“ありのままの自分”を肯定してくれる「KENZO(ケンゾー)」のフレグランスとは?
2021/09/12
293 VIEWS

“ありのままの自分”を肯定してくれる「KENZO(ケンゾー)」のフレグランスとは?

Photo by:www.instagram.com

遊び心のある唯一無二の独創的な世界観が、幅広い年齢層のファンたちから愛され続けている“KENZO(ケンゾー)”。今回は現代人の私たちにぴったりな、背中を力強く押してくれるフレグランス「ワールド パワー オーデパルファム」の魅力をご紹介します。

「KENZO(ケンゾー)」とは ?

1970年に高田賢三がパリで創立した「KENZO(ケンゾー)」は、多様性と創造性に溢れた世界を表現した斬新なデザインが人気を集めているファッションブランドです。

自分らしく生きる女性に力を与えるフレグランス。

KENZO(ケンゾー)

2017年に誕生して以来、常識にとらわれないフレグランスを発表し続けている人気シリーズから生まれたこの『ワールド パワー オーデパルファム』。心が折れそうになったり、他人と比べてしまって自分に自信が持てなくなる瞬間が多い今の時代にぴったりな“ありのままの自分”を肯定してくれるフレグランスです。

フローラルの香りをまったく使用しないという女性用のフレグランスとしては非常に珍しい構成で作られていて、甘さと塩味のバランスが絶妙なその革新的な香りからは“自分の判断を信じてもっと自分を愛して”と語りかけられているかのような不思議な力が感じられるはず。

まさに一歩を踏み出すための勇気が欲しい方や、自分らしさが見つけられない方、女性らしさの概念を打ち破りたい方、必見のフレグランスです。

香りの構成はこちら

[トップノート] サイプレス
[ハートノート] ソルト
[ベースノート] トンカビーン アブソリュート

ファッションの世界観が反映された「ボトルデザイン」

広い世界への解放を象徴する“目”のモチーフが目を引くボトルデザインには、ブランドのスターカラーとして頻繁に取り入れられている「イエローカラー」や、ジーンズのスナップボタンを思わせるような「シルバーチャーム」などKENZO(ケンゾー)のファッションの世界観が大きく反映されているのだとか。

一癖ありつつもそれが芸術的な仕上がりとなっているというのが、KENZO(ケンゾー)ならではの他にはない個性なのかもしれません。

同シリーズの「フレグランス」も要チェック !

ケンゾーワールド オーデパルファム

ケンゾーワールド オーデトワレ

KENZO(ケンゾー)のフレグランスをもっと見る

いかがでしたか ?

香水は“人に会うためにつける”という感覚が一般的になっていますが、ぜひ自身の気持ちをコントロールするためのツールとして活用してみてください。
きっとこの香りがあらゆる人生の場面において、皆さんを力強くエンパワーメントしてくれるはずです。

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

NTM

EDITOR / NTM

元👉外資系化粧品メーカー美容部員
Make/Skincare/Perfume 海外化粧品マニア ♡
✏>>>> Beauty lighter

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧