グルメに買い物♪欲ばり女子におすすめする「イタリア旅行」の楽しみ方
travel
2017/01/19

グルメに買い物♪欲ばり女子におすすめする「イタリア旅行」の楽しみ方

出典:sexyqueen.tumblr.com

旅行の楽しみといえば、グルメに買い物、そして目の保養。そんな楽しみを存分に味わえるのが「イタリア」です。現地でしか味わえないお菓子や、日本では入手困難な職人のハンドメイドものなど、イタリアの魅力をたっぷりとご紹介します。

お気に入り追加

イタリア旅行といって思い浮かべるのは?
①美味しいものを満喫するグルメの旅
②無名ブランドから有名ブランドまで買いあさっちゃうショッピングの旅
③歴史や美術にどっぷりとつかる趣味の旅

考え始めるときりのないほどイタリアには数多くの魅力があります。

あれも食べたい、これもやりたい…
欲ばりなアナタにピッタリなイタリアの魅力を存分にご紹介します。

ティラミスだけがドルチェじゃない! 本場の味を楽しもう!

イタリアといえば、美味しいものがいっぱい!
パスタをはじめ、ピッツァやジェラートなど、イタリア料理は世界中の人々から愛されています。

日本にも、多くのイタリアンレストランがありますが、やっぱり本場の味にはかないません。
なぜなら…
素材が違うからなんです。残念ながら、輸入の規制などにより、日本で楽しめる食材というものには制限があるんです。

そこで、まずは日本ではなかなか味わうことのできない、イタリアの伝統的なお菓子をご紹介します。旅の合間に、ぜひご賞味あれ♪

リコッタのチーズケーキ

出典:12tomatoes.com

リコッタのチーズケーキ

羊の生乳で作られたリコッタのチーズケーキ。日本では、なかなか本場のリコッターチーズを味わうことができないので、イタリア旅行の際にはぜひ食べてみて!

ババ

出典:ghiottonerie.altervista.org

ババ

ナポリの伝統菓子。スポンジに、たっぷりのラム酒とシロップをしみこませた大人向けのお味。食後のデザートとしていただきたい、お酒好きの方におすすめのドルチェです。

カンノーロ

出典:www.notey.com

カンノーロ

イタリアの南部、シチリア島の伝統的なお菓子。パリッとした筒状の生地に、たっぷりの羊乳のリコッタチーズとシチリア地方のワイン、マルサラ酒の香りが楽しめます。作り立ては絶品! シチリアに訪れるなら食べ逃しのないように!

カスタニャッチョ

出典:m.cookingchanneltv.com

カスタニャッチョ

栗の粉に、松の実やレーズンなどを混ぜ込んだトスカーナの秋のお菓子。モチモチっとした食感と、ほんのりとした香ばしさが特徴です。

パネットーネ

出典:artisanbreadinfive.com

パネットーネ

クリスマスからお正月にかけて食卓に並ぶ「イタリアのクリスマスケーキ」的なお菓子。パン生地にドライフルーツなどを混ぜ込んだ、やさしい甘さと素朴な味わいが病みつきになります。

アフォガート

出典:foxeslovelemons.com

アフォガート

濃厚でコクのあるバニラのジェラートに、苦みのあるアツアツのエスプレッソを注いでいただく大人のドルチェ。甘さと苦み、冷たさと熱さのコントラストを舌で楽しめます。

買い物ことはじめ“お土産さがし”はスーパーで

ばらまき用をはじめ、自宅でも使えるお手軽価格のお土産探しなら、まずはスーパーをのぞいてみよう! 食品から日用品、雑貨や化粧品など、お土産にしたくなるものがたくさん見つかります!

イタリアらしいオシャレなパッケージの商品が一度に見て回れるスーパーは、お土産探しに便利です。日本のスーパーに比べて、営業時間が短いので事前のチェックをお忘れなく!

イタリア人女性の定番コスメ“ローズウォーター”

出典:www.acquaallerose.it

イタリア人女性の定番コスメ“ローズウォーター”

1843年創業のマネッティ&ロバーツのローズウォーター。イタリア女性のコスメの定番として現在もなお根強い人気の化粧水は、3種のバラの天然成分を使用しています。昔ながらのイタリアの化粧水で、疲れ知らずの潤いある肌を!

日本未発売のニベアはお土産に最適!

出典:www.nivea.it

日本未発売のニベアはお土産に最適!

イタリアのスーパーで気軽に買えるニベアシリーズ。エイジングケア商品として人気の「Q10」シリーズのハンドクリームは、お土産に喜ばれる1品です。

パッケージがオシャレなフィレンツェ生まれの歯磨き粉

出典:marvis.jp

パッケージがオシャレなフィレンツェ生まれの歯磨き粉

ホワイトニング効果が期待できると話題のマービスの歯磨き粉。歯磨き粉としての効果はもちろん、オシャレなパッケージとすがすがしいミントの香りも魅力的。

イタリアといえば“エスプレッソ”

出典:69honeybeez1.tumblr.com

イタリアといえば“エスプレッソ”

イタリアにスタバがないのは、イタリアのエスプレッソが美味しすぎて太刀打ちできないためと噂されるほど、イタリア人はコーヒーに自信をもっています。苦みやコク、香りも個性豊かな品揃え。ぜひ、お気に入りのコーヒーを見つけてみましょう!

出典:www.lavazza.it

日本でもおなじみのラバッツァ。「クアリタ オーロ」は、100%アラビカ豆を使用しているため、コーヒーの香りとまろやかな口当たりを楽しめるのが特徴。

出典:www.kimbo.it

ラバッツァと人気を分かつキンボーのコーヒー。「クラッシコ」は、厳選されたアラビカ豆を深煎りした、柔らかなテイストと深い香りが楽しめる、スタンダードなイタリアンコーヒーです。

どうせ買うなら“生パスタ”を!

出典:ricette.pourfemme.it

どうせ買うなら“生パスタ”を!

スーパーに行くと、日本でも売られているような乾麺タイプのパスタを買っている観光客を見かけますが、私的にはそれは間違い! どうせ買うなら、断然“生パスタ”がおすすめ!! すっごくおいしいので、お土産にすると喜ばれますよ。

出典:www.rana.it

生パスタは、スーパーの冷蔵品のコーナーで見つかります。茹でたラビオリにトマトソースやホワイトソースなど、好きなソースに和えるだけで本格的なイタリアの味を楽しめます。

リゾット

出典:www.knorr.it

リゾット

お料理好きな友達にはインスタントリゾットもおすすめ! 500mlの水にリゾットの素を入れ、沸騰後15分間かき混ぜ続けるだけで、本格的なリゾットができあがります。「イタリアの松茸」との異名をもつPorcini(ポルチーニ茸)なら、グルメな友達にも喜ばれます。

パルミッジャーノ・レッジャーノ

出典:madame.lefigaro.fr

パルミッジャーノ・レッジャーノ

イタリアのチーズといえば「パルミッジャーノ・レッジャーノ」。程よく塩気のあるハードタイプのチーズは、料理の隠し味に、そしておつまみにも。24か月以上熟成させたものは、深みのある甘さとコクが堪能できます。お土産には真空パックのタイプが便利ですよ!

ヌテッラ

出典:www.cerinicoffee.com

ヌテッラ

ヘーゼルナッツペーストをベースとしたチョコレート風味のスプレッド。イタリア人でヌテッラを食べたことがない人なんていないんじゃないかというくらい、イタリアではポピュラーな国民食。一度食べたら病みつきになること間違いなし!危険なくらいハマるお味です。

出典:www.buzzfeed.com

パンケーキや、クッキー、コーヒーなどに投入するだけで、手間ヒマかけることなく美味しくしてくれるヌテッラ。小さなパッケージも発売されているので、ばらまき用のお土産にもピッタリ!

ちょっと贅沢に。職人の手作り商品なら専門店へ!

昔ながらの職人さんの手作りアイテムを探すなら、専門店へ!
素朴な味の伝統的なお菓子から、ハンドメイドの工芸品まで、イタリアらしい品物が見つかります。

チョコレート

出典:blog.giallozafferano.it

チョコレート

お土産の定番といえばチョコレート。日本でもよく知られているBACI(バーチ)などもありですが、やっぱり大切な人へのお土産には専門店の手作りチョコレートを!
サラミに見せかけたチョコレートや、唐辛子入りのチョコレートなど、イタリアらしいユニークなものがたくさん見つかります。

コンフェッティ

出典:www.confetti.co.uk

コンフェッティ

日本ではあまり馴染みのないコンフェッティですが、ヨーロッパでは結婚式などお祝いの席で配られる伝統的なアーモンド菓子です。老舗有名店のものは、上品な甘さが楽しめます。カラフルでカワイらしい色合いなので、女友達へのお土産に喜ばれますよ!

カラメッラ・ディ・フルッタ

出典:www.bimbymania.com

カラメッラ・ディ・フルッタ

フルーツの果汁を惜しみなく使ったゼリー。スーパーでもメーカーの物が売られていますが、やっぱり老舗のお菓子屋さんのものは一味違います。

ヴェネチアングラス

出典:ja.wikipedia.org

ヴェネチアングラス

自分へのお土産、そして旅の記念に選ぶのであれば、ヴェネチアングラスはいかが? 彩りの豊かなデザインからエレガントなフォルムのものまで、迷ってしまうくらい種類も豊富!お部屋のインテリアとしても楽しめます!!

レザーグッズ

出典:www.buyma.com

レザーグッズ

フィレンツェに立ち寄るのなら、レザーアイテムがオススメ。靴やバッグはもちろんですが、「タッコ」と呼ばれる伝統的な小銭入れは、縫い目や留め金を使っていないのが特徴。アクセサリーケースやサプリメントの持ち歩きにも便利に使えます。

グローブ

出典:www.daddysneatness.com

グローブ

イタリアで買うべきアイテムの1つがレザーグローブ。内側にカシミアをあしらったカラフルなグローブは、日本でなかなか見つからないので特にオススメ。仔羊の柔らかなレザーグローブは、コーディネートのポイントにもなるオシャレなアイテム!

気に入ったら即買い!イタリアで人気のプチプラブランド

GABS(ガブス)

出典:www.buyma.com

GABS(ガブス)

持ち歩く荷物の量や、その日のファッションによって鞄のフォルムを変えるこのとできるガブスのバッグ。遊び心のある配色やデザインが、イタリア人に大人気のブランドです。日本未入荷のデザインも多いため、現地価格でレアなデザインのバッグが入手可能!

O-bag(オーバッグ)

出典:www.obag.eu

O-bag(オーバッグ)

持ち手をはじめ、バッグのディテールを自分流にカスタマイズできるオーバッグは、個性的なオシャレを楽しむイタリア人の間で大流行の注目ブランド。ありきたりのバッグに飽きたという、オシャレ上級者さんにおすすめです。

NOMINATION(ノミネーション)

出典:www.buyma.com

NOMINATION(ノミネーション)

コーディネートのポイントに、ブレスレットは欠かせないというイタリア人から根強い人気を持つノミネーション。好きなパーツを組み合わせて、オリジナルのブレスレットが楽しめます。ご褒美や記念日のたびに、1つずつパーツを買い足していく楽しみもあり!

MYWALIT(マイワリット)

出典:www.mywalit.com

MYWALIT(マイワリット)

カラフルで使い勝手の良いウォレットならマイワリット。イタリアらしい元気な配色の個性的なお財布が見つかります。

イタリアはブランド天国!

イタリアといえば、人気のブランドがいっぱい!
グッチをはじめ、フェンディ、プラダ、フェラガモにヴァレンティノ… 名前を挙げたらきりがないほど。せっかくのイタリア旅行、本店やブランドにまつわる観光ポイントをのぞいてみましょう!

【限定グッズやカフェも要チェック!!GUCCIミュージアム】

Gucci museo(グッチミュゼオ )

フィレンツェのシニョーリア広場の一角にある「Museo Gucci(グッチミュージアム)」。なかなか目にすることのないグッチの歴史的なデザインや展示は、グッチファンでなくとも一見の価値あり!
ミュージアムに併設されたショップでは、グッチミュージアム限定の商品も購入可能。また、カフェもあるので、ちょっとオシャレな雰囲気で本場のイタリアンエスプレッソを楽しめます。

ミュージアムに併設されたカフェでは、本場のイタリアンコーヒーをはじめ、軽食などもいただけます。落ち着いた雰囲気なので、ゆっくりと観光の足を休めるのにもおススメのスポット。

自分用のお土産に!!

出典:www.buyma.com

自分用のお土産に!!

ショップでは、グッチミュージアム限定のデザイングッズも販売されています。周りのみんなに差をつけるのなら、こんなバッグがいいかもね!!

【フェラガモの真髄が詰まった美術館】

Ferragamo Museo(フェラガモ美術館)

フィレンツェ本店内にある「Museo salvatore ferragamo(フェラガモ美術館)」。世界中のセレブを顧客に持つブランドらしく、著名人の足型をかたどった木型の展示など、フェラガモの歴史的作品が展示されています。
展示物もさることながら、別途予約すれば由緒あるルネッサンスの建物内を見ることもできます!ツアーでは物足りない行動派におすすめ。

出典:www.ferragamo.com

フェラガモ本店の上階部分。500年以上前に建てられたルネッサンス当時の雰囲気を垣間見ることができます。毎月、第1土曜日の10時と11時の2回のみの限定公開のため、旅行のスケジュールが合ったらぜひ足を運んでみて!!(要予約)

プロのお見立てでピッタリの1足を見つけたい!

出典:www.buyma.com

プロのお見立てでピッタリの1足を見つけたい!

足にしっくりと馴染むことから、世界中のセレブたちから愛されているフェラガモの靴。日本語を話せるスタッフがいるので、本店を訪れたならぜひプロのお見立てで自分の足にピッタリの1足を見つけたいものです。

【一度は泊ってみたい!!FENDIづくしのホテル】

Fendi Private Suites(フェンディ・プライベート・スイート)

2015年12月に、フェンディ・ローマ本店の4階にオープンした「フェンディ・プライベート・スイート」。全7室とこじんまりした規模だからこそ、行き届いたラグジュアリーなサービスを満喫できます。室内はすべて「フェンディ カーザ」の家具で揃えられており、まさにイタリアのモダンな空間を楽しめます。

いかがでしたか?

まだまだここではご紹介しきれないくらい、イタリアにはたくさんの魅力があります。
1度といわず、2度、3度と行きたくなる国“イタリア”で、たくさんの魅力を発見してください!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

MEG

EDITOR / MEG

イタリア在住ライター。
現在はライターとファッション関連のお仕事をしています。

今、読者が読んでいる記事

おすすめアイテム(PR)

関連記事一覧