収納力のある"おしゃれチェスト"で楽しく整理整頓♡【インテリア見本帳】
2021/02/14
1644 VIEWS

収納力のある"おしゃれチェスト"で楽しく整理整頓♡【インテリア見本帳】

Photo by:www.instagram.com

チェストといえば、インテリアの中でも存在感がある収納家具でもあり、収納力だけでなく見た目もしっかり吟味して選びたい家具です。そこで今回はおしゃれチェストやディスプレイ方法、おすすめの設置場所などをご紹介。おしゃれチェストでインテリアをもっと華やかにしてみませんか?

おしゃれなチェストをインテリアに取り入れてみよう

チェストといえば日本では衣類収納メインで使われるアイテムとしてお馴染みの家具。大きめのものが多い分、インテリア全体への影響力が大きいアイテムとしても知られています。せっかく取り入れるなら、おしゃれなものを選んでインテリアを彩るアイテムとしても活用してみませんか?

チェストの選び方

Talk women01

おしゃれなインテリアを作る際、チェストはどう選ぶと良いのでしょうか?おすすめの選び方をご紹介していきます。

まずは使う目的・場所から選ぼう!

チェストを新たにおうちに取り入れる場合、まず最初に決めるべきことがあります。それが「チェストを使う目的」と「置く場所」です。大きなものも多いチェストなので、最初に置く場所を決めておかないと搬入が難しくなったり、生活動線がややこしくなるなどのトラブルも生じがち。必ず、搬入したい場所のサイズを測っておき、目的に合った使い方ができるか考えておきましょう。

Talk women01

衣類収納なのか、小物の収納メインなのか、子供のおもちゃを片付けたいのか、目的と置く場所を決めてからデザインを決めていくと今後スムーズですよ。

Talk men01

あえて散らかりやすいお部屋に取り入れて整理整頓するのもおすすめ。子供部屋やリビングなど、ものが多くなりがちなところに取り入れると、収納が不足しにくくいつでも片付けしやすい空間に整います。

「奥行き」サイズに注目!

お部屋によっては、奥行きが広いチェストはお部屋の面積をかなり狭くしてしまうことがあります。奥行きが広いものは収納力もあって良いですが、その分周辺アイテムが使いにくくなってしまわないか、動線が邪魔されないかを考えてみましょう。

出入り口付近や壁伝いに置くなら、奥行き狭めのスリムタイプがおすすめ。これなら通りやすく、他の家具とも喧嘩しにくいですよ。収納力を求める場合は、引き出しが多いものを探してみると◎。

狭めのお部屋なら低めチェストがおすすめ

家具の高さはお部屋を印象付ける上でとても重要な要素。小さめのお部屋にチェストを取り入れるなら、なるべく低めのものを取り入れるのがおすすめです。低めのものなら、視覚的な圧迫感を感じにくく、よりお部屋を広く使うことができます♪

お部屋の色調にマッチしたものを選ぶ

例えば、お部屋がホワイトメインのナチュラル系インテリアなら白系のチェストを、シャビー系ならくすみトーンのもの、ダークカラーメインの男前系インテリアならブラックやアイアンでできたもの…など、お部屋の色調やインテリアジャンルに応じて選んでみると良いでしょう。大きなものでも、合わせて選ぶことで違和感なくおしゃれな空間を作り出せますよ。

チェストはディスプレイボードとしても使える♪

収納に特化したチェストですが、実は用途はそれだけにとどまりません。チェストの天板やその周辺スペースを使ってインテリアアイテムをディスプレイすることも可能なのです。収納を増やせるだけでなく、ディスプレイをもっと楽しみたいという方にもおすすめの家具です。


チェストを取り入れることで、収納場所が増えるだけでなく、お花やオブジェを飾る場所も増やせます。お部屋に新たな彩りが増えて賑やかになるのも素敵なことですよね。

素敵なチェストディスプレイ

Talk women01

ここからは、実例とともに素敵なチェストディスプレイをご紹介。お部屋にチェストを取り入れようと思っている方はぜひチェックしてみてくださいね!

ミラーチェストを取り入れた実例。他の記事でもご紹介していますが、ミラー家具は周りのものを映し出すため、見た目のインパクトの割にお部屋を狭く見せないのが魅力です。狭めのお部屋の方でチェスト選びに迷っている方は、ミラーチェストを候補に入れてみるのはいかがでしょうか?

ミラー家具についてはこちら≫≫


お部屋のサイズに余裕があれば、ベッドの両脇にサイドボードがわりのチェストを置いてみるのもおすすめ。こちらのように左右対称になるようなシンプルデザインのものを配置すれば、あっという間にホテル風の洗練されたベッドルームが出来上がります。


さほど大きくなくても良いからサイドテーブルが欲しいなと思っている方には、こちらのようなチェストタイプのナイトテーブルもおすすめ。ベッド周りに散らばりがちなものもスマートに収納できるため、人気のタイプです。角にぴったりフィットするものなら、さほどお部屋を狭くせず、便利に使うことができます。


チェスト上にディスプレイしたい物の色味にあったチェストを選ぶのも素敵ですね。こちらのように、観葉植物にあった色味を選ぶことで、よりアクセントを効かせた空間が作り出せます。


大きなミラーの前にチェストを配置した空間。テーブルとしても使えそうな絶妙な高さなので、チェアを持ってくれば簡易ドレッサーとしても活用できそうですね。


チェストといっても、全てが木材などソリッドな素材でできたものとは限りません。例えば、こちらのようなラタンミックスチェストはいかがでしょうか?ボーホーインテリア(*)やナチュラルインテリアととくに相性が良い素材で、重たく見えないのが魅力です。同じような素材感のインテリアアイテムをディスプレイすれば、癒しされる空間を演出できます。

Talk women01

鏡も近くにあれば、朝の身支度もスムーズにできそうですね♪

(*)ボーホーインテリアとは≫≫


ベビールームのチェストインテリア。チェスト周りにはハンドメイド感のあるハンギングポールや小物が並び、ベビールームらしいぬくもりある空間に仕上がっています。

分類収納もお任せ!おしゃれチェストでインテリアを充実させよう

収納力だけでなく、インテリアディスプレイにも特化しているチェストの選び方や素敵なインテリア事例をご紹介してきました。収納もインテリアディスプレイも楽しめるチェストはサイズも豊富で、ほぼ全空間で使うことができる貴重なアイテムでもあります。ご自宅の収納が足りない場所にを取り入れて、より便利で洗練された空間作りを楽しんでみませんか?

Buymaでおしゃれなチェストを探してみよう♪

あなたにおすすめの記事はこちら

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧