ヴィンテージライクな一本で春を演出! 大人の色落ちデニム
2021/03/29
1706 VIEWS

ヴィンテージライクな一本で春を演出! 大人の色落ちデニム

Photo by:www.instagram.com

春先には淡いカラーを身に纏いたくなるもの。デニムも例外ではありません。そこで今回は、これからの季節に使い勝手抜群の「色落ちデニム」をご紹介します。

春に合わせる色落ちデニム

デニムは履き続けることによって起こる経年変化(エイジング)によって、退色が進行します。退色が強いデニムはヒゲやアタリがわかりやすく、インディゴの濃紺感は薄れ、淡い水色のような柔らかい色味へと変化していきます。

濃紺のリジットデニムも良いですが、退色した薄色のデニムには味のある風合いと絶妙な脱力感があり、春先の一本に最適です。

大人の色落ちデニムコーデ

サイズ感ごとに3種類の色落ちデニムコーデをご紹介します。

レギュラーフィット

オーソドックスなサイジングのレギュラーフィットは、最も合わせやすいタイプです。色落ちデニムはカジュアルな印象が際立ちます。シャツや革靴など、フォーマルアイテムと合わせてバランスをとりましょう。

レギュラーフィットのデニムをもっと見る


ワイドフィット

ワイドタイプは重い印象になりがちですが、裾をロールアップして肌を見せることで軽やかさを演出することができます。ワークテイストアイテムと合わせ、男臭い無骨なコーデに仕上げる方法がオススメです。

ワイドフィットのデニムをもっと見る


スキニーフィット

清潔感を演出できるスキニータイプは、大人コーデと最も相性が良い一本です。英国紳士をモデルとしたトラッドコーデには欠かせないアイテムであり、色落ちデニムであれば、ジャケットやシャツと合わせても良い抜け感をつくることができます。

スキニーフィットのデニムをもっと見る

王道はリーバイス

1800年代にアメリカで誕生したリーバイスは、金鉱で働く人々のためにデニムパンツを考案。1890年にはジーンズの原点である「501」モデルが誕生しました。現在では様々なタイプが展開されているリーバイスですが、春先の一本にはクラシックなボタンフライの501がオススメです。

Levi'sのデニムをもっと見る

淡色デニムで春を満喫

デニムは数あるファッションアイテムの中でも普遍的な存在です。汎用性が高く、現代ファッションには欠かせません。みなさんも春に向けてお気に入りの一本を新調してみてはいかがでしょうか?

色落ちデニムをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧