オンオフ兼用できる一軍「老舗ブランドのドレスシューズ」《紳士が惚れる革靴の美学》
2021/02/23
745 VIEWS

オンオフ兼用できる一軍「老舗ブランドのドレスシューズ」《紳士が惚れる革靴の美学》

Photo by:www.instagram.com

紳士が嗜む革靴の老舗定番ブランド、【ジョンロブ・パラブーツ・オールデン・チャーチ】から、オンオフ兼用で愛用できるドレスシューズをピックアップ。カジュアルな顔も見せるかっこいいデザインを、是非知ってほしい。選ぶポイントと魅力を大ボリュームでお伝えします。

“レザーシューズ”老舗定番ブランド4選

今回は、ビジネスにもプライベートにも活躍する“オンオフ兼用レザーシューズ”を特集。かしこまり過ぎず、遊び過ぎない、そんなジェントルなレザーシューズが理想です。かっこよく、的を外していないアイテムを選ぶポイント、そして、それぞれのレザーシューズが醸し出す印象も深掘りします。

ピックアップブランドは、4つの信頼あるシューズメーカー

・John Lobb (ジョンロブ)
・Paraboot (パラブーツ)
・ALDEN (オールデン)
・Church's (チャーチ)

では、たっぷりと“革靴”の沼にハマっていきましょう。

“フォーマル”なレザーシューズとは?

そもそも、フォーマルシューズやビジネスシューズだと言われているレザーシューズってナニ?ということで、デザインとカラーリングのポイントをおさらい。ルールもありますが、いかに“らしく”見えるレザーシューズか、ということがオトナには大事。

デザイン

フォーマルやビジネスの革靴を選ぶ際は、“ストレートチップの内羽根”という決まり文句がテッパン。ストレートチップは、つま先に一本ラインが入った切り替えが目印。

「内羽根」は、V字に開く履き口と、革パーツの重なりがないデザインが特徴。反対に「外羽根」は、外側に広がる履き口と、革パーツが重なり縫い合わされているデザインが特徴。ダービーシューズが代表的な名称です。

カラーリング

かしこまった場や装いとしては、やっぱり“黒”が基本。冠婚葬祭には不向きですが、メダリオンが入ったレザーシューズや、ウィングチップなどでも黒を選択するだけで、一気にドレッシー。

“カジュアル”なレザーシューズとは?

オトナのカジュアルコーディネートには、レザーシューズが必須アイテム。カジュアル向きのデザインはとても多く、ドライビングシューズ・ローファー・チャッカブーツなど、沢山の選択肢があります。

デザイン

カジュアルデザインはとても幅が広く、装飾もディテールも豊富。各シューズメーカーが販売している中でも、代表的な「ローファー」はカジュアル志向。次いで、ブーツもカジュアルな部類だと言えます。

カラーリング

ブラウンやグレー・バーガンディなど、豊富なカラー展開がされているのも、カジュアルレザーシューズの楽しいところ。黒はフォーマルでシックな印象、ブラウンはカジュアルでラフな印象が強くなります。

“オンオフ兼用”レザーシュースのデザイン

では、フォーマルとカジュアルのいいとこどりをした“オンオフ兼用レザーシューズ”のおすすめデザインをご紹介。今回キーポイントとなるのが、

「ぽってり」
「モンクストラップ」
「ホールカット」

の3つ。それぞれが持つデザインの強みと、それぞれのブランドがリリースしている紳士なレザーシューズをピックアップ!

“ぽってり”レザーシューズが最旬!

各ラグジュアリーブランドも、こぞって昨今のコレクションで発表している「ぽってり」顔のレザーシューズ。つま先が先細りになった従来の“尖った”印象は捨て、丸みを帯びた“曲線美”なデザインに流れが変わってきています。

Paraboot(パラブーツ)のぽってりレザーシューズ

■一度は目にしたことがある、独特なフォルムが魅力的なParaboot(パラブーツ)。大人気モデルの“シャンボード”は、Uチップの紳士的な表情がオンオフ兼用にぴったり。全体的に厚みのある「ぽってり」さは、さすがの貫禄。


■登山用に開発された耐久性のある製法・雨の日でも安心のラバーソール・ブランドが誇るオリジナルのリスレザー(オイルを多量に含ませた撥水性のあるカーフ)と、実用的かつ頼れるタフさが魅力的。寒冷地にお住まいの方にもおすすめしたい、ヘビーユーズ間違いなしの逸品。フランスでの製造・原料にこだわっています。

Paraboot(パラブーツ)のドレスシューズをもっと見る

ALDEN(オールデン)のぽってりレザーシューズ

■アメリカントラディショナルの名門、ALDEN(オールデン)。幅広の伝統的な木型(モディファイドラスト)で製造される、元祖「ぽってり」レザーシューズです。くの字にカーブするラインが唯一無二のチャームポイント。


■美しく輝くコードバンは、“ちょっと面倒くさい”手入れを施すことも醍醐味。雨とシワの入り具合には、細心の注意を払いましょう。とにもかくにも、一筋縄ではいかない部分も含め、アイビールックをとことん堪能できます。

ALDEN(オールデン)のドレスシューズをもっと見る

Church's(チャーチ)のぽってりレザーシューズ

■フランス・アメリカに続いて、聖地イギリス・ノーサンプトンで地位を確立しているChurch's(チャーチ)からも「ぽってり」をご紹介。どちらかと言えば英国はスマートな細いディテールを好みますが、そこは変化を恐れないのが老舗たる所以。


■ダービーシューズは程よい「ぽってり」感があり、オンオフ兼用に扱いやすいデザイン。堅苦しい印象はなく、しっかりとレザーシューズが放つこだわりを見せる一級品です。

Church's(チャーチ)のドレスシューズをもっと見る

レザーシューズの名品“モンクストラップ”

オンオフ兼用と言えば、真っ先に頭に浮かぶ紳士なデザイン。“モンクストラップ”は、ストラップと金具が高級感と絶妙なバランスを創り出す、紳士な紐無しレザーシューズです。足元に華を添える、スマートな表情が最高にかっこいい。

モンクストラップシューズは、ストラップがひとつのシングルモンク。ストラップがふたつのダブルモンクが存在。それぞれ豊富なデザインと洗練さを兼ね備え、一足づつ異なる雰囲気に奥深さを感じます。

John Lobb(ジョンロブ)のモンクストラップ

■ノーサンプトンの誇りを守る、英国王室御用達の正統派なシューズメーカー。レースアップシューズ同様、ダブルモンクのラインナップも豊富なJohn Lobb(ジョンロブ)。もしモンクストラップシューズを検討しているのなら、真っ先にこのブランドを推進します。


■王道なモンクデザインから、ひねりを加えたデザインまで幅広くリリースしているJohn Lobb(ジョンロブ)。レザーの素材感により、印象が異なることも面白いところ。秋冬は、是非スエードを採用してほしい。

John Lobb(ジョンロブ)のドレスシューズをもっと見る

Paraboot(パラブーツ)のモンクストラップ

■Paraboot(パラブーツ)からも、ダブルモンクがリリースされています。エレガントと言うよりは、無骨な雰囲気を醸し出す“働く男のメンズシューズ”。レースアップデザインとは違う、また新しい魅力を発見できます。

ALDEN(オールデン)のモンクストラップ

■ALDEN(オールデン)が扱うモンクストラップシューズは、ほぼシングルモンク。すっきりとしたデザインは、ジャケパンやカジュアルスタイルにもマッチします。アメトラを愛するメンズの足に合う、ぽってりとしたモンクデザインはALDEN(オールデン)だけ。

Church's(チャーチ)のモンクストラップ

■繊細さを感じる、線の細いモンクストラップが軽やかな印象のChurch's(チャーチ)。主張しすぎないデザインはコーディネートの馴染みも良く、さまざまなスタイルに浸透する秀逸さを持ちます。

“ホールカット”で差を付ける

1枚の革で仕立てられた、高級感と美しい質感を楽しめる紳士なレザーシューズ。“ホールカット”は、製作の緻密さ・革質の吟味の難しさと、メーカーの腕の見せ所。一目見ただけで価値が分かる、革靴好きな紳士の為の一足です。

至極シンプルなデザインだからこそ、どんなスタイルにも化ける。そんな清い装飾の無さが、最高にクール!硬すぎずのスマートな表情がかっこいい。

John Lobb(ジョンロブ)のホールカット

■美しく輝く革質の良さを感じる一足は、英国らしい細身のシルエット。ホールカットはあまり幅広だと野暮ったくなるので、このフォルムで是非攻めたい。トゥのハイシャイン具合で、ドレッシーさがアップします。

Church's(チャーチ)のホールカット

■フラットでコンパクトな一足は、ステッチの有無により異なる印象に。大人のスーツ・ジャケットスタイルにマッチする、確かな品質が1番のチャームポイントです。

ドレスシューズ・ビジネスシューズをもっと見る

オンオフ兼用で最高のレザーシューズを嗜む

ザ・ビジネスなレザーシューズは、仕事道具のイメージが強く付きます。オンオフ兼用であれば、コーディネートの幅も広がり、愛着もひとしお。新しいデザインやシューズだと、足取りも軽くなりそう。メンテナンスとトゥの光沢は、もちろん死守。

あなたにオススメの記事はコチラ!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

YOSHiMi

EDITOR / YOSHiMi

メンズファッション一筋の元販売員エディター。家事育児の傍ら、ファッションの世界を探訪中。モード&ラグジュアリーなアイテムを嬉々として日々リサーチ。バッグ・ジュエリー・スニーカーと紳士なレザーシューズが大好き。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧