インテリア性ばっちり♪テーブルを特別にしてくれるコースター
2021/02/12
912 VIEWS

インテリア性ばっちり♪テーブルを特別にしてくれるコースター

Photo by:www.instagram.com

コースターといえば、ただコップやグラスを置くだけのアイテムと思いがちですが、最近ではダイニングを素敵に彩ってくれるデザインのものも増えてきました。テーブルをより素敵に見せてくれるコースターの選び方やディスプレイのポイントなどを実例とともにチェックしてみましょう♪

コースターはダイニングテーブルの隠れ主役

普段何気なく使っているコースター。小さなアイテムですが、テーブルに飲み物の雫がつかないようにしてくれたり、テーブルに熱を伝えないようにしてくれる、テーブルには欠かせないアイテムです。

裏方的アイテムに見えるコースターは、実はインテリアのアクセントとしても使える影の小さな主役的アイテムでもあります。今回は、小さいながらインテリアの主役としても使えるコースターの魅力に迫ってみましょう。

コースターの選び方

素材で選ぶ

Talk women01

デザイン以外だと、素材で選ぶのがおすすめ。メジャーな素材には以下のようなものがあります。

コルク

吸水性に優れたコルク。
デザインの幅は狭めですが、軽量で取り扱いやすく、温かみのある質感が人気です。使った後は、水気をしっかり拭き取って保存しておくと長持ちします。

コルクのコースターをもっと見る

使い捨てのものも多いペーパーコースター。
比較的リーズナブルでデザインも豊富なのが特徴です。吸水性も抜群で、収納にも手間取りにくいのも魅力。折り紙などを活用してオリジナルのものを作ってみるのも楽しそうです。

紙のコースターをもっと見る

石・陶器

耐久性に優れたコースターといえば石のコースター。重たさはあるものの、拭き取るだけで水気が取れるなど取り扱いやすさはピカイチです。陶器のものはちょっとしたお皿として使えるものも豊富で、一つで複数用途に使いやすいのが魅力。

石のコースターをもっと見る

ラタンなど天然繊維

ラタンや麻などの天然繊維を使ったコースターは繊細さが楽しめるのがポイント。素材によっては軽量で、取り扱いやすいものも豊富です。こちらも吸水性がある分カビになりやすいため、使った後にはよく乾かして保管しておきましょう。

ラタンのコースターをもっと見る

ウッド

素朴さの感じられるウッドコースター。吸水性は低めですが、温かみのある印象を演出することができます。デザインも豊富で、ナチュラルな印象のものがお好きな方におすすめの素材です。こちらも水気に弱いため、しっかり乾燥させて保管しましょう。

ウッドのコースターをもっと見る

ファブリック

軽量で使い勝手が良く、比較的リーズナブルなコースター素材といえば布。吸水性もよく、汚れた時はさっと水洗いできるのも魅力です。

ファブリックのコースターをもっと見る

Talk women01

手芸用生地やハギレでコースターを自作される方も多いですよ。

手芸用の生地をもっと見る

サイズで選ぶ

コースターを選ぶ際には、サイズ選びも重要になってきます。
コースターのサイズは素材やデザイン、メーカーによってまちまちですが、一般的なコースターのサイズは丸型なら直径10cm弱、スクエア型なら一辺9cmほど。お手持ちのマグカップやグラスに合うかどうかチェックしておきましょう。

意外と豊富なコースターの使い道

Talk women01

続いて、コースターのおすすめの使い道をご紹介していきます♪

トレイとコーディネートを楽しむ

ランチョンマットやトレイと一緒に食事やおやつを楽しむ際に、トレイとコースターのコンビネーションを楽しむのはいかがでしょうか。こちらはナチュラルなウッドトレイにファブリックコースターを合わせたコーディネート。日常のささやかな一コマも、コースターをプラスするとより生き生きとしたシーンに演出されます。

アルファベットコースターなら誰のドリンクか迷わない

家族での集まりには、アルファベットコースターを使ってみるのはいかが?名前のイニシャルを並べて席を決めたり、ドリンクを置いておけば皆同じカップでも飲み物を間違えてしまうことを防げます。

センターピースのアイテムとして使う

センターピースとは、ダイニングテーブルの中央に置くディスプレイのこと。
テーブル中央に置くキャンドルや観葉植物もセンターピースの一つです。こちらのように、バスケットを使って複数のアイテムをアレンジする際のアクセントとしてコースターを入れておくのもおすすめ。色・柄がはっきりしたものなら、周りのアイテムを引き締めることもできそうです。

アクセサリーなど小物用トレイとして使う

ハードめの素材のものなら、リングやウォッチなどのアクセサリートレイとして使うことも可能。明日使う予定のものの一時保管場所としても使えますね。

アクセサリーの他、こまごまとした事務用品置きとしても活躍。
美しい色味のものを使えば、デスクと華やかなアクセントになりますね♪

プレイスマットとして

鍋敷やフラワーベース置きなど、少し大きめサイズのものならプレイスマットとして活用することも可能。こちらのように、置く物の色味にマッチさせると自然な印象を演出することができます。コントラストを高めるなら補色同士で組み合わせるのもおすすめです。

キャンドルの置き場に困った時も、テーブルに熱を伝えないコースターがあればすぐに対応できます。

ハードめの素材のものなら、リングやピアスなどのアクセサリートレイとして使うことも可能。

コースターを使って空間を上手に彩ろう

小さな存在ではあるけれど、あると意外にも多用途で助かるコースターの選び方や魅力、おすすめの使い方をご紹介していきました。複数の素材のものを揃えてみて、用途別に使い分けてみるのも良さそうですね。ただ飲み物を置くだけでなく、暮らしの様々なシーンで役立つコースター、あなたならどう使いますか?

Buymaで素敵なコースターをチェックしてみよう♪

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧