収納の再考でインテリア感度アップ! ブックシェルフをおしゃれにオーガナイズ✓
2021/06/04
505 VIEWS

収納の再考でインテリア感度アップ! ブックシェルフをおしゃれにオーガナイズ✓

Photo by:www.instagram.com

自宅中心のライフスタイルで、読書が新たな趣味になった方も多いのではないでしょうか。書籍はそのまま置いておくのも良いですが、せっかくなら場所を決めてまとめて管理しておきたいところ。自分だけのブックシェルフをプロデュースして、お部屋をより自分らしい空間にしてみませんか?

本棚のある暮らし

リビングやベッドルームなど、自分の好きな時に書籍にアクセスできる環境って素敵ですよね。本棚と聞くと、なんだか大きな棚を置かなければいけないような雰囲気を想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。大きな棚を用意しなくても、場所がなくても、書籍の居場所を作ることは十分可能ですよ。

Talk women01

ここから、海外の事例を元に素敵なブックシェルフアイデアをチェックしていきましょう♪

Talk women03

収納したい本のボリュームや冊数を把握しながら、どんな収納・ディスプレイ方法がマッチしているかチェックしてみてくださいね♪

狭くても大丈夫!空きスペースをシェルフに

本が増えすぎて新たに収納場所を増設できない!という方やお部屋のスペースに限りがあるけれど本をおきたい…という方は、ソファ横やローテーブル下などすきまスペースを活用してみるのはいかがでしょうか。ジュートラグなど通気性の良い素材のラグを敷いて本を積み重ねておけばいつでも書籍にアクセスすることができます。

Talk women01

並べる背表紙のカラーは統一してきっちり並べればごちゃついた印象に見えにくいですよ。

おすすめアイテム

ジュートラグをもっと見る

ディスプレイシェルフにお気に入りの書籍を忍ばせて

普段、雑貨やアクセサリーなどの小物をディスプレイしているシェルフに、お気に入りの本を忍ばせる方法。こちらのように横向きに積み重ねて雑貨と一緒にディスプレイすれば、空間ディスプレイにもこなれ感がプラスされますね。

おすすめアイテム


こちらはナチュラルな素材のディスプレイで統一したシェルフ。本よりも雑貨メインのディスプレイラックですが、本もインテリアの一部として機能していますね。収納したい冊数が少なめの方におすすめの収納ディスプレイ方法です。

おすすめアイテム


ディスプレイ用途メインで書籍をオープンシェルフにおく場合も背表紙のカラーはある程度統一しておくのがベター。木目調シェルフにブラック・ネイビー系の背表紙が美しいコントラストを生み出しています。

おすすめアイテム

ローシェルフを使えば空間も広々

全体の冊数が中ボリュームほどで、本専用シェルフを買うのはちょっと大袈裟かな?と感じている方にはミドル〜ローシェルフがおすすめ。大きすぎず高すぎないミドル〜ローシェルフなら、お部屋でもさほど場所を取りにくい上、書籍もしっかりと収納してくれますよ。

Talk women01

大きめ・厚めの書籍は最下段、ディスプレイオブジェなどは最上段…と、重たさと大きさがあるものほど下に収納しておけばバランスの整った見た目に。


サイドテーブルほどのシェルフを丸ごとミニ本棚として活用するのも良いですね。低めのものなら、ベッド脇やソファ・チェア脇に置きやすく、リラックスタイムにいつでも本を開くことができます。

おすすめアイテム

収納付きインテリアテーブルをもっと見る

ウォールシェルフを使って壁デコの一部に

冊数は多いけれど、収納場所が見つけられない!という方におすすめの収納方法。壁に収納棚を取り付けて書籍を並べてディスプレイ収納していきます。壁にアクセントが生まれるだけでなく、どこにどの書籍があるのか一目でわかるのがメリットです。子供部屋でこのディスプレイ方法を活用されているご家庭も多いですよ。こちらのように、所々観葉植物を置いてナチュラルな印象にしているのも素敵。

おすすめアイテム

ウォールシェルフをもっと見る

ワゴンを使ってさらに使い勝手UP!

すでに本棚も書籍も十分あるけれど、書籍の収納スペースと実際に読むスペースが地味に遠い…という場合に重宝するのがワゴン!キャスターがついたワゴンは、好きな本を詰め込んで好きな場所にまとめて移動させるのにとても便利ですよ。ワゴンはインテリアにマッチしたものを常にソファやベッド脇に置いておくのもおすすめ。

おすすめアイテム

ワゴンをもっと見る

書籍ディスプレイを工夫して自分らしい空間作りを楽しもう

ご自宅の書籍をディスプレイ・収納するのにおすすめの方法をご紹介してきました。冊数に応じてディスプレイ方法や家具を選ぶことで、お部屋のスペースをより有効活用することが可能に。本は自分自身の好みや興味などをそのまま反映したものでもあります。ライフスタイルにマッチした方法で書籍をディスプレイ・収納して、より自分らしい空間作りに生かしてみてはいかがでしょうか。

本棚をもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/06/03更新,   初回公開日2021/06/04

モチヅキ アヤノ

EDITOR / モチヅキ アヤノ

元セレクトショップスタッフ・家具会社商品企画担当の美容・旅ブロガー/ライター。仕事や趣味の旅で海外文化に触れることが多く、北欧や東南アジアによく出没してます。海外の雑貨屋さん巡りやコスメ探し、ストリートファッションチェックが大好き。Blog: http://simple-rich.com/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧