなついたて。自立式スクリーンとも呼ばれており、畳み方でカバーできる面積を調整できるのが特徴。場所を取りにくく、上の写真のように衣類やバッグなどを引っ掛けておけるものも豊富です。

ソファ横に置いて目隠しとして使っているお宅。ナチュラル素材のものは置く空間を選びません♪

こちらもチェック!

横に広く高さのあるものを選べば、デスクの後ろに置いて集中空間を作り出すことも可能に。家族の視線をシャットアウトして業務に集中したい方や、オンラインミーティングが多く背後が気になる…という方にもおすすめです。

おすすめアイテム

パーテーションをもっと見る

4. ラグ・カーペットでゾーン分け

壁を作るのではなく、床をゾーニングすることで生活スペースを仕切る方法。特に簡単なのが、大きめのラグを使って空間を仕切る方法です。ダイニングはテーブルとチェアが収まる広さ、ソファ周りはソファとテーブルが入る広さのもので別々のラグを敷いておけば、お部屋に入ったときに自然にエリア分けされているのがわかります。

はっきりとゾーン分けしたい場合は、こちらのように床の色とほぼ違う色味・トーンのものを選ぶと◎。これなら、くつろぎエリアと他のエリアがはっきりと別れて見えますね。

おすすめアイテム

ラグ・カーペットをもっと見る

「仕切り」で機能的な空間を作ってみよう

カーテンやラグなど、身近なもので作れる「空間の仕切り」方法をご紹介してきました。収納も楽しめるものや、敷くだけでゾーニングできるものまでさまざま。お部屋の広さや分けたいところに応じて、使えそうな方法をぜひお試しくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

ライフスタイルに関するまとめ記事をもっと見る


お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧