嫌味にならない「大人メンズのブランドロゴアイテム」活用術
2021/05/20
2237 VIEWS

嫌味にならない「大人メンズのブランドロゴアイテム」活用術

Photo by:www.instagram.com

ブランドネームやロゴは主張が強いものも多く、日常のコーディネートには活用しづらいという方もいるでしょう。そこで今回は、それとなくコーディネートにプラスできるブランドロゴアイテムの活用術をご紹介します。

ブランドロゴの意義

洋服や小物には、ブランドネームやロゴが印字されているアイテムが多く目につきます。その目的は自社ブランドの存在感を主張する事です。ですが、大袈裟なロゴやデザインは、時にコーディネートの妨げになります。

以下に、全体のコーディネートを即なう事なく、ブランドロゴを取り入れるための方法をご紹介します。

オススメブランドロゴ活用術

ロゴ面積は小さめをチョイス

ロゴやデザインの大きすぎるアイテムは避けましょう。胸のワンポイントやボトムスのポケットに付属するタグなど、コーディネート全体の雰囲気を損なわない程度の主張がポイントです。“それとなく見える”を意識することが大事です。

インナー使いでカジュアルダウン

アウターのロゴは避けるべきでしょう。全体の印象がうるさくなり子供っぽい雰囲気を助長します。存在感のあるロゴやデザインはインナーで使用し、フォーマルなアウターと合わせる事で中和する方法がオススメです。

ロゴアイテムは一点使い

ロゴアイテムは一点に絞るべきです。全身に異なるブランドのロゴが点在するコーディネートはやかましく、落ち着きがありません。どこか一点だけに使用し、メリハリを意識しましょう。

ロゴTシャツ・トップスをもっと見る

大人のロゴアイテムコーデ

どちらのコーディネートにも共通するのは、ロゴを一点に絞りワンポイントとして利用している事です。また、全身を無地アイテムで統一する事でロゴの存在感を際立たせることができます。大人のロゴアイテム使いは、画像程度のバランスに抑える事でコーディネートとしてまとまりを演出することができます。

ロゴキャップをもっと見る

ロゴアイテムは良いアクセント

ブランドのロゴはコーディネートの良いスパイスとして機能します。間違っても過剰に使用せず、コーディネート全体のバランスを見た上で上手に取り入れるようにしましょう。

ブランドロゴアイテムをもっと見る

あなたにおすすめの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

ICHI

EDITOR / ICHI

フリーランスWebライター。元セレクトショップ店員。30代MEN。大人のオシャレをメインテーマに執筆中。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧