Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の極意はニットにあり!「アップサイクル企画」と共にフォーカスします
2021/09/07
1258 VIEWS

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)の極意はニットにあり!「アップサイクル企画」と共にフォーカスします

Photo by:www.instagram.com

ファッションラバー必携のブランドとして指名されているMaison Margiela(メゾンマルジェラ)。ホワイトステッチが縫い込まれた財布は、どのシーズンでも年代でも首位に輝く人気ぶり。ただ、メゾンの極意はウェアにあり。今回は、直近で行われた企画と共にニットアイテムに注目。

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

匿名性の高い、ミステリアスなファッションスタイルで不動の地位を築いた「Maison Margiela(メゾンマルジェラ)」。前任であり創業者のマルタン・マルジェラとブランドの生涯が、ようやくヴェールを脱ぎ一本のフィルムとして映画公開されたのはまだ最近の出来事。

多くを語らず、ナンバリングでカテゴライズされたアパレルやグッズ、モデルの顔を隠したルック......。ウェアの内側に取り付ける'タグ'の四隅を留めたことで、表に現れる4点の白い糸(ホワイトステッチ)は、そもそもナンバリングされた大きなタグを外しやすい為に存在していることはご存知でしょうか?現在は、メゾンが誇るシグネチャーとして愛されています。

ニッチかつ異色の存在でもあったMaison Margiela(メゾンマルジェラ)を、誰もが知るパブリックな人気ブランドへと昇華したのが、現クリエイティブディレクターのジョン・ガリアーノ。就任当時は、彼のスター性のある自己表現と不祥事によりメゾンのイメージが大きく変わるのでは、と賛否ありましたが結果は歴然。

ジョン・ガリアーノ

自身を冠にしたブランドやDIOR(ディオール)などを経て、還暦を迎えたジョン・ガリアーノ。まったく衰えない見た目とセンス、服作りにかける少年のような想いは変わらず、Maison Margiela(メゾンマルジェラ)というブランドで今なお存在感を示しています。

アップサイクル企画

▲ジョン・ガリアーノのチームがすべて手作業で糸をほどき、フリルを毛糸のようにしハンドメイドで編みつくり上げたオーバーサイズセーター

ファッションの世界では、サスティナビリティやヴィーガン、動物愛護に環境配慮など時代の流れに沿うように、敏感にトレンドが移り変わります。今回、アップサイクル企画として話題になったのが、ジョン・ガリアーノとトモ コイズミが互いのクチュールを交換し、リメイクを施すというもの。

トモ コイズミ

▲こちらのトモ コイズミのドレスを、ジョン・ガリアーノがリメイク

ジョン・ガリアーノとのコラボ相手に選ばれたトモ コイズミは、ドレスデザイナーの小泉智貴氏が率いるオーダードレスブランド。たっぷりとフリルを使用し、やわらかく美しいフォルムと色彩豊かなグラデーションカラーが魅力的なドレスを制作しています。

先日行われた平和の祭典の開会式では、国家斉唱の際に着用されたドレスがトモ コイズミのものだと話題になり、大注目されました。

▲ドレスのフリルで構築された圧巻のニット

百聞は一見に如かず、ファン必見の動画をあわせてチェック!

マルジェラのメンズニットトップス

アップサイクル企画でもお分かりのように、ジョン・ガリアーノもといMaison Margiela(メゾンマルジェラ)のニットに対してのこだわりと情熱はひとしお。何年でも着られる、確かな品質とメゾンのポリシーを感じるアイテムをBUYMAからピックアップしました。

ミニマムでシンプルなカーディガンやプルオーバーは、年齢を問わずに長く愛用できる予感。

△ダブルジップカーディガン

△エルボーパッチディテールカーディガン

△クルーネックセーター

△Vネックセーター

△エルボーパッチディテールハイネックセーター

Maison Margielaのニットをもっと見る

いいものを長く持つ、再確認した美しい伝統

アップサイクルとまではいかなくとも、いいものを長く愛用するということは、昨今のお買い物やファッションの主軸となりつつあります。もともと'もったいない'という美徳が根付いた日本では、特にこの気持ちや想いが強く反映されているのではないでしょうか。Maison Margiela(メゾンマルジェラ)のニットトップスを、いいものを長く持つというポリシーのきっかけとして手にしてみてはいかがでしょう?

Maison Margielaをもっと見る

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

STYLE HAUS編集部 2021/09/08更新,   初回公開日2021/09/07

YOSHiMi

EDITOR / YOSHiMi

元メンズファッション販売員のコマースエディター。バッグ・ジュエリー・シューズが大好き。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧