リビングにソファは必要?ソファナシでものびのびくつろげる空間作りのポイント
2021/05/29
1958 VIEWS

リビングにソファは必要?ソファナシでものびのびくつろげる空間作りのポイント

Photo by:www.instagram.com

リビングにおく家具として何を想像しますか?多くの方が「ソファ」を想像したのではないでしょうか。ソファはゆったり過ごせる場所ですが、お部屋によっては空間を狭めてしまうだけの存在になってしまうことも。今回は、ソファがなくてものんびりくつろげるリビングインテリアの作り方をご紹介。

そもそもリビングにソファは必要なの?論

リビングといえばソファがある風景を思い浮かべがちですが、ライフスタイルによっては実はソファが要らなかった…というご家庭や、お部屋を圧迫してしまいむしろ寛げなくなった…という声もちらほら。

Talk women02

ソファは高いし、模様替えを頻繁にするから掃除と移動が割としんどいのよね

Talk men01

お部屋が狭いとソファも取り入れにくい。ソファなしでもリラックスできる空間を作ってみたい

ソファは深く腰掛けてじっくりと体を休めることができるチェアではありますが、ソファがなくてもお部屋のサイズ関係なくくつろぐことは可能。ソファがなくてもくつろげる空間の作り方ポイントを実例とともにチェックしていきましょう。

お部屋を広く使いたいなら厚めのラグ+クッションがおすすめ

出典:www.buyma.com

お部屋のスペースが特に限られている、という場合におすすめの方法。厚めのラグを敷いてその上にクッションを置いておくだけでロースタイルのリラックス空間を作ることができます。特に、上のような大きめビーズクッションなら、体を預けて座ることも可能に。

Talk men01

ソファの代わりにクッションを置くことで、ソファを置いた時よりも空間の圧迫感がグッと減ります。お部屋に入った時の目線も低くなるため、空間をより広く見せることができるメリットも得られます。

Talk women01

初夏からは上のようなジュートラグを使って快適性を高めてみるのもおすすめ。

おすすめラグ&クッション

人気のクッションをもっと見る


Talk women01

晩秋あたりからは、こちらのような厚手秋冬素材のラグに変えるとお部屋の雰囲気も大きく変わりますね。

秋冬用おすすめクッション&ラグ

人気のラグをもっと見る

ソファの代わりにチェアを活用

人によってはソファよりもチェアの方がくつろげる、という方もいらっしゃるかと思います。好みの座り心地のパーソナルチェアを見つけて一つだけ置けば、自分だけのくつろぎスペースの出来上がりです。

Talk women01

他の家族メンバーもそれぞれ好みのチェアや座り心地があるはず。ソファを買わなくても、一人一人が好きな場所で好きな座り心地のチェアでくつろぐことができますね。

Talk men01

チェアなら床掃除もより簡単に!

パーソナルチェアの記事をチェック✓

人気のパーソナルチェアをもっと見る


チェアのほか、お気に入りのクッションやスツールを置いてみるのも良いですね。座面が硬めのチェアを置いておけば、一人暮らしの方ならダイニングチェアとしても活用することが可能に。その分スツールやクッションはフカフカのものを用意しておけばくつろぎタイムに活用することができます。

おすすめチェア&スツール

Talk women01

スツールは収納スペースが備わったものも人気。ブランケットからリビングで使う小物、生活感のあるものの目隠しなど、あらゆる用途で活用できておすすめです。

スツール・オットマンをもっと見る


出典:www.buyma.com

こちらはモロッコの伝統クッション・プフをパーソナルチェアとともに活用している空間。プフはスツールやミニテーブルとしても活用できるアイテム。お部屋が狭めの空間ではマルチユースできるチェア兼ミニテーブルとして人気です。チェアとカラーを統一しておけば、調和の取れた空間を演出しやすくなります。

プフの記事をチェック✓

おすすめプフ

プフをもっと見る

LDK空間が一つになっている場合はベンチチェアも便利

1K空間など、ダイニングとリビングが一空間にまとまっている場合は、ソファも良いですが食卓でも使いやすいベンチチェアを取り入れてみるのもおすすめ。ダイニングとリビングで併用しやすいベンチなら、お部屋の面積をさほど圧迫せずに使うことができます。

おすすめベンチチェア

Talk women01

背もたれがないものは、背面に壁がある場所にダイニングテーブルを置くことをおすすめします。リビングエリアとダイニングエリア空間の、間仕切りとして使うこともできます。

Talk women01

スペースにある程度余裕があり(ソファを置いても動線が邪魔されないなど)、小さめのソファとしても併用できるダイニングベンチチェアを探すなら背もたれ付きがおすすめ。よりゆったりと座ることができます。


出典:www.buyma.com

こちらはデイベッドとしても使えるベンチチェア。壁際に置いて省スペースで使いやすい長イスの一つです。クッションを散りばめて、小さなリラックススペースを作ってみるのも良いですね。

おすすめベンチチェア(デイベッド)

ベンチチェア(デイベッド)をもっと見る


Talk women01

プフやスツールをベンチチェアと併用するのもおすすめ。場の人数が増えた場合にリビングエリアにまとめてスツール類を移動させると、皆で同じテーブルを囲むことができます♪

脚を伸ばしたい時はオットマンを活用

チェアやベンチだと脚を伸ばすのが難しいですよね。そんな時はオットマンやスツール、プフを使って脚置きを作ってみましょう。スツール類があれば、チェアに座りながら脚を伸ばしてリラックスすることができますよ。


脚置きとして、またチェアとしてオットマンやスツールを併用したい場合は、お手持ちのチェアの座面よりもやや低めを選ぶと使いやすいですよ。両アイテムとも同系色の場合は、こちらのように表面の素材が異なったものを選ぶと空間にさらに立体感を加えることもできます。


Talk women01

チェアのオットマンとしてスツールを使わない時は、こちらのようにベッドサイドに置き、ホテルのようにバッグなどの一時的な物置きスペースとして活用するのもおすすめです♪

アパート住まいならソファベッドを活用するのもアリ!

出典:www.buyma.com

くつろげる空間に特に限りがある場合でどうしてもパーソナルチェアやソファが置きたい!という場合は、クッションのほかソファベッドの活用も視野に入れてみませんか?畳めばパーソナルチェアまたはソファに、広げればベッドとして使えるソファベッドは一人暮らしのアパート空間に最適ですよ。お好みの厚みや広げ方、サイズを選んで、空間をより有意義に活用してみましょう。

ソファベッドの記事をチェック✓

おすすめソファベッド

ソファベッドをもっと見る

ソファの要/不要はお部屋の広さ・ライフスタイルで決めてみよう

リビングにソファは必要かな?とお考え中の方や、スペースが限られていてソファをくつろぎアイテムとして活用できなさそう…と不安な方向けに、ソファなしでくつろぎスペースを作るポイントをいくつかご紹介してきました。

リビング=ソファのあるスペースと連想しがちですが、ソファのある暮らしが便利で快適かどうかはライフスタイルやお部屋の使い方によって異なるもの。ご自身のライフスタイルやお部屋の広さ・動線を考慮し、ソファを置くか置かないかをジャッジしてみましょう。もしソファが不要な場合は、クッションやスツールなど小回りが効くアイテムを使ってご自身だけのリラックス空間を作ってみてはいかがでしょうか♪

ソファをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/05/28更新,   初回公開日2021/05/29

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧