【#自宅でできるホームケアTIP】傷んだ髪なんて言わせない!《美髪》へと導く♡日常生活プラス「ヘアケアTIP」を早速試したい
2021/06/05
558 VIEWS

【#自宅でできるホームケアTIP】傷んだ髪なんて言わせない!《美髪》へと導く♡日常生活プラス「ヘアケアTIP」を早速試したい

Photo by:www.instagram.com

もうすぐやってくる、湿気たっぷりの「梅雨」。そして、強い紫外線で髪の毛がダメージを受けやすい「夏の時期」。これからの時期は「髪の毛」にとっては厳しい環境とも。そこで今回は、過酷な環境の中でも「髪の毛美人」を実現できる《ヘアケアTIP》についてご紹介していきます。

「ヘアケア」しっかりできていますか?

印象を左右するパーツとして気をつけておきたい「髪の毛」

Talk women02

「ぱさぱさヘア」「ダメージヘア」を見てしまうと、肌はキレイであっても印象ダウン!

そして特にこれからの時期は、

√ 湿気たっぷりの「梅雨」

√ 紫外線たっぷりの「夏の季節」

「髪の毛」には過酷でしかない環境がやってくることに。そんな《ダメージを受けやすい時期》がやってくるため、より一層これからの時期は「ヘアケア」に力を入れるべきとも言えます。

Talk women03

「今はダメージを感じないから問題ない!」そんな人もいるかと思いますが、これからの時期は今健康的なヘアであってもダメージを受けやすくなるので他人事ではありませんよ。

Talk men03

なので、しなやかに強く健康的な髪の毛=「美髪」へと作り出せるかが、これからの過酷な環境下に耐えられるか分かれ道とも言えます!

そこで今回は、過酷な環境下でもダメージを感じず「美髪」へと実現!《健康的な髪の毛》へと導いてくれる「ヘア管理法」をご紹介。普段の生活に少し気を遣うだけの「ヘアケアTIP」なので早速試してみてくださいね。

普段の生活にプラスで美髪実現!「ヘアケアTIP」

其の一「水をよく飲むべし」

《しっとりとした肌》をつくるためにも効果を発揮する「水」!実は、肌のみならず、「健康的な髪の毛」実現するうえでもなくてはならない存在。

√ 水分:「開いたキューティクルを整える作用」

ダメージを受けてしまった“髪の毛(キューティクル)”を健康的な状態へと導いてくれる「水分」。「毎日2Lの水」を意識して飲むことで、肌の健康と共に、輝いたツヤのある髪の毛を実現できるはず。

Talk women01

これからの暑くなる時期は、「水分補給」が多くなるはず。ジュースなど味がついている飲み物ではなく、健康と美容のために「水」を意識して飲んでみてはいかがでしょうか?

其の二「たんぱく質をよく取るべし」

√ 髪の毛を構成する主成分「たんぱく質」

《髪の約80%:「たんぱく質」》にて構成されているほど大きな役割を持つ栄養素。減少してしまうとツヤが無くなり指通りが悪い髪の毛となり、「美髪」とはかけ離れてしまうので積極的に取っておきたいところ。

Talk women01

髪の毛を構成する「たんぱく質」!積極的に取ることで、健康的でツヤのある髪の毛に育成してくれますよ。

Talk men03

ちなみに、たんぱく質が豊富な食材として、「鶏ささみ」・「卵」・「乳製品」・「大豆製品」などがあげられるよ。ぜひ、おかずに一品プラスしてみてね。

其の三「シャンプー前にブラッシングすべし」

Talk men03

「もつれた髪の毛をそのままシャンプー」は髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうので注意です!

Talk women01

髪の毛のもつれをほどく「シャンプー前ブラッシング」をプラスしてあげることでヘアダメージ減少と頭皮ケアにも一役買ってくれます!そして、「マッサージ効果」もあるので、リラックス効果もゲットできますよ。

Talk women03

髪の毛に刺激を与えない、「ヘアブラシ」アイテムで“髪の毛をいたわりながらブラッシング”を心掛けてくださいね。

「ヘアブラシ」アイテムはこちら

其の四「ぬるま湯で髪の毛を洗うべし」

√ シャンプーをする上で気をつけたい「温度」

高すぎる温度は、《汚れを落としやすい》反面、髪にとって良い成分(頭皮の皮脂や保湿成分など)も必要以上に奪ってしまうというデメリットも発生。ゆくゆくは「頭皮トラブル」の原因にもなってしまいます。

「髪に負担をかけない温度」でシャンプーを

“頭皮や髪にダメージを与えず、必要な皮脂を残して、汚れが落ちる温度”=「ぬるま湯」として適切な温度:35~40℃、おおよそ38℃の温度が良いと言われています。“少しぬるい”と思う温度を心がけて頭皮・髪の毛をいたわりながらシャンプーもヘアケアのひとつ。

Talk women01

身近ですが、シャンプーを洗う温度を気を付けてあげることも「ヘアケア」=健康的な髪の毛導きステップです。早速、今日のシャンプーから試せますね!

「シャンプー・トリートメント」アイテムはこちら


Talk men03

最後に、よくやりがちな《美髪NG項目》をご紹介。健康的な髪の毛=美髪のために今すぐやめましょう。

【NG事項】「ブラッシングのし過ぎ」は今すぐやめるべし

髪の毛の絡まりをほどいてくれる「ブラッシング」。やりすぎ、過剰なブラッシングは髪の毛のキューティクルを損傷し、ダメージを作り出してしまう結果に。

「絡まりをほどく」ことを大前提に、優しく髪の毛をいたわりながらブラッシングすることを忘れずに。

Talk men03

「髪の毛が絡まりすぎてブラッシングよくしてしまう!」という髪の毛のお悩みを持つ人は髪の毛に刺激が少ないヘアブラシをチェックしてみてくださいね。

「ヘアケア」アイテムチェックはこちら

どんな時も「美髪」を実現してしまいましょう♡

いかがでしたか?今回は、普段の生活に+αすることで「美髪」へと実現できる「ヘアケアTIP」についてご紹介しました。日常生活にちょっと気を遣ってあげることで「ヘアケア」を実現できる内容。さっそく試して、どんな環境にも負けない「美髪」を実現してみてくださいね。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/06/04更新,   初回公開日2021/06/05

URI

EDITOR / URI

韓国コスメ・韓国料理・韓国旅行…韓国情報についてわかりやすくお伝えします!
現地韓国で話題になっているあの情報お届けします~
【Instagram】 @kore_uri39

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧