春休みどこ行く??観光地別の絶対持っていきたいマストアイテム!
travel
2017/03/13

春休みどこ行く??観光地別の絶対持っていきたいマストアイテム!

出典:weknowyourdreams.com

3月になり、もう春ですね。春休みの予定はお決まりですか?今回はハワイ、LA、韓国、タイといった人気の渡航先別のオススメスタイルと、持っていきたいトラベルグッズをご紹介します。まだまだ予定が決まっていない、という方も友人や恋人と旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

お気に入り追加 1

春休みの予定??

3月に入り、肌寒い日もまだありますが、なんだかパステルカラーが恋しくなるこの頃ですね。春休みをいつ取ろうと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今回は行き先別(ハワイ・LA・韓国・タイ)におすすめのスタイルとトラベルグッズのご紹介をしたいと思います。まだ予定は白紙、という方も参考にしてみてくださいね。

海外旅行といえばハワイ!

海外旅行といえば、ハワイ!といえるくらい人気の観光地ですね。ハワイでは日本語がかなり通じるので海外旅行が初めての方でも安心です。さらに、4月から6月はハワイのベストシーズン!春休みにぜひ訪れたい場所です。

出典:www.musebyrimo.com

4月の日中平均気温は28度。ですが平均最低気温は20度に下がりますので、パーカーやカーディガンといった上着が必要です。
日中はワンピース、夜はその上に、パーカーなどをさらりと羽織るスタイルがおすすめです。

出典:www.musebyrimo.com

また日中の日差しはかなり強めなので、帽子、サングラス、日焼け止めは必須!SPFの高いものをこまめに塗りなおすなどして紫外線対策にも気を付けましょう。スキンケア用品も美白成分のあるものを選ぶと心強いですね。

▼絶対忘れたくない持ち物
・帽子
・サングラス
・日焼け止め
・パーカー

遊び倒したいLA!

ディズニーランドやユニバーサルスタジオ、ハリウッドなど絶対に外せない観光名所がたくさんのLA。めったに雨の降ることのないLAですが、寒暖差は結構あります。4月の平均最高気温は22度、平均最低気温は12度です。LAではカジュアルファッションが主流のため、デニムにサンダルやスニーカーといった格好が一番似合うでしょう。夜に気温が下がるため、ジャケットや薄手のコートを持っていくと安心ですね。

西日が結構強いので、サングラスを持っていると安心です。また、冬でも日差しが強いので、日焼け対策は怠らずに。屋外スポーツをされる方は特に強めのSPFのものを選ぶといいですね。

▼絶対忘れたくない持ち物
・サングラス
・薄手で羽織れるアイテム
・日焼け止め

弾丸旅行で韓国へ!

日本からとても行きやすい韓国。日本国内旅行よりも安くすむこともあるのではないでしょうか。弾丸旅行でも行きやすいのでとてもオススメです。

4月のソウルの平均最高気温は17度、平均最低気温は5度と寒暖差が激しめ。コートがあるといいかもしれません。

弾丸旅行で行きやすいので、スーツケースではなく大き目のバッグや小さいキャリーケースで十分です。スキンケア用品も使い捨てサイズのものを選べば荷物を機内持ち込みにできるので飛行機を降りてからの時間短縮にもなりますね。

▼絶対忘れたくない持ち物
・使い捨てスキンケア用品
・スプリングコート

暑さを求めてタイへ!

暑いイメージのある国、タイ。4月の平均最高気温は35度以上、平均最低気温でも25度とかなり暑いです。とにかく汗をかきやすいので、Tシャツや薄手のワンピースなどに歩きやすいサンダルがおすすめです。一方、ナイトライフも充実していますので、クラブやホテルのルーフトップバーに行きたい場合はキレイ目のワンピースにハイヒールは必須です。基本的にカジュアルで構いませんが、ホテルなどのアフタヌーンティーを利用する際はデニムにビーサン、のような恰好は避けたほうが無難です。

4月にバンコクを訪れるなら絶対に持っていきたいのが水濡れ防止用のスマホケース。4月中旬にはソンクラーンという有名な水かけ祭りが。観光客、地元の人関係なく水をかけあうお祭りです。現地でも水濡れ防止のスマホケースは売っていますが、水没した…という話も。安心のために日本から持っていくといいでしょう。また、この日はTシャツの下は水着で行くことをオススメします。

▼絶対忘れたくない持ち物
・水濡れ防止用のスマホケース
・ドレスアップのワンピ&ヒール

旅の準備は万全に

いかがでしたでしょうか?ところ変われば持ち物も、スタイルも変わるもの。それぞれの場所に合ったスタイルや持ち物で、素敵な春休みをお過ごしください。

chocoholic

EDITOR / chocoholic

無類のチョコ好き。
現在チョコレートがおいしい国に在住しているため、体重増加におびえつつ、チョコ漬けの毎日を送る・・・。

関連するまとめ