ミニマルの中に光るエレガンス。北欧発《ARKET(アーケット)》の素敵アイテムを総ざらい
2021/01/17
2017 VIEWS

ミニマルの中に光るエレガンス。北欧発《ARKET(アーケット)》の素敵アイテムを総ざらい

Photo by:www.instagram.com

「買って絶対に損のない」と思えるアイテムだけをエディターが厳選。ノルディックな風薫る、タイムレスなスタイルが叶うARKET(アーケット)のアイテムをご紹介します。

ARKET(アーケット)とは?

メンズ、ウィメンズ、キッズウェアをはじめライフスタイルグッズを提案する、スウェーデン発のブランド。2017年に立ち上げられ、現在ヨーロッパでは知らない人がいないほどの人気を誇ります。

“ARKET”はスウェーデン語で「一枚の紙」を意味します。それは、創造性や革新性、開放性を象徴し、ブランドのデザインにも反映されるシンプルさの美学を表しているのです。

Talk women03

ファッションをはじめ香り、美容、食品など、ファンクショナルで幅広いグッズを展開する《ARKET》。その中でも今回は私が「本当に素敵」だと思うアイテムをピックアップ。BUYMAでしか買えないお洋服をぜひチェックして。

トップス

豊富なトップスの中から、カテゴリー別にご紹介。

シャツ・ブラウス

《ARKET》のシャツやブラウスには、シンプルさの中にピリリとしたスパイスが。フリルがアイコニックなカラータイプをはじめ、働く女性にもぴったりなとろみのあるものまで、洗練とエッジが相混じる。

◾️シャツ・ブラウスをCHECK

ニット

冬に欠かせないのは、「着たくなる」ニット。ニットは体を縛ることなくカジュアルに楽しむことができるので、年を重ねる程上質なニット選びが大切になってきます。

ジレ

Talk women03

先ほどご紹介したシャツやクリーンなブラウスとの相性も良いベストタイプのニット。秋口や春先など汎用性が高く、温度調整もしやすいので1枚持っておくとユースフル。

◾️ジレをCHECK


セーター

セーター選びの鉄則は素材感と着心地。それを叶えてくれるのが《ARKET》。価格帯もお手頃なので、数着あれば着回しがききます。

Talk women03

海外インスタグラマーも《ARKET》のニットに夢中。ニットは意外と周りと差がつくアイテム。くたびれたニットを着ている…という方は買い替えどき。ニットはシルエットが肝です。

◾️セーターをCHECK

Talk women03

タートルネックもおすすめ。上品で大人カジュアルながら、ゆったりとしたシルエットやドロップショルダーがリラクシングな印象。


カーディガン

Talk women03

持っておいて絶対に役立つのはカーディガン。丈感で印象も自由自在。スッキリと見せたいならショート丈を、リラックス感を演出したいならロング丈を。エレガントさを強調したければハイゲージで細身のものをチョイスするのが私の流儀。

◾️カーディガンをCHECK

ARKET(アーケット)のトップスをもっと見る

ボトムス

ボトムスを買うならパンツが一押し。

デニム

Talk women03

着心地の良いオーガニックコットンに少しストレッチの入った素材が使用されたクロップジーンズが人気。ストレートなシルエットでカジュアルさの中にクリーンさをプラスして。


レザートラウザー

Talk women03

上級者におすすめしたいのがレザートラウザー。ワイドレッグがゴージャス感を演出。冬にはブーツを履いて、春先にはサンダルでもOK。万能なのに一歩先行くスタイリングに仕上げてくれます。

ARKET(アーケット)のボトムスをもっと見る

アウター

アウター選びのポイントは「丈感」。ショート丈やロング丈、自分らしくいられるコートを見つけると冬の外出が楽しくなる。

ショート丈

Talk women03

個人的に、コートはオーバーサイズがおすすめ。なぜなら、コートを脱ぎ着しやすいのはもちろん、どんなタイプのインナーにも合わせやすいから。隠しスナップボタンがついたキルティングジャケットは雨の日に最適。ウール素材のコートは着ぶくれすることなくスッキリと見えるのが特徴です。


ロング丈

Talk women03

寒い季節は思ったより長く、冬に一番投資すべきはコートだと言えます。素敵なロングコートさえあれば、冬のお出かけは怖いもの無し。

ARKET(アーケット)のアウターをもっと見る

小物

アパレル以外にもハットやベルト、スカーフなど、ワンポイントとして役立つアイテムが豊富。ぜひチェックして。

バケットハット

スカーフ

ベルト

ARKET(アーケット)の帽子・小物をもっと見る

最後に

「日常の美しさ」という概念は、《ARKET》の出発点のひとつであり、20世紀半ばの北欧のモダニズム運動に大きな影響を与えました。

出典:www.arket.com

スウェーデンの美術史家グレガーポールソンにより提唱された「日常をより美しく」というスローガン。ARKETはこの考えをモットーに、モードをデイリーに落とし込み、購入しやすい価格帯で提供しています。

環境への配慮をこれからのミッションに掲げ、ファッション業界の前向きな革新を牽引していく姿勢は、海外インスタグラマーをはじめ、私たちの心を捉える理由の一つです。

Talk women03

「何を選ぶか」ということが、より自分らしさを決定づける時代。日常にひと匙のときめきを与えてくれる《ARKET》を、ぜひチェックして。

ARKET(アーケット)のアイテムをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

Tomoko

EDITOR / Tomoko

立命館大学卒。渡仏後、FASHION PRESSでライター、ハースト婦人画報社でアシスタントエディターを経験。その後様々な媒体で記事を執筆。現在はフリーランスとして京都を拠点に活動。ファッションや美しい文化を通して、自分を愛すること。Love Yourself

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧