コンシーラーを使いこなせてますか?部分別アイテムの選び方・使い方解説!
make
2017/03/20

コンシーラーを使いこなせてますか?部分別アイテムの選び方・使い方解説!

出典:www.buyma.com

コンシーラーをうまく使いこなせるとベースメイクの仕上がりがぐっと変わります。今回は、コンシーラーの部分別の使い方や選び方などについてご紹介します。ご自身の悩みにあった商品を選んで、ナチュラルメイク美人になってくださいね。

お気に入り追加

コンシーラーの役割

出典:oliviajenkins.com.au

コンシーラーは、部分的にできたニキビ、くま、赤みなどをカバーをして肌の色を整えてみせるメイクアイテムです。
ファンデーションだけでカバーすると厚塗りになってしまうので、ファンデーションは顔全体のトーンを整えるくらいにして、トラブル部分をコンシーラーを使うようにするとナチュラルに仕上がります。

・注意点

・コンシーラーを一度に沢山取ると厚塗りの原因になります。
・コンシーラーは肌の上で伸ばさず、たたくようにしてなじませてください。

出典:www.totalbeauty.com

くま、ニキビ、ほうれい線、色むら(目の際、まぶた、小鼻の横、口周り)のくすみをカバーするのに使用します。

目元のクマ

出典:www.tinytouchups.com

目元は顔の中でも特に皮膚が薄い部分なので、伸びが良いリキッドやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

【使い方】
①ブラシにとったコンシーラーを、一度手の甲にのせて量を調整します。
②クマの上にコンシーラーをポンポンと少しずつ置いていきます。
③手かスポンジでやさしく叩きこむようになじませます。

出典:www.buyma.com

伸びがよく、あまり硬くないものがオススメです!

出典:www.buyma.com

マットすぎず目元に潤いをつくりあげてくれるNARS(ナーズ)コンシーラー。
カバー力も抜群です。

頬のシミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡

出典:www.ebay.com

濃いシミ・そばかす・ニキビ・ニキビ跡に関しては、ペンシルやスティックなど、硬い質感(固形状)のコンシーラーを使うとピンポイントでカバーして周りをぼかしてなじませます。

濃いシミ・そばかすには少し濃いめの色を使用するとカバーしやすくなります。
ニキビ・ニキビ跡などの範囲が広い場合は、リキッドやクリームなど、やわらかい質感のコンシーラーを使うことをおすすめします。

【使い方】
①ブラシにとったコンシーラーを、手の甲に一度のせて量を調整します。
②カバーしたい部分より広めにコンシーラーをのせます。
③コンシーラーの周りの部分をなじませます。

出典:www.nyxcosmetics.com

硬めのペンシルタイプ、硬めのクリームがオススメです!

出典:www.buyma.com

優秀なカバー力と滑らない密着力で無欠点お肌を完成するスティックタイプ。

小鼻周りの赤み・くすみ

出典:www.fashionlady.in

皮脂が出やすくヨレやすい小鼻周りには、リキッドやクリームなど、緩めの質感のコンシーラーがおすすめです。
肌となじみやすい自然な色を選んでください。
小鼻周りは乾燥しやすい部分なので、しっかりと保湿をしてからコンシーラーを使用してください。

【使い方】
①ブラシにとったコンシーラーを、手の甲に一度のせて量を調整します。
②色ムラのある小鼻のキワにコンシーラーを少量のせます。
③コンシーラーの周りの部分をなじませます。

出典:www.lookfantastic.com

高いスキンケア効果と光沢のある仕上がりを実現させるクリームタイプのコンシーラーです。

スキンケア効果もある滑らかなテクスチャで気になる部分をしっかりカバーし、肌悩みが目立たないソフトな肌に仕上げます。

口元のくすみ

出典:shesaid.com

口元も、唇の輪郭を整えるためにコンシーラーで補正しておきたい部分のひとつです。
小鼻周りと同様、肌の色に近い色を使用してください。
口元はよく動く部分なので、スティックやクリームなどのやわらかいテクスチャーのコンシーラーが便利です。

【使い方】
①ブラシにとったコンシーラーを、手の甲に一度のせて量を調整します。
②口角に沿ってコンシーラーを塗ります。
③指やスポンジで軽くなじませます。

出典:www.buyma.com

ひと筆で、明るさと自然な輝き、透明感を瞬時に与え、顔だちをも美しく整えます。

ほうれい線

出典:hadalove.us

ほうれい線も、コンシーラーを上手に使うことで自然にカバーすることができます。
肌の色より少し明るめにしてハイライト効果を狙います。
リキッドコンシーラーがおすすめです。

【使い方】
①ブラシにとったコンシーラーを、手の甲に一度のせて量を調整します。
②ほうれい線の上に、猫のヒゲを描くように3~5本の線を引きます。
③スポンジで軽くたたきながらなじませます。

出典:www.buyma.com

トーンアップするのにぴったりの筆ペンタイプ!
明るめの色を選んで光の効果を狙います。

MAKE UP ARTIST SAKURA (http://www.sakuramake.com/profile/)のメイクレッスン。 顔の中央部分(眉間、目の下のクマ、小鼻、口角)をしっかりカバーしましょう。

コンシーラーを選ぶ際には下記の項目をチェック!
・カバー力
・持続力
・保湿力
ご自身のトラブルにあったものを選んでナチュラルで綺麗なベースメイクを完成させてください♪

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

RIKA

EDITOR / RIKA

Make-up Artist
雑誌、広告 Showなどでヘアメイクしてます。
www.tanakarika.com

アプリダウンロードキャンペーン

あなたにオススメの記事