壁や玄関をセンスアップ♪ おしゃれな「ウォールハンガー」を取り入れてみよう
2021/01/09
768 VIEWS

壁や玄関をセンスアップ♪ おしゃれな「ウォールハンガー」を取り入れてみよう

Photo by:www.instagram.com

バッグやストールなど、お出かけ時の小物や、自宅で使う小物の管理に困っていませんか?そんな時に是非取り入れたいのがウォールハンガー。小物類を壁に引っ掛けて使えるので、場所も取らず小物を収納・管理することができますよ。どんな使い方ができるのかチェックしてみましょう♪

ウォールハンガー(ウォールフック)とは?

ウォールハンガーとは、壁に取り付けて使う収納アイテム。壁掛けタイプのハンガーやフックとして親しまれています。

ウォールハンガーの魅力

場所を選ばず取り付けられる

ウォールハンガー・フックのメリットといえば、どこにでも取り付けられるところ。水回りなら錆びにくいものを選ぶなど、ハンガーやフックの素材を考慮する必要はありますが、物が多い場所や使う人が多い場所に取り付けておけば、空間のごちゃつきを防ぎつつ、利便性をアップさせることができます。

Talk women01

玄関にバッグやコートをかける、脱衣所でタオルをかける…といった用途で使う方が多いようです。

よく使うアイテムのしまい場所に♪アイテムの一時保管にぴったり

例えば、キッチンではエプロンを一時的にかけておく、玄関ではコートやバッグをかけておく、といった方法。頻繁に使うものほど、使う場所の近くに引っ掛けて管理できれば「出す」「しまう」こともなく、最短の動線で物を取り扱うことができますね。

季節のデコレーションにも◎

ウォールハンガーやフックに普段使うものを引っ掛けるのも良いですが、季節のデコレーションアイテムを引っ掛けて「ウォールデコ」として楽しむのにも便利なアイテム。目立つところにフックを取り付けておけば、いつでもお部屋の印象を変えることができますよ♪

ウォールデコをもっと見る

「見せる収納」にも最適

「見せる収納」をより楽しみたい方にもおすすめ。お気に入りアイテムをより目立つ壁にディスプレイすることで、さらにお部屋が洗練されて見えるはず。ディスプレイ収納を楽しみたいけれど、お部屋が狭めでディスプレイできない…とお悩みの方にもぴったりなディスプレイ方法です。

おしゃれなフックを使えばインテリアのアクセントにも

ハンガーやフック自体にインテリア性があるものなら、壁に取り付けておくだけでも空間のアクセントとして機能してくれます。インテリアのオブジェとして使える物をお探しの方は、デコラティブなデザインのハンガーやフックを探してみてはいかがでしょうか♪

ドアに引っ掛けるタイプなら穴の心配もなし

Talk women02

ウォールハンガーやフックは便利そうだけど、壁に穴を開けるのはちょっとな〜

と迷い中の方もいらっしゃるかと思います。
そんな方におすすめなのがドアの上に引っ掛けるドアハンガ/フック。これなら壁に穴を開けることなく引っ掛ける収納を楽しむことができますよ。

耐荷重をクリアすれば重たいものもなんのその

主にキッチンや倉庫などで、大きめのものや重量のあるものの収納を見直したい!という方におすすめなのが重いものにも耐えられる耐荷重抜群のフック。購入時に商品に対荷重が記載されているので、引っ掛けたいものの重量にマッチしたものを選びましょう。重い物も引っ掛けて収納することで、さらに取り出しやすさ・使いやすさがアップしますよ。

ラック一体型タイプなら収納もディスプレイも叶う

フックで引っ掛けるだけでなく、何かちょっとした物も置けるスペースも欲しいという方には一体型ハンガー/フックがおすすめ。これで、引っ掛ける収納も置くディスプレイも一か所でまかなうことができます。ディスプレイできる場所が限られているお住まいにおすすめです。

ウォールハンガー・フックのある素敵な空間

ここまで、壁面ハンガー/フックの魅力的なポイントをご紹介してきました。ここからは、壁面ハンガーやフックを活用した素敵な空間実例をチェックしてみましょう♪

ベンチをメインに、ミラーとフックをディスプレイした玄関空間。
コンパクトですが、お出かけに必要な物をここにかけておけば、これだけでお出かけ前の準備が完了しそうです。

モノトーンで統一された玄関エリア。
あえてランダムにフックを設置することで、モード感が漂う空間に仕上がっています。

MUUTOのアイテムをもっと見る

≫≫MUUTOについて詳しく知りたい方はこちら♪


ペグボードを並べたスペース。ペグボードに刺したスティックに雑貨を引っ掛けられるだけでなく、板を渡すことで調味料などもセットできるようになっています。キッチンやテーブル周りで細々とした物が多い方におすすめのアイデアです。

ペグボードを大きくすれば、壁一面で使える収納ボードが出来上がります。グリーンやミラーなど、壁に付けて使いたい物も思う存分ディスプレイすることができます。穴はペグボードを取り付けるための穴を開けるだけで済むので、壁へのダメージもさほど気になりにくいのも◎。


フック付きの壁面収納グッズも良いですが、よりオリジナリティを出すならこちらの様にお好みのウォールハンガーと壁板を使って収納スペースを作るのもアリ。チェアも持ってくれば、オリジナルの玄関スペースの出来上がりです♪

Mazeのアイテムをもっと見る


明日着るものだけを壁面にかけておくミニマルなアイデア。ベッドルームや玄関近くにかけておけば、朝の支度もスムーズですね。近くにバッグやストール、アクセサリーなどを掛けておけるフックを取り付けてみるのも良さそう。

Talk women01

キッズ用フックも人気です♪


フックにLEDガーランドを引っ掛けて間接照明として活用しているお宅。支度に必要な物を引っ掛けられるだけでなく、玄関の優しい明かりとしても機能させることができるグッドアイデアですね♪

LEDガーランドをもっと見る

ウォールハンガー/フックで暮らしをもっとおしゃれ&便利に

壁に取り付けて使える壁面収納・ウォールハンガー/フックの魅力や素敵な実例をお届けしてきました。収納したい物の数に合わせて取り付けることができるため、家具を置くよりも収納場所をセーブでき、必要な時にすぐ使える利便性の良さも人気理由の一つ。物が多い方はもちろん、暮らしの便利さをよりアップさせたい方はぜひ使ってみてくださいね!

ウォールハンガー/フックをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧