“古典文学”にインスパイアされたヴィーガンコスメブランド「Dinto(ディーント)」とは?
2021/09/15
441 VIEWS

“古典文学”にインスパイアされたヴィーガンコスメブランド「Dinto(ディーント)」とは?

Photo by:www.instagram.com

韓国からも様々なヴィーガンブランドが登場している中、シックなデザインで大人の女性を虜にしている「Dinto(ディーント)」。今回はブランドの特徴や、おすすめのアイテムを3点ご紹介していきます。お洒落でユニークなコスメをお探しの方はぜひ参考にしてくださいね!

コスメの枠を超えたブランド「Dinto(ディーント)」

古典文学からインスピレーションを得て作られた韓国発のブランド「Dinto(ディーント)」。ブランド名である「Dinto」は「Deeply into」からとって作られた言葉で、“深み”を熱望するというブランドのこだわりが現れています。

Talk women01

1冊の小説や1つの文章、それらに触れることで人生の転換点となり、読む前とは違った視点を持てるようになる。そのような文のように、コスメを通して「Dinto(ディーント)」が何らかのきっかけになると良い、という思いが込められているそうです。

独特の感性と哲学によって作られるコスメは、シンプルなのに、きちんとその人の美しさを引き出してくれるものばかり。パッケージにも使われているシグネチャーカラーのブラックと、ニュートラルカラーの絶妙なバランスが女性の人生に新たな彩りを与えてくれます♩

「Dinto(ディーント)」のおすすめアイテムはこちら!

①ブラーフィニッシュ リップティント

ひと塗りでも鮮明に発色し、唇に奥行きを与えてくれるティントタイプのリップです。メレンゲのようにふんわりとしたテクスチャーで使い心地が良く、フィルターをかけたような柔らかな雰囲気に仕上がります。

唇に軽く密着し、時間が経ってもツッパリや重たさを感じにくいのが特徴。ティントなので色持ちが良く、マスク下でも使いやすいアイテムです◎

カラーは2パターンから選べる!

肌を引き立てる色味にこだわって作られた10色のカラーは、
Subtle-Mellow Line(サブトル メロウ ライン)
Vivid-Intense Line(ヴィヴィッド インテンス ライン)
の2パターンに分かれます。

Subtle-Mellow Line(サブトル メロウ ライン) は、くすみのある落ち着いたカラー展開で肌の透明感を引き立てます。女性らしくナチュラルなメイクをしたい方におすすめ。


Vivid-Intense Line(ヴィヴィッド インテンス ライン)はパッと目を引く明るめのカラーが揃っており、華やかなシーンにぴったりです。生き生きとした躍動感のあるメイクをしたいときにおすすめ。

Talk women01

単色使いだけでなく、異なる色を重ねてグラデーションを作っても綺麗に仕上がりますよ♡


②ブラーフィニッシュ シャドウ

落ち着いたブラウンカラー6色で構成されたアイシャドウパレットです。イギリスの小説家「ジェーン・オースティン」の作品、〈傲慢と偏見〉〈分別と多感〉〈説得〉に登場する女性の主人公からインスパイアされて作られたそう。

柔らかく粉飛びのしづらいテクスチャーでまぶたにぴったりとフィットし、つけたての状態を長時間キープします。全てマットタイプですが色を重ねても濁らず、深みと透明感を引き出してくれますよ♩

Talk women01

ブルベ・イエベなどの肌色を問わず、誰にでも自然に馴染むシンプルなパレットです。また、ブラシではなく指でつける際の質感を重視して作られているそうで、優しくトントンとまぶたにのせていくと綺麗に仕上がります◎


③ワンバイワン アイディファイナー

叙事詩〈神曲〉でも知られるイタリアの詩人「ダンテ・アリギエーリ」にインスパイアされて作られたアイライナーです。今までのアイライナーにはないソフトな発色で、色の濃さから太さまで1本で自由自在に操れるのがポイント。

水彩画のように重ねれば重ねるほど発色を強め、自然なラインを描くことができます。ラインを引いた直後は指先でぼかして濃さを調節でき、完全に乾くとしっかりと固定されます。水や油分、摩擦などに強く、ヨレにくいのが嬉しいですね♩

カラーは2色!

411 In The Dark
暗めのアッシュベージュ。日に照らされ影が落ちたような奥行きを目元に与えます。黒や茶にはない、肌への自然な馴染み具合が魅力です。

412 In The Light
明るめのアッシュベージュ。411よりも柔らかな色味で、薄いラインを引くのに適しています。涙袋の影を作りたいときにもおすすめ◎

人気の韓国コスメをもっと見る

“深み”のあるメイクで大人の魅力を引き出そう

ただ見た目を装飾するのではなく、自分が積み重ねてきた哲学や感性を持って美しさを表現することの大切さを教えてくれる「Dinto(ディーント)」。
「Dinto(ディーント)」のコスメを手に取ることで、日常に溶け込む新たなムードが見つかるのかも知れませんね♩

あなたにオススメの記事はこちら!

お気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

りりー

EDITOR / りりー

コスメをこよなく愛する美容ライター。最新のコスメ、スキンケア情報をお届けします♡
/日本化粧品検定一級/

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧