香水マニア必見♡それどこの⁈と聞かれること間違いなしな「MEMO PARIS(メモパリス)」とは
2021/09/01
692 VIEWS

香水マニア必見♡それどこの⁈と聞かれること間違いなしな「MEMO PARIS(メモパリス)」とは

Photo by:www.instagram.com

今回は“人から一目置かれるようなハイグレードな香水が欲しい”という方に一押しな、香水の流行最先端でもあるパリ発祥の「MEMO PARIS (メモパリス)」が手掛ける一流の香水の魅力をご紹介します。

パリジェンヌをも虜にする MEMO PARIS(メモパリス)

香水の流行最先端であるパリでMolloy(モリー)夫妻の手によって2007年に誕生した「MEMO PARIS(メモパリス)」は、その妻であるClara Molloy(クララ・モリー)が世界中を旅した際に身体で記憶した驚きや感動、エネルギーを表現した香水やバスグッズなどを数多く展開しているフレグランスブランドです。

フランスで有名な調香師といえば男性が多い中、この「MEMO PARIS(メモパリス)」ではAliénor Massenet(アリエノール・マッサネ)という女性が専属の調香師として活躍されているのだとか。

性別に関係なく使える香りを展開していることや、未知の世界へ連れて行ってくれるような詩的でユニークな香り、美術作品のように細部にまでこだわり抜かれたボトルデザインも、他ブランドにはない大きな魅力です。

「MEMO PARIS(メモパリス)」が手掛ける香水はこちら

商品名: INLE

時の流れが止まったかのように静かな、ミャンマーの「インレー湖」をイメージした香り。

[香料]
トップノート: アルテミシア・ミント・ベルガモット
ミドルノート: 木犀・ジャスミン・ティーリーフ・スパイス
ベースノート: オリス・ムスク・シダー


商品名: TAMARINDO

熱い太陽が降り注ぎ、広大な海が広がる中南米コスタリカにある地区「タマリンド」をしのぶ香り。

[香料]
トップノート: ベルガモット・カルダモン
ミドルノート: パイナップル・ジャスミン
ベースノート: ベンゾイン・パチョリ・バニラ


商品名: ILHA DO MEL

ブラジル南部の美しい島「メル島」の果てしなく押し寄せる青い海の波や、温暖な気候を表現した香り。

[香料]
トップノート: マンダリンオレンジ・ジュニパー・ヒヤシンス
ミドルノート: オレンジフラワー・ジャスミン・蜂蜜・アヤメ・ブルーム
ベースノート: バニラ


商品名: AFRICAN LEATHER

「アフリカ」の広大な自然や、異国情緒あふれる空気感をオマージュした香り。

[香料]
トップノート: ベルガモット・カルダモン・サフラン
ミドルノート: キャラウェイ・ゼラニウム
ベースノート: アガーウッド・レザー・ムスク・パチョリ・トンカ・ベチバー


商品名: ROSE PARIS ROSE

金色の銅像や、美しい遺跡が光り輝く都市「パリ」を愛するすべての人に捧げる香り。

[香料]
トップノート: ローズ
ミドルノート: ダバナ
ベースノート: グアイアック ウッド


商品名: GRANADA

スペインにある「アルハンブラ宮殿」で、月明かりの下でジプシーが踊る夜を思わせる香り。

[香料]
トップノート: ベルガモット・ザクロ
ミドルノート: ネロリ・ジャスミンサンバックアブソリュート
ベースノート: ムスク・アンバーウッド


商品名: SINTRA

ポルトガルの生い茂った森の中に位置する、色とりどりの美しい建築物「シントラ王宮」でインスピレーションを受けて作られた香り。

[香料]
トップノート: ネロリ・プチグレン・ベルガモット・赤い果物
ミドルノート: オレンジブロッサム・ジャスミン・牛乳・樹脂・ローズ・シナモン
ベースノート: マシュマロ・マダガスカルバニラ・キャラメル・ムスク


商品名: VAADHOO

幻想的に光る砂浜があることから“星の海”と呼ばれている、モルディブの「バードゥ島」からインスピレーションを受けて作られた香り。

[香料]
トップノート: バジル・ブラックカランの芽・ジンジャー
ミドルノート: ゼラニウム・ジャスミン
ベースノート: モス・パチョリ・ベチバー


商品名: SIWA

アレキサンダー大王やクレオパトラが神のお告げを聞いたと言われる、エジプト北部に位置する都市「シワ」にインスパイアされた香り。

[香料]
トップノート: アルデハイド・スミレの葉
ミドルノート: ナルキッソス・ウイスキー・シナモン
ベースノート: ポップコーン・ムスク・バニラ

持ち運びには専用の「トラベルケース」がおすすめ !

出先や旅行先でもMEMO PARIS(メモパリス)の香りを楽しみたいという方は、ラグジュアリー感が漂う専用の「トラベルケース」に、内容量10mLの「トラベルサイズの香水」を入れて持ち運ぶのがおすすめ。
専用のケースに入れることで見た目がお洒落になるだけではなく、バッグの中でガラス容器が割れてしまったり、直射日光に当たって香りが変わってしまうといったトラブルも回避することが出来ます。

いかがでしたか ?

旅をしている最中のような活き活きした気持ちを体感させてくれる、まさにジェンダーレスで使える香りばかりが取り揃えられています。
ぜひ皆さんも「MEMO PARIS(メモパリス)」のハイグレードな個性が光る香水で、新たな香りとの出会いをお楽しみください !

香水をもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧