【永久保存版】おしゃれ都市、韓国 (ソウル)、パリ、 NYに学ぶ♡国別インテリアポイント
2021/02/11
4593 VIEWS

【永久保存版】おしゃれ都市、韓国 (ソウル)、パリ、 NYに学ぶ♡国別インテリアポイント

Photo by:www.instagram.com

2月3月といえば新生活が始まる人も多いのでは?今回はおしゃれ都市「韓国」「パリ」「NY」風のお部屋を実現するためのインテリアポイントをそれぞれ国別でまとめてみました!

〈可愛いとオシャレのいいとこ取り、韓国風インテリア〉

ここ1、2年韓国風インテリアがおしゃれ感度の高い女子たちから高い支持を受け、インテリアの通販サイトでも「韓国風」アイテムが一気に増えたように感じます。では、早速韓国スタイルを実現するためのインテリアポイントをチェックしていきましょう!

⑴ インテリアはホワイトでまとめる

韓国風インテリア最大の特徴はやはり色味が「ホワイト」で統一されてること。色味をプラスするのであればベージュや淡めのトーンで抑え、統一感を出すのがポイントです。存在感のあるベッドやソファーのカバーを変えるだけでかなり印象が変わるので是非試してみて。

⑵ 背の高いアイテムはなるべく避ける

日本同様、ミニマルな印象のお部屋が多い韓国は視覚的にもひと工夫あり。背の高い家具を置いてしまうと圧迫感が出て部屋が狭く見えてしまうので、背の低い家具をチョイスして解放的に見せるのがポイントです。膨張色のホワイトインテリア+低めの家具で狭いお家も広く見せつつ韓国風ルームをゲットしましょう♪

⑶ 存在感のある個性的なアイテム

韓国といえば、日本で手に入らないような個性的なデザインの雑貨が多いのが特徴的ですよね。2020年に大ヒットした変形ミラーやオブジェキャンドル、ウォールステッカーなど......。どのアイテムも比較的安価でゲットできるので好みに合わせてオーダーしてみて♡

⑷ お洒落なガジェット

最近、じわじわ再流行しつつあるアナログレコードは筆者も気になっているアイテムの1つ。特にインテリアの一部にもなるCrosley(クロスリー)はカラー展開も豊富でお家時間の新たなお供になりそう。他にも、illy(イリー)のエスプレッソマシンなど韓国風ルームを底上げしてくれそうなアイテムは持っているだけでテンションが上がること間違いなし♡

〈気分はパリジェンヌ、パリのアパルトマン風インテリア〉

パリのアパルトマンというと皆さんはどんなイメージが湧きますか。豪華でラグジュアリーな感じ?それとも、素朴だけどこだわりがギュッと詰まった感じでしょうか?いくつになってもパリってどこか憧れの存在でもありますよね。お次は、そんなパリのアパルトマン風インテリアを実現するための3つのポイントをご紹介します。

⑴ ラウンドテーブルとテーブルクロス

パリというとバルコニーに小さなラウンドテーブルと椅子を置いて、コーヒーを飲みながらゆったり過ごすイメージがありませんか?日本の1人暮らし用賃貸はバルコニーが狭いところが多く、パリジェンヌのように!とは難しいかもしれませんが、お家の中にテーブルとクロスをひいて置くだけでパリの小さなアパルトマンに住んでいる気持ちになれそう♪

⑵ キャンドルとお花はパリジェンヌのマストアイテム

パリのアパルトマン風を実現するのに必ず必要なアイテムといえば、キャンドルとお花の組み合わせではないでしょうか?自分を慈しむ時間を大切にするパリジェンヌに習って、わたし達もお気に入りのキャンドルとお花を飾ってお家時間を楽しみましょう♪

⑶ ホワイト+ブラック+ゴールド+木目調

パリのアパルトマン風インテリアを実現する上で欠かせないのがこのホワイト・ブラック・ゴールドの3色と木目調の床。特に“ヘリンボーン”という上の写真のような床のデザインにするとアパルトマンの雰囲気にグッと近づきます。賃貸だし、床は変えられない......。という人も諦めないで◎ネットで【ヘリンボーン クッションフロア】と検索すると賃貸でも剥がせて使えるフロアシートがたくさん出てくるので是非調べてみてくださいね♪

またインテリアの色はシンプルにまとめ、「清潔感のあるホワイト」「引き締まった印象のブラック」「華やかを出すゴールド」を7:2:1くらいにするとグッド!大きな家具やインテリアはホワイト、椅子や棚はブラック、小物系はゴールドでまとめるなど是非インテリアや雑貨を買う時のポイントにしてみて下さね。

〈センスが光る、ニューヨーカー風インテリア〉

憧れの海外ドラマや映画に出てくる主人公のお家はどれも魅力的なお部屋ばかり。モノが多くてごちゃごちゃに見えそうなのに、不思議とまとまりがある。お次はそんなセンスの光るニューヨーカー風のお部屋を実現するためのポイントを3つご紹介します。

⑴ 大きめの1人掛けソファーを置く

インテリアのセンスが光る海外ドラマや映画に必ずと言っていいほど出てくるのが大きめの1人掛けソファー。お家時間が増える今、自分がリラックスできる運命の1脚をゲットして。

⑵ ラグは柄アイテムをチョイス

無地ではなく、ラグは柄もので個性を出すのがニューヨークスタイル。ラグはソファーとの相性が重要なので、ラグに入っている色のソファーをチョイスするとまとまり感が出てグッド。

⑶ 観葉植物はマストで

大都会に住むニューヨーカーにとってグリーンに触れる機会は貴重。きっと、東京都心部に住む人も同じなのでは?部屋を鮮やかにしてくれるだけではなく、ヒーリング効果のある観葉植物はこの時代のマストアイテム。是非、自宅に観葉植物を迎えてみてはいかが?

いかがでしたか?

皆さん、お気に入りのお部屋は見つかりましたか?♡ お家の雰囲気って実はとても大切で、自分がどんな人になりたいかを1番大きく反映する空間だと思います。お家時間が増える今、お部屋を「自分のなりたい」に近づけて是非2021年、素敵な1年にしていきましょう!!

あなたにおすすめの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

MEDI

EDITOR / MEDI

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧