【スペシャルインタビュー】流行ファッションの仕掛人「軍地彩弓さん」の素顔に迫る!
women
2016/02/05

【スペシャルインタビュー】流行ファッションの仕掛人「軍地彩弓さん」の素顔に迫る!

ファッション誌「ヌメロ・トウキョウ」のエディトリアル・ディレクターとしてファッション業界の第一線で活躍する軍地彩弓さん。パーティーや打ち合わせなどで分刻みにこなすスケジュールや、私生活や今後の目標など、軍地さんの知られざる素顔に迫ります。

お気に入り追加 1
<PROFILE>軍地彩弓 SAYUMI GUNJI

出典:numero.jp

<PROFILE>軍地彩弓 SAYUMI GUNJI

大学卒業後、講談社「ViVi」のファッションライターとして従事。セレブブームや109ファッションなど数々の流行を生み出す。「ViVi」の姉妹誌として「GLAMOROUS」を立ち上げ、ファッション・ディレクターとして携わる。日本市場に初めてアラウンド30、エイジレスというコンセプトを取り入れ大きな話題に。コンデナスト・ジャパン「GQ JAPAN」の編集長代理、「VOGUE girl」クリエイティブ・ディレクターを経て、現在は扶桑社「ヌメロ・トウキョウ」エディトリアル・ディレクターとして活躍。2014年、自身の会社、株式会社gumi-gumiを設立。

軍地彩弓さんに一問一答!

【1】1日の予定を教えてください。

日によってバラバラですが、忙しい展示会シーズンだと...
8:30起床。朝は毎日ヨーグルト・フルーツ・ハチミツで、動物性のものは控えています。11時から夕方まで6~7件、多い日だと10件ほど展示会をまわって、デザイナーと会ったり、新作を見たり、合間に打合せをしています。17時頃事務所に戻り紅茶を飲みながらメールチェック、事務仕事。19時、20時から会食(和食がメイン)。2次会はクリエイターが集まる新宿のtoilet(トイレット)というbarへいって終えるのがベストパターン。帰宅後2時~3時に就寝します。

【2】挑戦したいファッションはありますか?

VALENTINOのドレス(レース地)を着てみたい。あと、映画『エマニエル夫人』のファッションや、映画『昼顔』のカトリーヌ・ドヌーブのファッションがずっとあこがれです。

出典:www.realstylenetwork.com

【3】2016年やりたい事を教えてください。

本を書くか、自分のメディアを作りたいです。

【4】好きな本を教えてください。

スヌーピー全集(チャールズ・M・シュルツ 著/谷川俊太郎 訳)。スヌーピーがわたしの人格を作ったといっても過言ではありません。
あとは、村上春樹さん、小川洋子さん書籍。『星の王子さま』。『真夏の航海』(トルーマン・カポーティ)。『ものすごくうるさくて ありえないほど近い』(ジョナサン・サフラン・フォア)。『グレート・ギャツビー』(スコット フィッツジェラルド)など。

出典:www.snoopy.co.jp

【5】好きな映画を教えてください。

『パリ、テキサス』
『ミツバチのささやき』
『昼顔』
『ベルリン・天使の唄』

出典:www.skipcity.jp

【6】一番リラックスできるのはどんな時ですか?

家であんこ食べながらダージリンティー飲んで本読んでいる時間。
とにかくあんこが好きです。
茂助だんごのこしあん、瑞穂の豆大福とか、色々お店によって好きなあんこが違うんです。

出典:r.gnavi.co.jp

【7】特技を教えてください。

酔っぱらうと料理を作るのが止まらなくなる。
そして夕食を30分で4品作ること。早い、簡単、うまい、が私の料理です。

【8】ご夫婦のお出掛けスポットを教えてください。

旭山動物園
和歌山アドベンチャーワールド
いや、相方がシロクマ好きなもんで(笑)

ファッション業界の第一線で活躍しながら 、オフのときは家庭的で愛情深い一人の女性として、魅力溢れる軍地さん。現在はファッションのみならず、テクノロジーの分野にもアンテナをはっているそうです。今後も軍地さんならではの新しいトレンドが日本のみならず、世界を駆け巡る日が訪れるかもしれませんね。

STYLE HAUS

EDITOR / STYLE HAUS

STYLE HAUSの編集スタッフ

関連するまとめ