【新感覚インテリア】宙に浮くオブジェ「FLYTE(フライト)」がまるで魔法のよう!
2021/04/11
868 VIEWS

【新感覚インテリア】宙に浮くオブジェ「FLYTE(フライト)」がまるで魔法のよう!

Photo by:www.instagram.com

あっ!宙を浮いている。そんな摩訶不思議なオブジェがこちらのFLYTE(フライト)♡
それはまるで魔法のようで、信じられないような光景が目の前に広がります。好奇心を擽られ、洗練されたデザインのオブジェは新感覚のインテリアです。

浮いてる!「FLYTE(フライト)」の魅力

スウェーデンを拠点に活動している、プロダクト・デザイナーでもあるサイモン・モリスが設立したFLYTE(フライト)。テクノロジーとデザインの融合を特徴とし、宙に浮くオブジェが大人気のブランドです。

こちらが噂のオブジェ。本当に浮いています!

Talk women02

これは、ハンドパワー!?

Talk women01

いえいえ、こちらは魔法やハンドパワーではありません!

なぜ浮くのかと言うと、電球とベース部分に強力な磁石が入っておりその反発作用を利用したシンプルな仕組みなんです。

一目では信じられないような光景が目の前に広がります。知的好奇心を刺激する、新時代のオブジェを早速チェックしていきましょう!

ライト・マンハッタン

浮いているなら、電源がどうなっているのかが気になるところ!

ベースに搭載しているのは、電源アダプターをコンセントに繋ぐだけで電磁誘導が通る非接触充電技術。電磁誘導とは現在だとスマートフォンのワイヤレス充電などにも利用されている技術のことです。電磁誘導を採用したことにより、ソケットやコードやに電球を直接接続しなくても電気を供給することが可能です。

洗練された北欧デザインも魅力的。四角いベースと電球のゆるやかな曲線は、実にシンプルでありながらモダンなオブジェとなっています。

Talk women01

電球が浮くと、空中でゆっくりと回転するのでさらにミステリアス!またベースとなる木材は、サステイナブルな木を使用。電気コンセントにつなぐと作動し、端にある電源を軽く触れるだけでライトのオン・オフができます♡

Buda Bal(ブダボール)

芸術と科学の融合だと話題となっているのが、こちらのBuda Bal(ブダボール)。まるでボールが無重力のように浮かんでいます。無機質なボールが回転しながら浮いていて、その光景はなんとも不思議!

ボールには磁気が埋め込まれており、ボールはフワフワとせずじっと静止した状態で浮き続けます。設置方法はベースの空中に両手でそっとボールを置くだけです。

Talk women01

Buda Bal(ブダボール)の設置は至って簡単ですが、電球や植物は重みがあるので、少しコツを掴む必要がありそうです。電球シリーズには設置する場所の、目安を示すアシスタントがついているのでその点はご安心を!

Talk women01

またこちらは水平に置くだけではなく、垂直方向や斜めにも設置できます!ボールをじっと見ていると、慌ただしい毎日やストレスの多い現代社会から精神を解き放ち、集中力が高まり癒し効果もあるとのこと。これまでになかったタイプのインテリアは、唯一無二の存在感を放ちます♡

Lyfe Planter(ライフプランター)

空中にお気に入りの植物を浮かせることができる、新しいプランターでもあるLyfe(ライフ)。鑑賞に最適なフォルムのプランターで、360度どの角度から見ても美しいと評判です。

こちらのプランターは、約250kgまでの植物を植えることが可能です。また土を使わず、適度に水分を与えるだけで育てられるエアプランツが推奨されています。

Talk women01

Lyfe(ライフ)も浮くだけではありません。こちらも自由にゆっくり自転するため、均等に日光を当てることができ、植物にとっては一石二鳥です。時には一旦停止をしたり、逆方向に周り出したりとまるで生き物のように動く、Lyfe(ライフ)。表情が変化していくのが面白く、神秘的な光景をみることができます!

いかがでしたか?

FLYTE(フライト)のオブジェは、置くだけでそこだけ魔法を使われているような、まるで別次元の空間へと誘ってくれるアイテムです。

新たなイマジネーションを与えてくれる、新感覚のオブジェ、ぜひチェックしてみてくださいね!

FLYTE(フライト)のアイテムをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

y-Tizam

EDITOR / y-Tizam

バイヤー兼ライター
海外セレブ・海外ファッションを中心に執筆しています。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧