「目」の疲れを和らげるお部屋の環境づくりアイデア
2021/02/01
963 VIEWS

「目」の疲れを和らげるお部屋の環境づくりアイデア

Photo by:www.instagram.com

リモートワークが続くと気になってくるのが「目の疲れ」。目は会社にいても疲れるものですが、自宅での仕事で勤務時間がついつい長くなったりして目の疲れが悪化している方もいらっしゃるのではないでしょうか?在宅勤務で悪化しがちな目の疲れを和らげるなら、仕事環境を少しだけ改善してみませんか?

在宅勤務で「目」が辛くなってきたら

自宅に仕事スペースを移してから感じがちなのが「目」の疲れ。
一見、仕事に最適な場所を自宅に作ることができているように見えても、実は目に大きな影響を与えている箇所があるかもしれません。

そこで今回は「目」への影響を最低限にとどめた環境づくりのポイントをご紹介。目に優しい環境を作って、より健やかに仕事を進められるよう工夫してみましょう♪

1. 壁色にはニュートラルカラーなど自然な色を

壁の色やディスプレイアイテムの色に原色のものやビビッドなものはありませんか?無意識に飛び込んでくる壁の色は、意外と目に影響を与えているもの。仕事用PCを置いている場所周辺には、明るすぎる色や派手な色味のものを置かないようにしておくことで、目への刺激を和らげることができます。

Talk women01

白壁も良いですが、あまり明るすぎる白は目の負担になることも。少しくすんだクリーム色やベージュなどのファブリックなどを周りに使ってみるのもおすすめです。

Talk men01

くすみがかった色味だけでなく、優しい色調の柄アイテムなどを壁周りに散りばめてみるのも◎。

ファブリックポスターをもっと見る

2. PCの高さはOK?

在宅勤務の眼精疲労を軽減させるのに意外と効果的なのがPCの高さ調整。PCのモニター位置を間違った高さにしていると、違和感や肩こりでストレスを感じてしまいがちです。おすすめの高さは「PCの上辺=目線やや下」になる高さ。

何かを見上げるようにして目を使うと、目が通常よりも乾きやすくなりドライアイにつながると言われています。あまりPCモニターを下げすぎると首にストレスがかかるため、「やや下げる」のがおすすめ。

3. モニターからの距離は最低40cm確保しよう!

自宅での仕事スペースに限りがあり、どうしても場所上PCとの距離が近くなりすぎてしまう…という方もいらっしゃるかと思います。あまりにPCとの距離が近すぎると、視線の移動が多くなり目に大きな負担を強いることに。

Talk women01

モニターが大きい場合は、さらに目から離しておくと目がより疲れにくくなりますよ。

4. 軽いストレッチ・休憩ができる場所を確保しよう

どんなに正しい姿勢で仕事をしていても、適度な輝度のモニターを使ってPC仕事をしていても、やはり目は疲れてしまいます。ここで大事になってくるのが、モニターから離れること。一時間のうち数分は、モニターから離れてストレッチや休憩ができる場所を作っておきましょう。

Talk women01

ここでやってはいけないのがスマホ休憩やテレビ休憩!目を休ませてリラックスさせるのが目的の時間なので、モニターを見つめる休憩は避けておきましょう。

Talk men01

仕事に熱中しすぎそうなら、タイマーを設定しておくのもおすすめです。

Talk women01

筆者はリフレッシュとして15分くらいのお昼寝やゴロゴロタイムを楽しんでいます。モニターから離れてみると驚くほど視界がリフレッシュされますよ。

クッション・ブランケットをもっと見る

5. 観葉植物を近くに置く

昔から癒しの象徴としても愛されてきた観葉植物。
植物の緑色には精神を安定させる作用があるとされ、リラックス効果はもちろん、眼精疲労を和らげることができるともいわれています。

モニターの横やデスク脇など、仕事中も視界に入りやすい場所に観葉植物をディスプレイしておけば、仕事中の目の疲れにも効果が期待できそうですね。

Talk women01

観葉植物には空気清浄効果やマイナスイオン発生効果なども期待できます。換気もしつつ、お部屋の空気の浄化にも一役買ってくれそうですね。

観葉植物のアイテムをもっと見る

6. アロマの力を借りる

リラックス効果が高いものといえば、アロマも欠かせません。
好きな香りのアロマをワークスペースに炊いておけば、気分も晴れやかに。

目の疲れを軽減するなら、血行促進効果のあるアロマ(ゼラニウム、イランイラン、レモングラスなど)をお湯に数滴垂らし、ホットタオルを作って目の上に置いてみるのもおすすめ。アロマによっては紫外線を吸収しやすくなるものや皮膚刺激のあるものもあるため、使いたいアロマの特性を知った上でホットタオルを作ってみましょう。

アロマグッズをもっと見る

7. PCに余計な光・反射が入り込まないようにする

ご自宅でPCを置いている場所によっては、後ろに人が歩いた時に反射しやすかったり、外光や照明の光が入ってモニターがピカピカしてしまう場所もありますよね。こうした反射や光も目にとっては負担になりやすい要素。なるべく窓を背にしないよう座り、モニターに当たる光の強さを軽減させてみましょう。

Talk women01

モニターに「反射防止」「非光沢」などの文言がある液晶保護フィルムを貼ってみるのもおすすめ。筆者はブルーライト防止・反射防止フィルムを使っていますが、これだけでも目が疲れにくくなりました。

Talk men01

デスクの位置をずらしてみたり、カーテンを使って光がモニターに当たりにくいよう工夫してみるのも良いですね。

目の疲れは仕事環境の改善で軽減させよう!

在宅勤務が始まって以来目の疲れがきつくなって困っている方向けに、目に優しいリモートワーク環境づくりのポイントをご紹介してきました。筆者も在宅で仕事をするようになって数年経ちましたが、PC周辺の環境を少し変えることで目の疲れが大きく改善されました。長時間PCに向かうことが多い方は、適度に休憩をとりつつ、ご自宅の仕事場の環境を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか?

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧