この春もやっぱり欠かせない!「デニムパンツ」のイマドキコーデ術
WOMEN
2017/03/29

この春もやっぱり欠かせない!「デニムパンツ」のイマドキコーデ術

出典:www.vogue.com.au

「デニムコーデ」は、実は最も”今っぽい”か”そうでない”かが顕著に現れてしまうスタイル。だからこそ、毎シーズン「デニム」のコーディネートをアップデートすることが必要!この春もやっぱり頼りになる「デニム」が最も今っぽく輝くコーディネートをご紹介します。

お気に入り追加

トレンドトップスをデニムにイン!

今年のデニムは、とにかくトップスをキチンとインできる「ジャストウエスト」タイプを選ぶこと。ベルトをプラスしてコーデのアクセントにするのも今年流。シルエットはやや細身のボーイフレンドタイプで、裾は切りっぱなしタイプがまだまだ主流です。

「フリルブラウス」で春らしく変身!

先シーズンまでのシンプルなスタイルから一転、この春は思いっきりキュートなディテールのブラウスが豊富に揃います。
中でも注目の大ぶりフリルのブラウスは、デニムでカジュアルダウンして着こなすのがちょうどいいバランス。

フリルがアクセントのブラウスは、デニムでラフに着こなすのがイマドキのバランス。足元もあえてスニーカーを合わせてカジュアル感とエレガント感のミスマッチを楽しむのも今年流。

デニム フリルブラウス プリント

出典:www.vogue.com.au

フリルブラウスも、春らしい色合いのフラワープリントならさらにキュート!こちらはあえてカッチリとした靴&バッグで少しクラシカルなムードにまとめるのが気分です。

「袖コン」でシンプルスタイルに変化球

フリルブラウスと並んで見逃せないのが「袖コン」トップス。身頃はシンプルでも、袖に施されたデザインでさり気なくトレンド感をアピールできるのが魅力。袖にボリューム感のあるデザインが多いから、トップスの裾はデニムにインするのがバランス良く着こなす秘訣です。

シャツの袖が長くワイドになったデザインも今年は多く見かけます。こんな新しいデザインこそ、ラフさとこなれ感の出せるデニムとコーディネートするのが正解です。

袖口に向かって広がるフレアスリーブのブラウスは、裾をデニムにインしてスッキリと着こなしたい。ブラックのショートブーツを合わせれば、エレガントなブラウスも辛口&モードなスタイルに。

「透け感」でさりげない女らしさ

春らしい柔らかい質感が美しい「透け感トップス」も、デニムでカジュアルダウンするのがオススメ。デニムと合わせれば、トップスからインナーが透けてもセクシーになりすぎず程よいヘルシー感が生まれます。

まずは取り入れやすいブラックの透け感トップスからトライ。明るめカラーのデニムと合わせれば、ブラックも重くなりすぎずに春らしく着こなせます。

透け素材とキレイ色でフェミニン感満点のトップスは、デニムと合わせてカジュアルに着てこそ洗練度の高い着こなしに。キレイめのパンプスに合わせてコーディネートしたい。

後ろ姿も攻めるなら「オープンバック」

デニム オープンバック

出典:www.tommyton.com

今年は背中の開いた「オープンバック」のトップスも豊富!肌の露出が大きいトップスこそ、ヘルシー感のあるデニムを合わせるのがお約束。深めに背中が開いていても、ジャストウエストのデニムなら、腰回りがキレイにフィットして上品に着こなせます。

「ロックT」でちょっとハードに

デニム ロックT

出典:nymag.com

ちょっとハードな「ロックT」でデニムスタイルに大人の遊び心を取り入れてみるのも上級者風。しっかりとTシャツの裾をデニムにインして着こなすのが今っぽく見える法則です。

「ガウン」で大人の貫禄をプラス

今年はデニムのアウターに、コートやカーディガンではなく「ガウン」を取り入れてみるのもオススメ。エスニックテイストからキモノ風デザインまで、今ファッショニスタの間でウケている注目アイテムです。

今シーズンは「デニム」に華やかなトレンドアイテムを合わせて、思いっきり春らしいコーディネートを楽しんで!そしてどんなトレンドトップスも、デニムとは好相性だから、どんどん新しいデザインにチャレンジしてみてくださいね!

この記事をお気に入りに追加する

お気に入りリストを見る

RY

EDITOR / RY

Fashion Editor/Writer
ベーシックにちょっとだけ今っぽい雰囲気をプラスした大人のスタイルを、世界中のトレンドから選りすぐってお届けします。

おすすめアイテム

(PR)

関連記事一覧