美人メイク「こめかみチーク」が新トレンド!
make
2016/07/18

美人メイク「こめかみチーク」が新トレンド!

出典:weheartit.com

目下にのせる火照りチーク「オフェロチーク」に続き、新たなチークトレンドが誕生!目の横、つまり、こめかみに入れる「こめかみチーク」に注目。海外モデル流のクール&セクシーさを取り入れて!

お気に入り追加 4

火付け役はハイブランドのコレクションから!

出典:images.search.yahoo.com

出典:r.search.yahoo.com

海外を基盤にトレンド入りしている「こめかみチーク」だけれど、実は海外でも注目を浴びる日本のレディースファッションブランド「ADEAM(アディアム)」が火付け役! 2016年のコレクションで魅せたメイクアップの斬新さで、たちまちメイクトレンドを生み出した。

ピンク~オレンジであなたもたちまちクール美人

パッと表情が明るく、華やかに見えるのが「こめかみチーク」!
目下チークでは比較的「甘めかわいい」印象が強かったけれど、今度のトレンドでは華やかに見せながらも「大人クール」な印象で違った魅力を発揮。

SEPHORA★MicroSmooth Baked Sculpting ★4種類
CHECK!

SEPHORA★MicroSmooth Baked Sculpting ★4種類

SEPHORA セフォラ

¥3,650

販売サイトをチェック

出典:jp.pinterest.com

グラデーションでHAPPYフェイスに!

出典:jp.pinterest.com

グラデーションでHAPPYフェイスに!

グラデーション風に、色づけるとまるでアートのよう! 特に長めのバングスの人にとっては、美しい色の変化がちら見せできる上級テク。

柔らかいほんのりピンク

出典:jp.pinterest.com

柔らかいほんのりピンク

シャドウの色が肌の色に近ければ近いほど、こなれた大人クールなイメージに。ほんのり日焼け肌には、ピンクからオレンジのグラデーションを広範囲で使って。

ハイライトを使用したうっとりこめかみチーク

出典:weheartit.com

ハイライトを取り入れたナチュラルな「こめかみチーク」は、うっとり&しっとりの季節を選ばないメイクテク。

塗り方のコツは

①肌色より1,2トーン濃いブラウンを眉の少し上あたりから、頬骨少し下まで入れる

②こめかみ部分は目尻を「く」の字を描くようにハイライトをのせる

出典:weheartit.com

うるおいのある肌に見せてくれるハイライト効果に、頬骨下のブラウンが3Dを図ってくれるので、スリムでより立体感のあるイメージに。今までのチークよりも広範囲に塗り、色を重ねてグラデーションを作り出すことで大人っぽい印象に!

③頬骨のあたりに薄いピンクをほんのりとのせる

出典:weheartit.com

出典:weheartit.com

チーク選びのコツは、光沢のあるツヤチークを選ぶこと! 練りチークではグラデーションが難しくなってしまうものの、粉チークで細かいラメが入ってものを選ぶことでツヤのある肌を再現できる

MAC「FUTURE MAC」ミネラライズ スキンフィニッシュパウダー
CHECK!

MAC「FUTURE MAC」ミネラライズ スキンフィニッシュパウダー

MAC マック

¥6,400

M・A・C MAC「FUTURE MAC」コレクション
ミネラライズ スキンフィニッシュ パウダー 2種

販売サイトをチェック
【2015秋 限定品】YSL ラディアント ユニヴェルセル パウダー
CHECK!

【2015秋 限定品】YSL ラディアント ユニヴェルセル パウダー

Saint Laurent サンローラン

¥8,400

販売サイトをチェック
限定☆Hourglass☆Ambient☆チーク&フェイスパウダーパレット
CHECK!

限定☆Hourglass☆Ambient☆チーク&フェイスパウダーパレット

HOURGLASS アワーグラス

¥13,800

ホリデー限定☆Hourglass☆アワーグラス☆Ambient Lighting Edit☆
アンビエント☆チーク&フェイスパウダーパレット

販売サイトをチェック
【ローラメルシエ】イルミネイターパウダー【限定】
CHECK!

【ローラメルシエ】イルミネイターパウダー【限定】

laura mercier ローラメルシエ

¥7,850

☆ laura mercier - Face Illuminator Powder - ☆

販売サイトをチェック
hinako

EDITOR / hinako

学生時代に海外セレブ専門のブログを設立。大学在学時にはファッション誌の編集部でインターンを経験し、卒業後もエディターとして2年半勤務。セレブファッションや海外カルチャーの企画を担当。

関連するまとめ